インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スンダ料理レストラン Bumbu Desa ブンブ・デサ
インドネシアは他民族国家なので、料理も非常に多彩である。

その数多いインドネシア料理の中でも、私が一番口に合い大好きなのは、西ジャワ地方のスンダ料理。 スンダ料理は数あるインドネシア料理の中でも、比較的あっさりとした感じの味が多いと思うが、これにお好みで付けるサンバルダダック(唐辛子とその他を混ぜたペースト状の香辛料)が良く合う。

今回はそんなインドネシア料理の中でも、スンダ料理のレストランBumbu Desa ブンブ・デサを紹介する。
インドネシア語Bumbuは日本語で<香料・薬味・調味料>を意味する。
そしてDesaは<村・村落・地方>を意味する。
Bumbu Desaで香料の村といったところだろうか。 このレストラン名にはとてもぴったりの名前だ。

ジャカルタ内でも地方でもBumbu Desaは増えているので、既に試された方も多いと思う。 清潔感あるレストランで、メニューも非常に豊富。 どうしてもインドネシア料理を試してみたいという出張者や観光客のお客さんがいる時には、もってこいのレストランかもしれない。
ただし未確認だが、ビールがないかもしれない(泣)。

Bumbu Desa ブンブ・デサ スンダ料理 1

Bumbu Desaでは、こんな感じで料理を選択出来る。
生のものは料理を選んだ直後に、揚げたり、焼いたりしてくれる。

Bumbu Desa ブンブ・デサ スンダ料理 2

スンダ料理の特徴は、野菜が豊富な点も上げられよう。
通常のスンダ料理だと、大きめにちぎったようなキャベツや随分とぶっとくスライスしたキュウリなどが多いが、さすがにレストランBumbu Desaでは見栄えも良く、料理されたものが多い。

Bumbu Desa ブンブ・デサ スンダ料理 3

さて、皆の注文品が届いたところで、「いただきます!」
フォークやスプーンで食べづらいレシピが多い時は、インドネシア風に右手を駆使して、是非とも手でお召し上がれ。

Jakarta-Suryo
Jl. Suryo no.38, Kebayoran Baru
Tel: +6221 7201244 | Fax: +6221 72788021
e-mail: bdsuryo38@bumbudesa.com

Jakarta-Cikini
Jl. Cikini raya no.72
Tel: +6221 3904747 | Fax: +6221 310054
e-mail: cikini@bumbudesa.com

Jakarta-Kelapa Gading
Jl. Boulevard Artha Gading Blok A2
Tel: +6221 45874560 | Fax: +6221 45874561
e-mail: gading@bumbudesa.com

Jakarta-Pluit
Jl. Pluit Putra Raya no.16
Tel: +6221 6616057 | Fax: +6221 6616058
e-mail: pluit@bumbudesa.com

BSD Serpong
Jl. Raya Serpong BSD Sektor 4
Tel: +622153157826 | Fax: +622153157816
e-mail: bsd@bumbudesa.com

主な場所の住所と連絡先を上げてみたが、バンドンやスラバヤ、インドネシア全土に存在しています。
写真はオクとレニーが連れて行ってくれたKelapa Gading店で撮影。

詳しい場所と連絡先は
http://www.bumbudesa.com/kontak.html

http://www.bumbudesa.com/
上記しかりBumbu Desaの公式Web

開くと音楽が奏でられ、とっても綺麗な仕上がりのWebサイトです。

ご興味ある方は、是非ともお試しあれ!



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
応援宜しくお願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/477-f68f9be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インドネシア古代史 9/9~離反する各地

第9章 マジャパイト王国の没落とヒンドゥー政権の消滅(15~16世紀初) アヤム・ウルク王の死去をもってマジャパイト王国の歴史の転換期とするのは、いささか独断にすぎる。1389年以後しばらくの間はそれ以前と全く変わりなく、新王国の登位は外見上何ら変化ももたらしていない。しかし、ヴィクラマヴァルダナ王の治下において強大な王国の没落を示唆する最初の明確な徴候がうかがわれるのは事実であり、1429...
[2013/12/04 21:11] 投資一族のブログ

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。