インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紛争が確実に続くコンゴ
現代は皆、特に民間で働く者達は生きるのに必死なので、日本人でもインフォメーションから更に一歩進んだインテリジェンスが必要な時代である。
こんな私でもインテリジェンスの前に必要とされる世界の様々な正確なインフォメーションの入手に努めるわけだが、アフリカに関しては手がまわらなく、疎い部分が多い。

ネットでニュースを見るとコンゴは紛争が続いており、悲しいかな多くの民間人を巻き込み、悲劇を起こしている紛争はまだこれからも確実に続くと断定出来てしまった。

もちろんコンゴの情勢は厳しいものがあり、ネットで少し調べただけでも、今後も紛争が確実に続きそうということは誰にでも判断がつく。
しかしながら今回は、何故コンゴでは今後も紛争が確実に続くと私的に断定できるのか、少々綴ってみたいと思う。

メールに綴られているCEOの名前を見ると、これはおそらく中国系欧米人だろう。
私の想像ではおそらく武器商人に若干近いイメージである。

私へは武器ではないのだが、無人航空機、軍用トラック、軍用ボート、通信機器、特殊なランドローバー等の全て軍事用の引き合いが来ている。

偽物や詐欺メールの可能性もあるが、何故そんなメールが私の元にやって来たか、理由は想像に易く、また私は今回の件に関しては照会出来る問い合わせ先があるので、おそらくその手のメールの可能性は低い。

私がアライアンスを組んでいる会社の先に米国の航空機会社があるのだが、今年に入り数回、その会社に中古のヘリコプターを探してもらっている。
もちろん民間用で軍事用ではない。

失注したが、最初に引き合い先へデータと取引条件をオファーした時は、さすが米国の航空機会社、素人が見ても綺麗にまとまっているビジネス書類だった。
その実績があるせいか、今も引き合いがあると、私にも話をもってきてくれる輸入販売会社がある。

その会社が先日大急ぎで欲しい中古のヘリがあり、これまで関連をもった会社全てのメルアドに覆面をかけ忘れ、送付。 その数、50以上になりそうなのだが、その中に私のメルアドも入っていた。

ほとんどが航空機専門の会社ないし欧米人名、あるいは中国系欧米人の名前の中にも関わらず、Masakiとあるのは少々目立ったのかもしれない。

問い合わせのあったヘリは前回同様のメーカーで、世界中で品薄、出物がでない状況と裏はとれている。
故障が少ないせいか、世界で信頼されており、今年3回問い合わせがあったのだが、全て同様のメーカーのヘリである。

あくまでも私の想像だが、私に軍用機材の引き合いを問い合わせてきた会社は、駄目もとで今回偶然に入手したメルアド=全社に問い合わせているか、私に関して問い合わせ「コイツ、何故か分からないけど米国の航空機会社と繋がっていて、問い合わせにはきちんと回答が来る奴だ」レベルの情報を得たのだと思う。

「中古の航空機やヘリの取り扱いなど危なくないの?」と思う方もいらっしゃると思うが、危ないのは裏取引や本格的な武器商人、死の商人のケースのみで、民間上での正式な取引は、双方が詐欺的方法を回避したり、リスクを追わないリーガルな取引方法が世界中で確立され適用されているので、心配はいらない。

ましてや私の立場はいい言い方をすれば「仲介人」、悪い言い方をすれば、というより日本人に印象の悪い言い方をすれば「ブローカー」で、お金を自社でハンドリングするわけではない。

上記では語弊もあると思うので、ついでなので、ブローカーに関して綴っておこう。
日本では悪いイメージが付きまとうブローカーだが、私的な意見を言わせてもらうと、それはバイヤーとセラー、双方にそこそこの信頼さえも築けていない人が多く、その仕事のほとんどがうまくいかないケースが多いからである。

私も人のことなどは言えるに及ばず、またこの人はブローカーとして凄いなと尊敬出来る人は、これまで出会った中でも非常に少ない。 凄いなと思える男の一人はブローカーというより大きな仕事をするコンサルである。
それではコンサルとブローカーの違いはあるかというと、実は大きな差がありそうで、あまりないというのが社会を見てきた私の実感である。 信頼を双方に持てているから、仲介=コンサルが出来る。

とりあえず見捨てず私が持って来た引き合いをフォローしてくれる会社。
具体的なビジネス=発注になっていなくても、問い合わせてくれる会社。
その双方が存在しなければブローカー的な仕事など絶対に上手くいかない。
そして仕事になった時に全ての利益配分がクリアーで、皆が幸せという状態が一番理想であり、その仕切りが上手く出来る人間が真の意味でブローカーである。
確かに怪しくお金にがめつい人々も多いのが現実の世界だが、それは「目先の金」しか見ていない、偽者が多く混じっているので、一般的にも誤解が多いのだと思っている。

さて、くどくど綴ったが、まあ単なる迷惑メールから派生したネタ。
他愛もないインフォメーションでさえインテリジェンスにも昇華する可能性があるという一例で綴ってみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コンゴ 反政府勢力ゴマ撤退 略奪、殺人… 戦闘逃れても不安続く

 反政府武装勢力「3月23日運動(M23)」が11月20日から一時制圧したアフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)東部の主要都市ゴマ。M23による略奪や殺人、性暴力が相次ぎ、市内や周辺は不穏な空気が漂う。東部は天然資源が豊富で、1990年代から隣国ルワンダなどが絡み紛争が繰り返されてきた。「いつ平和が来るのか」。戦闘を逃れた住民らは嘆いた。

 大量の機関銃やロケット弾、迫撃砲-。ゴマ周辺で見られたM23の数百人規模の戦闘員は、迷彩服姿で十分な武器を備えていた。周辺国の圧力を受けゴマ北方20キロ地点まで撤退したが、カザラマ報道官は「いつでもゴマに戻る用意がある」と強調する。

 ルワンダから武器供給を受けているとされるM23。コンゴ政府は否定するが、地元ジャーナリストは「過去の紛争と構図は同じ。ルワンダは資源利権や地域の覇権を狙っている」と指摘する。

 ≪食料・服・毛布 「平和が欲しい」≫

 「M23は政府軍施設から武器を多数奪った。軍幹部や市長の家も襲われ、何もかも略奪された」

 目撃した学生フローリー・クリムシさん(22)はこう明かした。国連平和維持活動(PKO)部隊の装甲車が警備していたが、武器略奪を止められなかったという。「国連部隊は何のためにゴマにいるのか」と憤った。
ゴマ中心部では略奪を恐れる多くの店が営業をやめていた。2002年に付近の火山が爆発、溶岩で破壊された建物が何軒も残され、舗装道路はごくわずか。断続的に長年続く紛争も影響し、開発は進んでいない。

 ゴマや近郊の町サケでは多くの住民が、M23メンバーによる複数の市民の銃殺を証言。地元の病院医師によると、M23メンバーによる性的暴行事件も20件近く報告された。

 電気技師のカンバレ・キテンゲさん(38)は「やつらは撤退後も私服姿で紛れ込んでくるかもしれない」と不安がる一方、「若者は働き口がないから、金を出すM23に参加している」と指摘。政府が貧困や失業問題に十分取り組んでいないと批判する。

 M23が今年4月に蜂起した後、ゴマ周辺に設置された複数の避難民キャンプには大勢の住民が押し寄せた。「激しい銃声や爆発音が怖く、何も持たず子供や孫と逃げた」。11月後半にサケを逃れたスクジュア・バルメさん(52)は疲れた顔を見せた。

 数年前に別の反政府勢力と政府軍の戦闘が激化した際に続き、避難民生活は2度目。「食料も服も毛布も必要」と訴え、「平和が欲しい」とため息をついた。(ゴマ 共同/SANKEI EXPRESS )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年12月10日 産経ニュース

怪我の功名か、メルアド登録してしまった会社へとりあえず闇雲に送っているのか、何だかしらんけど、問い合わせたこともない、問い合わせても絶対に相手にしてもらえない大手会社のCEOからもクリスマスカードが届いたので、思わず笑ってしまった。 誤って送ってきているのだろう。
一番お金もなく超小物なので、お願いだから勘違いしてくれるなと、全員へメールを返信しておくべきだろうかと考えないこともない。

弊社では女、子供、ドラック及び武器は扱っておりません。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2368-b472a1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。