インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩IV
ジャカルタでひときわ目立つ建築物と言えば、一つはモナス(独立記念塔)ともう一つは巨大なイスラム教礼拝堂であるモスクであろう。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 6

正式名称はイスティクラル・モスク Mesjid Istiqialといい、東南アジアでは最大規模であり、収容可能人数も12万人以上と最多を誇る。
世界最大のイスラム教徒を有するインドネシアの面目躍如といったところだろう。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 7

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqialのイスティクラルとは、アラビア語で「イスティクラール」であり、「独立」を意味している。

故スカルノ初代大統領の1955年に建築構想がスタート。
1961年8月24日に建築が開始され、故スハルト大統領の1978年2月22日に完成。
この巨大なモスク、建築物は17年もの歳月をかけられて造られた。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 2

日本の国会議事堂などもしかり、国が威信をかけて造った建築物にはそれぞれの思いや深い意味を設計段階から込められている。
そんな意味ではこのイスティクラル・モスクも同様の建築物である。

モスク見学時に説明を受けたのだが、私はメモをあまりとらないので、多くは忘れてしまっている。 記憶が鮮明な部分だけ紹介しておく。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 1

イスティクラル・モスクは7つの入り口があり、7つという数字はイスラムの7つの天界を表している。

巨大なドーム部分は直径45メートル。
この45と言う数字は1945年の45からきており、インドネシアが独立した年を意味している。

巨大なドームは12本の円柱で支えられているのだが、ムハンマドの生誕に関係することを表している。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 3

メインフロアーと4 つのバルコニーで5階建て。
この5という数字は、イスラムの5原則(アッラーが唯一神でムハンマドがアッラーの使者、礼拝の実行、喜捨、ラマダン月の断食、メッカ巡礼)とインドネシアのパンチャシラ(建国5原則 唯一神への信仰、人道主義、統一、民主主義、社会的公正)を表している。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 9

小さな直径8メートルのドームはインドネシアが独立した8月の8を意味している。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqialの中は広くて涼しく、昼寝にも最適で、隅の方で寝ている信者もいたりする。 良く言えばムスリム世界の中でも寛容な心を持つ人々、悪く言えばいい加減といったインドネシアならではの風景もお目にかかれる。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 8

信教の自由が許され、寛容さを標榜するインドネシアだからこそ、モスクと道路一つを隔てた場所に、こちらも巨大な教会、カテドラルが建っている。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqialは異教徒でも内部の見学が可能。
しかし金曜礼拝時などは避けるのもエチケットだろう。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 4

入り口で登録をすれば、おじさんが案内、説明してくれる。
私の記憶では決まった入場料はなかった(現在設定されているかは不明)が、おじさんへの心づけとモスクへ寄付と言う意味合いで、心が思う額を渡した。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 5

インドネシアにいればムスリム世界への理解は必要である。
しかし寛容な国インドネシアでは、そんなに気を遣うケースが発生するとも思えない。
全く慣れない日本人も稀にいるようだが、普段から余程、さりげなく人を気遣うという生活をしてこなかった人ではなかろうか。

イスティクラル・モスク Mesjid Istiqial ジャカルタ散歩 10

巨大な建築物、イスティクラル・モスク Mesjid Istiqialは、ジャカルタ散歩、観光の際に見学する価値は十分にあると思います。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2525-652ceb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。