インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハツリ屋
旅をするには少々のお金が必要である。

ある時期、渋谷のラブホテルの建設現場で働いていた。
土方として出入りするも、雑多工のような仕事をしていた。

エレベーター入口上部に当たる部分の設計ミスで、打ちすぎたコンクリートを機械でハツル仕事が回ってきた。

エレベーターは2基。
1基は私の担当で、もう1基はハツリ屋のプロが行うことになった。
この時点で矛盾を感じなかったわけではないが「まあ、いいか」と仕事に取り掛かった。

エレベーターが設置されているわけではないので、ハツル部分のその先は、エレベーター入口に該当する大きな穴で、その先は空洞。
地下のあるラブホテルだったので、1階での作業も危険が伴う。
脚立を立てて、少々重いハツリ機を上に向け、コンクリートをハツル。
脚立も引っ掛ける場所がなければ、重い機械を上向きに構えコンクリートをハツルので、バランスの悪いことこのうえない。

ハツリ屋のプロのおじさんと同時に作業を始めると音が煩くて何も聞こえない。
足場が危険なので、集中力も必要となる。

かなりをハツったところで、隣を見ると、おじさんも脚立もなくなっていた。

「さすがはハツリ屋のプロだ。 俺は足元にも及ばねーなぁ」と思い、残りの作業を急いで終了させた。

移動の際、隣のエレベーターのハツリ具合をみると妙に不自然だった。

穴から地下を覗くと、脚立とハツリ機とハツリ屋のおじさんがおっこちていた。

ハツリ始め、コンクリートが想像以上に大きく削れ過ぎた衝動で、そのまま脚立ごと前につんのめり、階下へ落下したらしい。

おじさんは鎖骨を複雑骨折しただけで、幸い命に別状はなかった。
それでも、私がその現場に入っている間、おじさんが現場に戻ってくることはなかった。

「猿も木から落ちる」という諺を、おじさんは身をもって私に教えてくれたに違いない。

ありがとう、ハツリ屋のおじさん。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:海外と日本の笑い話(実話) - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/963-a0b3a7f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。