インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グヌン・カウィ バリ最大の石窟遺跡 Gunung Kawi
バリ島に存在するグヌン・カウィ Gunung Kawiは遺跡にあまり興味がなくても、なかなか見ごたえのある場所ではなかろうか。

Gunungはインドネシア語で「山」を意味するのだが、今回2度目の訪問をするまでKawiの意味を気にしていなかった。
知らない単語であったため、辞書を開くと「古代ジャワ語」(Bahasa Kawi)と、もう1種は「強い・頑丈な・超能力の」と2種類あるように記されていた。

グヌン・カウィ Gunung Kawi
「古代ジャワ(語)の山」とも考えられるし、石窟遺跡なので「強い山」「頑丈な山」、バリ・ヒンドゥーの奥深さやミステリー大国インドネシアを考慮に入れると「超能力の山」とも表現できそうな遺跡名である。

グヌン・カウィがお勧めなのは、遺跡手前の棚田風景が素晴らしい。
遺跡までは行きは下り、帰りは上がりとなる坂道なのだが、この棚田風景が臨めるだけでも私的には満足出来てしまう。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 1

何とも表現しがたいとても優しい空気が流れている。

「風は目に見えることはない。 しかし確かに風はそこにあるのだ。 風は人の耳と肌を通してその存在をしめしている。 そして人は見る気さえあれば木の葉や雲から風の存在を知ることが出来るのだ」
自然の声を聴いて生きてきたインディアンの言葉を何故か思い出す。

ここもバリ・ヒンドゥーの人々には聖地なので、見学時にはサロンを巻く。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 2

バリ島でヒンドゥー遺跡を見学するなら、1着購入し、自身で持ち歩くのも、一つの手である。 それを生業にしている方々には申し訳ないが、遺跡前からサロンを巻くと、寄ってくる売り子も少なく、面倒が減る。

グヌン・カウィはバリ最大の石窟遺跡である。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 3

この遺跡は11世紀頃にノミを使用し彫られたものと言われている。
彫り出された岩を触ってみると確かに削りやすいそうな素材である。
しかしながら、古代の人々がもっていた技術や集中力が感じられ、現代技術を知る我々が見ても圧巻の遺跡である。

伝説では巨人クボ・イワが爪の先でひっかいて、一晩で彫ったと言われている。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 6

時の王とその家族の墓碑群と言われているが、どうもここには埋葬されている気配はない。
高野山に並ぶお墓ではない供養塔の意味にも似ており、人類のDNAはアダムとイブの物語のように、結局大いなる元へ集約されるには違いなく、国や所変われど、似た様な表現を持つのかもしれないと思ってしまう。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 5

この日も多くの女性達がお祭りの準備に勤しんでいました。
近所付き合いも減っている日本ですが、不便な場所ではこういうコミューンがいざ個人や一家庭が困った時の助けや役目として機能するのでしょう。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 4

見た目の技術と便利さが進み過ぎた結果の個人主義が蔓延と、若干不便ゆえのコミューン。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 7

どちらが良い悪いでなく、自身と周りの状況を見極めながら中道が私の好みだろうか…。

グヌン・カウィの巨大な遺跡は高さ約7メートル。
保存状態もきわめてよい。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 8

造られた年代は異なり、高さは全く及ばないまでも、破壊されてしまったバーミヤン遺跡をついつい思い出してしまう。

グヌン・カウィ バリ最大石窟遺跡 Gunung Kawi 9

遺跡に興味がない人でも訪問したくなったでしょうか。
バリ最大の石窟遺跡、グヌン・カウィ Gunung Kawi(住所:Tampaksiring, Gianyar Bali)の紹介でした。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2590-b83b7642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。