インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル
ブロモ山へは外輪山の縁のような集落チェモロ・ラワン Cemoro Lawangが起点となる。
このチェモロ・ラワンにブロモ観光のためのホテルが集まっていると考えればいいだろう。

ほとんどのホテル、ロッジがブロモ山を望める立地に存在している。
ホテルと言っても、高級ホテルは存在していない。
インドネシアでいう三つ星クラスがほとんどだと思う。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 1

私はブロモ・ペルマイIを使用した。
チェマラ・インダーがロケーションがいいとガイド本にあったので、そちらを予約しようとしたら、海外のガイド本にもそのように綴られているのか、現地ツアーも良く使用するせいで満室だった。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 2

インドネシアでいう三つ星クラスのホテルだと汚いところも多い。
それでも他とは比較していないのだが、ブロモ・ペルマイIは全く問題がなかった。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 3

日本人には室内ファシリティーはさておいても、やはり清潔感がなによりだろう。
どうせ寝るだけで、早朝3時過ぎには起床になるので、部屋が汚くなければそれでいい。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 4

ブロモ・ペルマイIは、いつでも私が最も気になる水周りも綺麗で、シャワーはお湯が出る。
ブロモ山観光では、ホテルのシャワーでお湯が出るというのは非常に重要である。
ブロモ山は標高2392mなので、陽がさししばらくすればいい感じの気温だが、日が暮れてしばらくするとすごく寒くなる。
気温の高低さが激しい。
そして火山灰、砂漠のような場所を歩くので、埃が凄い。
マスクをしても鼻の中は真っ黒になるし、髪はバサバサになる。
サンライズトレッキング後、シャワーを浴びてさっぱりした後に、チェック・アウトが理想。
その時に水かお湯かではその後の気分も相当差が出るというものだ。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 5

夕食もあちこちにレストランがある町ではないので、ホテルのロッジを使用。
バクソとカレーで、美味ではなくても十分な夕食。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 6

ブロモ・ペルマイIにはビールはあったが、それ以外の酒はない。
ボトルがあったのでさすが観光地と思いきや、尋ねると、飾りとしてのボトルで、中身は空であった。
まあインドネシアではそんなことは普通なので、重量を軽くするためにアクアのボトルにアイリッシュ・ウイスキーを入れて、持ってきていた。

ブロモに着く前の昼食で寄ったレストランで、ツマミになりそうなローカルスナックを買い過ぎてしまったので、運ちゃんとロッジにいたスタッフ全員に差し入れ。
皆大喜びしてくれたので、「そんじゃ、ロッジに持ち込んだウイスキーは勝手にやらせてもらうよ」と、後顧の憂いを立ち、ウイスキーをストレートで飲み始めました。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 7

途中、観光客相手の売り子、子供達からマスクなどをぼったくり価格でそのまま買って(インドネシア語で話すと言語が通じない人よりは良心的な価格になる)、「さて夜空は綺麗かな」とロッジを後にしました。

ホテルからは明かりのせいで今一つ星空が美しくないのですが、ホテルから離れ、明かりのないエリアに行くと、想像通り夜空には満天の星。
寒かったですが、時折ウイスキーをラッパ飲みして暖をとり、草むらに寝転がって、星空と流れ星を小1時間程楽しみました。
翌日早朝なので、星空に満足したお客さんを部屋へ送り届け、22時頃。
3時出発なのですが、まだ寝れるわけねーじゃんというわけで、独りで再び外出。
アウトドアで使用可能なランプを持っていたので、砂漠の方まで歩き、そちらで再び20分程、満天の夜空を楽しみました。

その話を翌日すると絶対に信用しないと思ったので、砂漠の入り口近くにあった木を証拠写真にとりました。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 8

真っ暗な空間には、精霊よりも邪悪なものが多く混じっていそうな雰囲気で、振り返るとすぐそこに迫っている後ろの闇は、ましてや誰も歩いていないので、結構恐ろしかったです。 聞いたこともない、おかしな笑い声に良く似たような動物の声が時折していたせいもありドキドキしました。 まあ動物です。 鳴き声の方へ向かうと鳴き声は止まりましたので。

ブロモ・ペルマイI ブロモ山のホテル 9

ブロモ山で1人肝試し。
ホテルの明かりが届かないホテル近辺で夜空は十分に楽しめます。
他人には、私には見えないし聞こえないのだが、陽が沈む頃から様々な物の怪が跋扈していそうでしょう、特に今のこの次元は、よって特に憑きやすい体質の方には、真似することを時にお勧めしません。

ブロモ・ペルマイI Bromo Permai I
住所: Jl. Raya Cemoro Lawang, Ngadisari
電話: (0335)541021

早朝、部屋に置かれているインスタントコーヒーやティーバックを作るための、お湯を各部屋前に置いてくれるサービスが有難かったです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2405-a934a5be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。