インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルニャン バリの風葬の残る村 上
ホテルにチェックイン後、トルニャンへ向けて出発。

トルニャンはバリでも風葬の風習が残っている珍しい村である。

バトゥール湖畔を車で走るので、常に変化する景色を眺めているだけで、全く飽きない。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 1

トルニャンへ向かう道は舗装されているが、結構細い道である。
この日はトルニャンのヒンドゥー寺院でお祭りがあったようで、その細い道に人が溢れんばかりの行列が出来ていた。
追い抜くことは不可能なので、しばらくの間、最後尾を遅々として進むドライブになった。

トルニャンは「非常に閉鎖的」とガイド本に書いてあったりするのだが、「窓を開けて寺院に向かう人たちを見ていると、「トルニャンに行くのかい?」と、他のバリの人々と同じように「行列になっていてスマンな」的な親切心溢れた顔で聞いてくる人も少なくなかった。

トルニャンに残る風葬は、バリ島にヒンドゥー教が定着する前のオリジナル文化とも言われている。
その風習は古来より続いてきたもので、本来は見世物ではない。
それ故、過去には閉鎖的なところもあったのかもしれないが、やはり時代は変わりつつあるということを実感させた。

道路上でパパイヤを発見。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 3

インドネシアではいくらでも採れることもあり、頻繁に口にするせいか、気にしたことはなかったのだが、カカオ同様に幹に直接実がなることをこの時に初めて知った。

私が幼い頃、日本にほとんど入って来ていなかったパパイヤを口にした時、「この果物は日本にはないから高いんだよ」と言っていた亡父の台詞を思い出す。 仕事だか、ハワイ旅行のおみやげだったような。
いまでこそパパイヤも美味いと思うのだが、お子ちゃま舌にはお世辞にも美味とは思えなかったおぼろげな記憶がある。

インドネシアにいるといくらでも口に出来るパパイヤゆえ、別段その存在自体、全く気にしたこともないのだが、パパイヤは栄養価満点の果物である。
ビタミンA,B,C,Eとベータカロチンを含む量が他の果物を圧倒して多い。
低脂肪で食物繊維も多く含み、体の酸化を防止する。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 2

タンパク質消化酵素であるパパインは、消化を助ける。
パパインは粉上のものが販売されており、筋の多い肉につけると、筋が切れるので肉質が軟らかくなる。 安いにも関わらず、そこそこ美味しい肉を出しているレストランでは、このパパインで誤魔化しているケースもあるので気を付けろという話を厨房にいる人から耳にしたことがある。

パパイヤは酒のみにも有難い果物である。
肝臓の解毒酵素の働きを良くし、有害物質を無毒化する働きもある。

栄養の宝庫のパパイヤはその働きを知れば知るほど、特に女性の方だと興味の尽きない果物だろう。

ガイド本上では評判の良くないトルニャンが近づいてきた。

我々の前には風雲急を告げるがごとく、黒い雲が迫っていた・・・

トルニャン バリの風葬の残る村 上 4

とうことは全くなく、村の人々に取り囲まれての交渉になることを想像していたのだが、そんなことも全くなかった。

風葬の場所まではここから船になる。
もちろんボッタくり価格を提示してくる。
風葬の場所はこの村の風習で本来は観光地ではない。 眠りについた死者も他人に見られたり、騒がれるのを好んでいるわけがない。
村の様子をざっくり見ると、湖はずれに位置し、バリの中でも非常に貧しいエリアであることが良く分かる。
そんな理由で値引き交渉はほどほどにしておいた。
私は無宗教だが、イスラム風に言えば「喜捨入り価格」、また個人的には彼らの祖霊へのリスペクト入りといったレベルを考慮した。

手漕ぎの船で出発。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 5

町に着いた時から、「フィリップス」の看板があちこちにあることに、「何だろーなあ」と友人と話していた。
早速船を漕ぐトルニャンの村の男性に尋ねると「この村に電気供給のインフラを無償で整えてくれたのがフィリップスなんだ」という返事で納得。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 6

船で10~15分位だったであろうか。
風葬の場所へ到着。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 16

我々より先行し見学を終えたシンガポール観光客が入り口前で最後の記念撮影を行っていたのだが、アホな野郎が入り口に置いてある骸骨を手に取り、両手で掲げたので、ガイドで付き添う村の人々に思いっきり怒鳴られていた。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 15

死者にも礼が必要なのは風葬の村だけではないだろう。

トルニャン バリの風葬の残る村 上 13



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2597-475a2655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。