インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃって和食 インドネシアでも増加
おっさんのせいか、世界で一番美味しいのは和食だとつくづく思う。
いや、お金は昔からいつでも大してないにも関わらず、世界のあちこちでそれなりに美味しいものを口にしてきた幸福者と自負しているが、やはり味・技・食材の3つのバランスが上手く融合されている和食は世界一だろう。
もちろん国や地域の特産品の違いやそれらとともに発展してきた料理法には敬意を払いつつ。

和食が世界中で認められ、ファンが増加した報が流れてから何年経っただろうか…。
それ以前より世界にはなんちゃって和食屋が見受けられた。

場所や国によっては致し方ない。
世界で和食が流行る前では、日本人駐在員が多い地域や和食ファンが多い国でないと、日本から板さんを連れていって勝負しても採算が合うものではない。 食材調達の問題もあり、和食=高級料理というお店になると、日本を知ってもらう、和食を楽しんでもらうというコンセプトからは外れてしまう。 日本人としては現地の人にも楽しんで頂きたい。
もちろん板さんがしっかりしており、暖簾を掲げたことを誇りに思っている和食屋では高いケースも致し方ない。

なんちゃって和食 インドネシアでも増加 1

インドネシアの首都ジャカルタは和食屋さんには相当恵まれている。
和食屋さんを営む経営者や板さんが努力をしてくれている店も多く、アルコール以外は値段も高くはなく、駐在員は恵まれているだろう。 憩いの場と思える店も少なくない。
高級店以外の食材調達は全てではないにせよ、野菜などは現地でも調達可能で、もちろん日本のそれとは大きな差があるとはいえ、味、品質にはさほど問題がなく、また観光地でなく商業地のため、様々な和食屋が増加する有難い結果となっている。

和食が世界中で認められ、日本食ファンが増加ということが日本人に認識される前より、世界ではなんちゃって和食屋が見受けられた。
大分以前、フランスに出張の折、パリで入ったなんちゃって和食の味は酷かった。
日本に近くて遠い国の人が経営している店に誤って入ってしまったようだ。
「日本食の名で、高い金とって喰えるゴミを出しやがって」とインドネシア語で罵り、スッタッフと一緒だった友人達に窘められたのを覚えている。
明らかにコピー商品をオリジナルというかの国はどこでも同じだ。 お里が知れると言う物語を世界で創り上げている。

さて、グタグタ綴ったが、インドネシアでもなんちゃって和食はここ数年で非常に増加したと思う。

なんちゃって和食 インドネシアでも増加 2

写真はなんちゃってしゃぶしゃぶ店。
All You Can Eatなので、そんな店だといつでも若いウェイトレスさんに向かって「お前も食べていいのか?」とショッパイおじさんギャグを噛ますことがお決まりである。
それでもインドネシアは笑ってくれる女子が多いので助かることこの上ない。

大体そういうレストランは、和食に取りつかれたインドネシア華人が経営しているようである。 もちろん華人経営の場合、お金だけ、利益追求だけのケースも往々に存在し一概には言えまい。
義のないことをした糞もおり、レストラン名を挙げて綴ることも2社ほど可能だが、別の機会にしておこう。

なんちゃって和食はインドネシアの人には高級なのだろうが、日本人には高くはなく安い。
ただしお味の方はというと、お金のある人やきちんと和の味を舌で認識出来ている人や本格的なしゃぶしゃぶ屋で食したことがある方にはお勧めはしまい。

なんちゃって和食 インドネシアでも増加 3

しかしながら、値段が値段なので、こちらの腹を満たすために犠牲となってくれた食材の為に、絶対に不味いとも言うまい。
うどんは「良く砕けるほうとうに似ている」とか「水団を長く細めに切った小麦粉主体のもの」という解釈をするのが、武士の情けだろう(笑)。
こういうケースの場合、甘いと自覚しながらもオーナーも日本贔屓と思いたい。
更にはこと対日本なると貶し罵倒しまくるにもかかわらず、海外ではザパニーズと化す人々とは別物のお店と考えようではないかと思ってしまい、それこそ日本人の甘さだと自身を罵倒しつつ、情けは人のためならず。

とにもかくにも、自炊が嫌いでない私はほぼいかないが、雰囲気が決して悪くはない、なんちゃって和食はインドネシアでも増加した。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2486-860937fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。