インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山、再び
2013年10月19日、世界遺産である霊峰富士山が初冠雪。
今年の白山の初雪は10月12日であった。

霊峰白山へは今年7月に登山(参照「白山登山 2013年7月8日の白山」)したのだが、残念ながら頂上の御前峰、標高2,702mへは至らなかった。

日本の三霊山は富士山、白山、立山。

富士山は25歳の時に登山した。
仕事はしていたが酒ばかり飲んでお金がなかったので、夏休みの海外への旅は断念。
長距離用自転車で東京・渋谷区から新潟・直江津港まで、行程1日半強、2泊の野宿旅をし、道中事故にも巻き込まれたが、壊れたのは私が激突した事故原因を起こした車の方のみで、電車で東京へ戻って来た晩から友人と5合目から登山という、全く褒められない悪しき例を築きつつも、無事登山。

私は学生の頃16歳から土方をメインとしたバイトをしており、黒帯にも売られた喧嘩で怪我度合では圧勝したこともあったので、アントニオ猪木が提唱した「プロレス最強論」ならぬ「ドカタ最強説」を社会人になった25歳ぐらいまで吹聴していた。 馬鹿さ加減はおっさんになっても相変わらずだが、当時を振り返ると「本当に馬鹿だったのだ」とつくづく思う。

反面、若い人がこのブログを読む可能性も想定し「土方はいいよ」と綴っておこう。
下手な運動部より体力は消耗し(=健康+体力増進)、荒れた人々も少なくない(=上下関係+礼儀+実社会における大人のせこい嫌がらせも経験可)のだが、我慢出来れば普通のバイトよりはるかに多いお金が入る(=高収入)。
スポーツクラブで体を鍛えてもお金は払わなければならないが、土方は体を鍛えお金までくれる(笑)。

前回同様の道を車で進み、夕刻遅くに金沢へ。

今回は行き当たりばったりで、KKR HOTEL KANAZAWAへ宿をとった。

白山、再び 4

KKRホテル・金沢は結婚式も出来る立派なファシリティーのホテルだったが、国家公務員共済組合連合会金沢共済会館なので、1人6,000円とリーズナブルな価格の割に、部屋は普通のビジネスホテル同様に清潔でありがたかった。

翌日登山を控え、飲み過ぎは厳禁だと自身にいい聞かせつつも、「金沢にきたら五郎八だろ」という訳で、美味い料理と日本酒で舌鼓を打った。

白山、再び 2

飲み過ぎは厳禁だと自身に言い聞かせたので、ビール後の日本酒は5合位でやめておいた。

白山、再び 3

飲み過ぎは厳禁だと自身に言い聞かせたのに、ホテルへ戻ると感じの良さそうなバアがあったので、寝酒に3杯洋酒を飲んでしまった。

10月12日。
別当出合へ。
土曜日で車の規制があったため、市ノ瀬ビジターセンターよりバス。
白山の山小屋、室堂ビジターセンターが開いている最後の土曜日ということもあり、寒くなってきている割に登山者は結構多かった。

天気はあいにくの雨。
途中、曇りですむのではないかという希望も見えたが、空は青空を見せることもなく、曇りと雨が続く、厳しい天候となった。

白山、再び 5

車で移動する道中では「登山中止」も視野に入れたが、別当出合で曇り・小雨の様子が続いたため、結果決行した。

今回は靴、雨具もしかりで、装備は怠らなかった。
途中から雨が激しい時もあり、ポンチョを使用し登山したが、汗っかきの私は途中までTシャツ半袖で、いいペースで登れた。

一度白山室堂ビジターセンターまで行っているので、ペース配分も考えやすかったのだろう。
室堂ビジターセンターへ目の前のところに来て、手がかじかむ寒さには参り、疲れも感じたが。
別当出合から白山室堂ビジターセンターまで、休憩も入れて、2時間40分で無事に到着。

山小屋チェックインの際に手がかじかんで文字がかけなかった。
寝室で整理と着替えを行い、遅い昼食を口にしたら寒さも落ち着いた。
しかし小屋から出ると猛烈な寒さ。
陽が暮れる時間になると、外は氷点下近く。
雨は小さな氷の塊と化し、この日が白山で初雪が観測された日になった。

室堂ビジターセンターでの夕食は美味しく、山小屋で働いている方々、食材に感謝、感謝である。

白山、再び 6

何よりも温かさが身に染みて有難かった。
そして冷え切った体もビールを飲むほどに回復。
20時消灯なのだが、早々に寝れるわけがなく、20時前まで寝室外の廊下で友人とウイスキー、ワインへと移行。
緊急用として持って行き、ツマミにしたチョコレートがやたら美味かった。

その晩、同室2人の鼾が煩すぎて、ロクに眠れなかった。
その長くて眠れない晩の最大の発見は鼾は伝染するということだった。

しょうがないといえばそれまでなのだが、同行している友人、カミさんが注意をするなり、鼾をかくなとは言わないまでも、登山する者なら少しは周りにも気を配れよと思いつつ、何度も夜中にトイレに行っていると、雨雲は一掃され、夜空は見事なほどの満天の星空だった。

白山、再び 20
一緒だった友人が夜中に撮影

満天の星に眠れない苛立ちを癒され、他人の鼾があったからこそ、この光景を満喫出来ていると考えると、許そうという気になれた。
夜空は語る。 「鼾ごときで人への迷惑がすめばいいけど、君の人生、それではすまない過ちだらけじゃん」 反論はない、出来まい。

夜空が示した通り、翌朝は快晴。
早朝4時半に準備をして、白山の頂上、御前峰を目指し出発。

白山、再び 21

写真よりまわりは明るくはない。
山に沿っている明かりは頂上を目指す人々。

厚着をしたので寒さは気にならなかったが、10月13日の白山は強風、突風が凄まじい日であった。
67キロの体重の私が体を持って行かれそうになるほど突風が凄まじかったので、私より年配の方々は相当厳しかったと思う。

白山、再び 7

頂上へ着き、しばらくするとサンライズ。

白山、再び 22

ここ数年、サンライズを臨むことが多いが、太陽の偉大さ、無償で与えてくれる明かり、温かさ、優しさへ畏敬の念は増々膨らみ、いつみても頭が下がる思いである。

白山、再び 23

白山の御前峰からお池巡りを予定していたのだが、止まらぬ強風で中止にした。

白山、再び 10

そんな決断をした人々が多い日だったと思う。
強行している人を眺めていたが、身体が風で流されているのが窺え、見ているこちらが怖かった。

白山、再び 11

白山の奥宮に参拝。

白山、再び 8

ひょっとすると今世ではもう2度と来ないかもと思うと感慨深いものがあった。

白山、再び 9

お池巡りも視野に入れていたため、お弁当にしてもらっていた朝食を室堂ビジターセンターで頂き、白山を背に下りをスタート。

白山、再び 12

安全に登れそうな最後の休日、快晴。

白山、再び 13

登山してくる人も非常に多かった。

白山、再び 14

危険はないが、登山は細心の注意も必要。
今回は小さいとはいえ、落石にも出くわした。

白山、再び 15

白山の自然は短い秋をあっという間に過ぎ去り、冬の到来を告げていた。

白山、再び 16

下山は休憩も入れて2時間20分で終了。

名残り惜しさもあり、市ノ瀬ビジターセンターを出発後、もう一度、霊峰白山を遥拝。

白山、再び 17

手取川に存在する百万貫の石。

白山、再び 18

凄まじく大きな岩塊なのだが、この巨石は昭和9年7月に発生した洪水で土石流と共に流されてきたそうだ。

歴史は繰り返す。
自然は語る。
どうも人類は今後も地球と自然の驚異に晒されつつ、自業自得の経済問題と戦争という局面に怯えながら進んでいく可能性が高まっているように思える近年。
全ての物質に優る精神の優位性が発露するか、しないかが試される時代が始まっていることを実感させた。

白峰近辺の温泉で汗を流し、着替え、有難いことにもう一度、露天風呂から白山を臨む景色に恵まれた。

白山、再び 19

行きに寄れなかった白山比咩神社と、前回登山前日に靴底がいかれていることに気が付かせてくれた金剱宮に感謝の気持ちを置いて、霊峰白山登山の旅は無事に終了。

来年、日本の三霊峰のうちでは最後の立山を登山する予定。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。



テーマ:日本の旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2570-86ff2828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。