インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒類の奢侈税が撤廃
酒類の奢侈税が撤廃されるようだ。
お酒好きや何かと接待の多い日系企業には朗報ではある。

日本のスーパーで900円台から1,800円台の焼酎が、ジャカルタの居酒屋では、1本6,800から8,500円。
日本人の方々が経営されるレストランがボタックっていないことは良く理解していても、非常に納得のいかない価格と向き合わざるをえなかったのが、ここ数年のインドネシアにおける日本人や酒好きの状況であった。

居酒屋やレストランもそんな状況を良く理解、「酒の持ち込みあり」としていてくれたのが、唯一の救いでもあった。

私は本物のウィスキー(贋物は随分出回っている)を比較的安く購入できるルートを2つほど押さえてはいるが、それらもこれまで輸入され、国や輸入会社同士の潰しあい、没収品など争奪戦故のめぐり巡った最終品であり、決して気持ちの良いものではない。
安いと言ってもやはり1本5,000円前後するので、デューティーフリー価格には敵わない。

酒類の奢侈税が撤廃されたところで、記事最後に記載されているように酒税の引き上げも考えられ、記事を読んでも単純に喜べる話ではない。

更には記事には述べられていないが、BPOM(国家医薬品食品監督庁)のMLナンバー取得における手続きが今まで以上に明確化され、裏金不必要とならねければ意味がない。
結局は政府に強いコネや潤沢な裏金資金を持つ、輸入会社が独占する市場となることは間違いない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
酒類の奢侈税を撤廃 政府
4月1日から「安いお酒」 国の独占輸入も廃止

政府はアルコール飲料の奢侈品販売税を今年四月一日に撤廃すると発表した。これに加え、国家が独占的に行っていた酒類の輸入体制を改革し、民間企業にも輸入を許可する方針を決めた。これまで奢侈品販売税を含め重税がかけられていた「貴重で高価なお酒」が、手ごろな価格で提供できるのではとホテルやレストランは歓迎している。

 スリ・ムルヤニ蔵相はこのほど、昨年可決された付加価値税と奢侈品販売税に関する法律(二〇〇九年第四二号)に基づき、アルコール飲料を奢侈品販売税の対象から除外すると発表。また輸入税も現在の一五〇%から減税する方針を示した。しかし、ボトルなどにステッカーで貼られている酒税は新料金にするとも述べ、引き上げを示唆した。

 マリ・パンゲストゥ商業相は、これまですべての酒類の輸入を国営サリナ社が独占的に行っていたシステムを止め、政府が選出した民間業者にも輸入を許可すると発表。流通網を持ち、他国の酒類生産者から証明を得ている国内業者約八社の選考を進めていると明らかにした。

 これまで政府はアルコール度数に応じ、酒類に四〇─五〇%の奢侈税を掛けていた。 これに輸入税一五〇%などが加わり、消費者の手に渡るときには輸入原価の数倍の価格になっていると言われていた。

      ~ 中略 ~

 独占体制がなくなれば、輸入はスムーズになり、酒類輸入に関わる汚職や密輸、密造酒も減少することが期待されている。政府は税制を透明化し、違法ルートの摘発に力を入れていく方針だ。
 一方、世界最大のイスラム人口を抱えるインドネシア政府は、今後も輸入量は政府が管理するとしている上、酒税は引き上げも予想され、消費者が実感できる値下げはそれほど大きくないとの見方もある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
じゃかるた新聞 2010年3月22日

「ボトルなどにステッカーで貼られている」とあるが、これまでもBPOM承認や何だと、一応正式に入れられていたことを証明するとか、しないとか言われているステッカー。
1枚いくらで政府認可のもと販売している会社があり、見事なお金の収奪システムを構築している。
ステッカーを刷れば、お金と交換できる=ステッカーの本来の価格の数百倍でボロ儲け。
人々が勝手に米国の中央銀行と思っている私設銀行FRBの富の収奪と同じ手法でいたく感心した記憶がある。

いずれにしても「既得権益」を所有するものは、新たな法案が施行される前に手を打ち始めているので、今回のニュースも、結果として糠喜びとなるような気がしないでもありません。

大事にはならないと思いますが、「アルコール」に関しては、イスラム強硬派のデモも起こるかもしれません。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/02/23 12:31] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/03/11 07:46] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/966-d1dec472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。