インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児売買組織を摘発 インドネシア
人身売買は世界中で問題になっているが、やはり貧困問題が背後に存在する。
インドネシアで乳児売買組織が摘発された。
今回の摘発も氷山の一角であろう。

インドネシアの貧困層はテレビなどの娯楽もない。
農民が多いと思うが、一生懸命に昼間働いても「生かさず殺さず」の生活が続く。
学がないので、転職は不可能。
それでも夫婦ならば夜の営みだけが唯一の娯楽になるので、貧乏人の子だくさん状態にもなる。
コンドームなどの避妊具を購入する余裕などない。
人口が多いので、建設現場などの危険で辛い仕事を行っても、代わりはいくらでも存在するので、給与は決して高くないばかりでなく、上がらない。
そうして負の連鎖は確実に続き、断ち切ることが出来ない。
インドネシアは人口ボーナス期がこれから本格的にスタートし、2025~2030年まで続くことが予想されるが、この問題は人口の多さが招いているともいえるであろう。
人口=国力にもなるが、やはり何事もバランスが重要ということか…。

乳児の売買の場合、そうあって欲しいと思うが、子供を欲しがっている人へ乳児が売られるケースは稀であろう。
どういう場所や人へ売られていたか私にも想像できないし、それに関する情報もないが、臓器移植目的は確実にあるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インドネシア乳児売買組織を摘発 助産師ら女7人逮捕
 【ジャカルタ共同】インドネシアの首都ジャカルタの警察当局が16日までに、母親から乳児を買って国内外に売り渡していた疑いで、助産師を含む女7人を逮捕したと明らかにした。20年以上にわたり乳児200人以上を売っていたとの情報もあり、警察が捜査を進めている。

 インドネシアでは、順調な経済成長の陰で発展から取り残された人も多く、昨年時点で人口の12%は月26万ルピア(約2500円)以下で暮らす貧困層。子供を売って生計の足しにしようとする例が後を絶たず、人身売買組織の摘発が相次いでいる。

 警察によると、7人は35~62歳の女。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
福島民報 2013年2月16日

日本人には信じられないかもしれないが、インドネシアでは女の子が生まれると家族で喜ぶ地方の貧しい地域がいくつもある。 将来、困った時に売ることが出来るからである。
親にも教育がなく道徳観が薄いのでどうにもならない。

都市部の置屋で働く女性達は、日本の様に自らお金欲しさやお金絡みで身を落としているケースはまだまだ稀で、ほとんどが20~30万円レベルの親の借金のかたで地方から売られてきている。
売春がいいか悪いかここで論じるつもりはないが、男性は男性で処理しなければいけない性の問題があり、女性に少しでも縁のある男性はともかく、全く縁がない男性の問題も世界には存在する。
時代ごとの社会的状況と性の問題が複雑に絡み合うことは容易に理解可能なので、売春が世界最古のビジネスという言われ方をするのも何故か納得出来てしまうところもある。

資本主義は過酷な競争がつきまとう為、賃金安く労働力を確保できる国をいつでも必要とするが、道徳教育と貧困問題は解決する力までは持っていないようだ。
グローバリズムは過当な競争を生み出すだけでなく、付いてこれなかった者達、脱落した国々によって、犯罪率を増加させる機動力にもとれないことはない状況に陥っている。

乳児売買組織。
「悪魔の所業だ」と思う人も多いだろうが、そこまで自信もって言い切れる良心を持っている個人も、日本人を含めた世界では確実に減少傾向だろう。
こんなニュースも人心乱れる時、国も乱れるを今後に反映したような事件と思えてしまいました。

人心乱れる時、国も乱れる。
良くない想像なのは自覚しているが、まだまだ世界は荒れそうです。
自身の反省も含め、地球と人類が行きつくところまで行かなければいいなあと思ったりすることも、少なくはない今日この頃です。

ところ変わって中国は、毎年約1千500万人が行方不明になるそうだ。
人口が多いと数字の規模も変わり、インパクトがデカすぎる。
日本の人口の約10%が毎年行方不明って、数字上、頭では理解可能でも、具体的に想像するには若干無理があります。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2437-f717edc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。