インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PKS パームカーネルシェル考
PKS=Palm Kernel Shell=パームカーネルシェル。

PKS パームカーネルシェルはパーム油を絞ったヤシの種の殻のことなのだが、この商材に振り回された日系企業も少なくなかろう。

悪質なブローカーもかなり横行した。
そこに乗ってしまい騙された日本の会社も数社ある。 私は騙された立派な会社とその当人、当人は立場もあり恥ずかしいせいか私の前では一切口にはしなかったが、騙されたことを私は知っていたよ(笑)、なんてこともあった。

PKS パームカーネルシェルはインドネシアで山積になっている様子を窺えても、何故か商品そのものはないと言われるケースがほとんどでもあった。
いまだに探している会社も存在するが、商品が出てこず苦労している。

PKS=Palm Kernel Shell=パームカーネルシェル 1

価格は華僑に支配され、需供に合わせ、いいように値を吊り上げられた。
よってようやくPKS パームカーネルシェルの供給元を探し出せても、今度は価格が合わない採算がとれないことが原因でビジネスには繋がらないケースも多かった。

価格に関してはインドネシアのインフラの悪さも影響している。
また保管基地の問題もあり、移動させているうちに石が紛れ込み、輸入し納品した先のプラントが故障なんてことも発生させている。
価格は重さで産出されるので、一時期は故意に石を入れているなんて噂もあったりした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宇部興産、インドネシアでバイオ燃料加工の実証試験-ヤシの種殻を年1万トン

宇部興産は7月にインドネシアで、パーム油を搾った後に残るヤシの種の殻(パームカーネルシェル=PKS)を年1万トン炭化してバイオマス燃料に加工しやすくする実証試験を始める。PKSは粉砕が困難で微粉炭との混合燃焼に不向きとされてきたが、炭化により粉砕が容易となる。再生可能エネルギーの固定買い取り価格制度を活用して電力会社に電力を販売する微粉炭火力発電所向けにサンプル出荷して早期に本格生産を目指す。

インドネシア・スマトラ島南端のランプン州で年1万トンのPKSを約300度Cの熱で炭化し、日本へ出荷する実証試験を行う体制を整えた。宇部興産発電所内の独立発電事業(IPP)発電所(山口県宇部市、出力21万6000キロワット)でも炭化PKSの使用を検討する。PKSを用いた電力の買い取り価格は1キロワット時当たり25・2円だが十分採算が取れるという。

 PKSはパームヤシのプランテーションが広がるインドネシアやマレーシアで大量に入手できるが、用途がほとんどなかった。PKSを有効活用できるほか、熱量ベースで10%微粉炭と混焼すれば二酸化炭素排出量を10%削減できる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2013年6月5日 日刊工業新聞

用途がほとんどなかったという記事は間違いがあり、インドネシアでも発電の為に活用されてきた。

PKS パームカーネルシェルは商品そのものが確保できても、日本に輸入して採算の合う価格=ターゲットプライスが合わないことが往々に発生した商材でもある。
インドネシア内で販売できる価格の方が高く売れる時期もあったので、そりゃ当然だはなあという訳で、多くの会社の頭を悩ませたコモディティーである。

PKS=Palm Kernel Shell=パームカーネルシェル 2

PKS パームカーネルシェルは記事中にあるように、パーム油生産の世界1、2位の座を争うマレーシアにももちろん存在している。

それでも何かとインドネシアが注目される原因の一つは、それはパーム油を搾取する際のプラントに関してはマレーシアの方が勝っており、インドネシアのパームカーネルシェルの方が油分が残っている=ハイスペックという点が挙げられる。

何はともあれ、過去にはゴミが二酸化炭素排出量を抑えながら、発電が可能な商品に化けるのは地球にとって悪くない話である。

反面、一般の人々がゴミと思えるものが世界では大きく流通しており、そのゴミの活用技術に驚かされたりするケースも少なくない。
皆が気が付かないゴミと思えるものも、しっかりビジネスベースでは流通しているケースは決して少ないはない。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

コメント
久しぶりですね…。
久々のアップですね・・・。
色々と振り回されてお忙しかったと思います…。

インドネシア産の油ヤシの方が、皮が厚い様です…。
マレーシアは実が大目の皮が薄い品種改良されたもの
を植栽されている様ですね・・・。

このビジネス、原子力、太陽光、石炭等を考慮すると
かなり厳しいと思います。
[2013/06/11 12:09] URL | 荒木 #- [ 編集 ]

Re: 久しぶりですね…。
いつもお世話になっており、感謝申し上げます。

PKSは最近も複数の会社から問い合わせがありましたが、インフラ、支払条件等、問題はそのままなので、お断りしました。

インドネシア大手から入札で安く仕入れるルートの存在と内容・価格も確認出来ましたが、私の方でPKSは、日本向けではしばし手を出さないと思います。

[2013/07/17 00:45] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2483-bca0bbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/11 08:59)

宇部市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
[2013/06/11 09:00] ケノーベル エージェント

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。