インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リオック オバケコオロギの生態 Part 2
リオック。
インドネシアのオバケコオロギとも呼ばれる リオック を自ら飼育して、実況中継のごとく報告出来る人は、世界広しと言えども、それほど存在しないと思う。

前回に引き続き、インドネシアの昆虫博士の異名を持つ、インドネシア昆虫センターの吉川さんからのリオック生態レポートを、提供していただいた写真とともにご紹介。

リオック そのものが、昆虫としての生態で不明な部分も多いようなので、昆虫学的に見れば、かなり貴重なレポートではないかと インドネシア情報局 では思っています。

この後に紹介するリオックの写真と文章は、インドネシア昆虫センターの吉川さんの提供です。
昆虫好きな人は、是非とも前日紹介した< リオック オバケコオロギの生態 >もご覧になって下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カマキリを食べた後は、大きなトノサマバッタを与えてみました。
入れるとすぐに、トノサマバッタに食らいつきました。
トノサマバッタは、仰向けの姿勢で足蹴りをします。 トノサマバッタの足蹴りは、強力で、人間でも怪我をするぐらいです。

リオックに対して、5回ほど、足蹴りをしました。
リオックはひるむどころか、さらに強くトノサマバッタをつかみ、トノサマバッタの胸部を噛み砕きます。これで、トノサマバッタは、動かなくなってしまいました。

リオック オバケコオロギ インドネシア昆虫センター 6

その後は、ひたすら食べるのみです。
時々、トノサマバッタの硬い殻を噛み砕く、ボリボリという音が聞こえました。

リオック インドネシアの悪霊 写真1

トノサマバッタを食べ終わる前に、体長8?ほどのカマキリを入れてみました。
カマキリは、最初のうちは、逃げようとしませんが、食事中のリオックに睨まれると、急いで上のほうに登り、逃げようとします。
あいにく脚をすべらせ、リオックの目の前に落下しました。
リオックの脚一本で動きがとれなくなり、リオックは、カマキリの頭から食べはじめました。

リオック インドネシアの悪霊 写真2

カマキリを食べ終わる前に体長7?ほどのタイワンクツワムシを入れてみました。
その姿を見るや、まだ、食事中でもあるのに、タイワンクツワムシに食らいつきます。
一度は、逃げられてしまいますが、二度目には、みごと捕まえました。
頭からボリボリと食べはじめます。

写真のように、リオックのお腹は、すでにパンパンです。

リオック インドネシアの悪霊 写真3

今度は、5匹のカマキリを一度に入れてみました。

リオック インドネシアの悪霊 4

リオックに近づくカマキリは、次々と食べられてしまいます。

リオック インドネシアの悪霊 5

お腹がいっぱいになったのか、3匹のカマキリを残して、リオックは、眠ってしまいます。

一回の食事でリオックが食べたものは、次のとおりです。

カマキリ(大) 約8cm 3匹
カマキリ(中) 約6cm 1匹
トノサマバッタ 約7cm 1匹
クツワムシ   約7cm 1匹

これでは、エサを探すのがたいへんです。
お腹がパンパンになり、お腹が伸びきり、体長は約10cmほどの大きさに。

まったく、普通のコオロギのイメージがありません。

カマドウマ インドネシア ジャワ島

こちらもインドネシアのジャワ島で採集された巨大カマドウマです。
大きさがよくわかるよう、約7cmのヒメカブトを一緒に並べています。

こちらは、リオックよりももっと、レアで今のところ、この一匹のみです。

ニュージランドには、巨大なウエタが棲息していますが、そちらは、アシブトカマドウマ科であり、カマドウマ科に入るものでは、左の巨大カマドウマが世界最大のなのでは、ないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リオック、メタボも気にしない大食!と言ったところでしょうか?

以前、ジャカルタの居酒屋で吉川さんと会った時に聞いた話。

「リオック? あれは本当にヤバイんですよ! 下手に掴もうとすると手を噛み切るくらいの力を持っているんですよ!」
昆虫のことになると夢中で話す彼の目が輝いていたのを覚えています。

今回はこれまた非常に珍しい巨大カマドウマの写真もご提供頂きました。


吉川さんが運営するインドネシア昆虫センターでは、数々の昆虫採集ツアーを随時受け付けております。
インドネシアの昆虫のこと、昆虫好きな人には良き案内人となってくれる筈です。

http://www48.tok2.com/home/iinsectc/
インドネシア昆虫センター

様々な昆虫採集ツアーの企画が可能です。
下記の昆虫採集ツアーに該当しなくても、相談に乗ってくれると思います。

珍虫採集ツアー 
http://www48.tok2.com/home/iinsectc/houkakutintyunihon.html
チョウ類採集ツアー
http://www48.tok2.com/home/iinsectc/tyounosaisyuuhonkaku.html

甲虫採集ツアー
http://www48.tok2.com/home/iinsectc/koutyutuanihonhonkaku.html

いろいろ昆虫採集ツアー 
http://www48.tok2.com/home/iinsectc/iroirokontyuhonkakunihon.html

日本の夏が終わっても、インドネシアの乾季が終わる訳ではないので、長期休暇がずれている昆虫好きな人には、インドネシアはもってこいです。

ご興味ある方は、是非ともお気軽に、インドネシア昆虫センターへ直接お問い合わせ下さい。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

写真が超怖いです。お化けコオロギ。
[2009/08/13 16:09] URL | とおりすがり #jexu4yiE [ 編集 ]

コメント感謝です
コメントありがとうございます。

そんなに怖かったですか、オバケコオロギの写真。
私的には巨大カマドウマの方がチト苦手です。
[2009/08/13 21:01] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


食欲ヤバイwカマドウマもでか!
[2013/03/09 14:26] URL | ワロワロ田 #L766lA5k [ 編集 ]


リオックに勝てる昆虫はいないだろうなあ
カブトムシなどの甲虫種でも無理でしょ
角じゃクワガタには相性良いだろうけどリオックにはなあ…
けどそのクワガタなら可能性があるかな?

タランチュラ系やサソリ系なら勝てるだろうけどそもそもあいつらは昆虫じゃないしね
[2014/04/28 20:17] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/620-b12903f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。