インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷として生きないために
数十億の詐欺事件は、気にすることはない、だってホリエもんも同じように儲けたし、世界中がインサイダー取引でボロもうけだし、私は馬鹿じゃないから、怪しい投資話にはのるわけないし、そんなお金は持っていないから関係ないね。

詐欺事件に関して、私を含めた一般の人が思うところはこんなものなのかもしれない。

ジャパンエージェンシーのニュースもそんなカテゴリーのようで、別段マスコミ紙面を賑わす事にはなっていない。
「数十億の詐欺事件はそこらじゅうで起きているから今更面白くもなければ、数字も取れないよ」というのが、一般的なマスコミ感覚なのだろう。 上から命令あったら報道できないしね。
それでも一応、FNNのニュースでは放送していた。

取調べの様な場面も僅かに流れていたけど、永野容疑者、皆とワキアイアイで笑っており、良い感じでした。 余裕だね。

以前、フライデーあたりで安部元首相と一緒の写真をすっぱ抜かれていましたが「こんな男と一緒に写真に写ったのが迂闊」という括りで、政治家の方はある意味批判されながらしっかり守られたような記事で終了。

人をコントロール・洗脳する有効手段の一つとして常に「正・反・合」の法則が取られるので、そんな視点でニュースをみるとこれまで以上に楽しめます。

この詐欺事件に関しては、ここまでの記載で終了しますが、近日紹介して、是非とも皆さんに読んで欲しいと思う本の冒頭部分が、私の気分にピッタリきましたので、そちらをもって結びにします。

奴隷は奴隷の境遇に慣れすぎると、
驚いたことに自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光っていて重そうで高価か、などと。
そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷たちを繋いでいるのは、実は同じたった一本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権階級を除けば、
奴隷になっても決してその精神の自由までも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、
あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、
肥え太った主人を血祭りにあげた。

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、
自らが奴隷であることに気が付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に、
自ら唯一の誇りを見出しさえしている。

By リロイ・ジョーンズ


安部芳裕著 国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ 冒頭部分より

テレビを観ると馬鹿になると過去に散々語られました。
仕事をして、疲れて帰ってきて、リラックスしたいのは理解出来ます。
しかしながら、テレビをボーと楽しむ人やコンピューター画面が楽しい人。
言い方悪いですが、頭やられます。 気が付かないうちに洗脳されます。

綺麗に見えてかつ絶対無視をしてはいけない社会枠を武器にしたような常識という檻の中で生きるべく洗脳されます。 自身で決めた揺るぎない掟や戒律があれば、法律違反は起こさなければ、犯罪も犯しません。 常識よりも、情や心を使用する良識の方が大事な世相です。
書を読み、歴史を知り、自分なりに思索して、友やパートナーと語り、経験からを得るべくための行動を大事にして下さい。

とっても恥ずかしいけど、たまにはまともなことを記しておきます。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

こんにちは!

恥ずかしくありません。
鼻の先に下げられた人参を、疑っている人たちも多いと思います。
こういうことをはっきり表現することによって、
世の中は疑ってよいのだ、ということに
気がつく人も多くなると思います。

何でも言い合える世の中に
なるといいなあ、と思っています。

ご連絡が遅れましたが
ブログのリンクをさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします!



[2010/03/25 18:53] URL | そんけっと #5Q1fTanw [ 編集 ]

Re: コメント感謝です
こんにちは。

コメントありがとうございました。

ブログのリンク、ありがとうございました。
こちらでもリンク貼らせて頂きます。

ちょっと馬鹿馬鹿しく、あまりにもプロではない人達からのコメントや質問が、ここのところ続いたので(このコメント時の日にMixiとメールで中国広州から連絡頂いた方は別です)、しばしお馬鹿ネタ先行でアップします。

もしこちらがそんけっとさんのブログをリンクすることで、問題があるようでしたら、いつでもお気軽にお申し出下さい。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

[2010/03/26 00:07] URL | MASAKI #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/971-eee34bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。