インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンドゥック Tanduk 水牛の角
手工芸品の天国とも言えるインドネシア。

器用に様々な商品を創り上げる技術には脱帽することも多いのだが、そんな商品の中にタンドゥック Tanduk と呼ばれる水牛の角を使用した商品がある。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 4

水牛は田を耕すのに使用されているので、水牛の角も手工芸品に使用され、現地ではタンドゥック Tandukと呼ばれている。

Tandukは日本語で「角」を意味するインドネシア語である。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 5

ただしタンドゥック Tandukはその角の形も影響し、どちらかというとこてこての民芸品になってしまう。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 9

こちらは見られた方も少ないだろう。 角の中身で骨にあたる部分です。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 7

タンドゥック Tandukを使用した手工芸品はインドネシアの文化の一つでもあるので、政府も若干テコ入れしている時もあるようだが、苦戦しているメーカーがほとんどで、消えていく文化の一つともとれないことはない。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 1

民芸品と思う人が多いだろうが、ある意味、芸術作品でもあるのだが…。

実用的な商品を考え出すのも非常に難しい素材である。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 3

過去にはバッグの本体と手提げのコネクション部分の素材に使用してヒットさせたことがある。 都市部ではないブティック1店舗で年間200個以上売れたので、ヒット商品と呼んでもいいだろう。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 2

とっとと老後の資金を作りあげて、誰かにそういったインドネシアの商品を趣味で販売させるのも悪くないかと思わないこともない。 いや、やるなら過去の自身への復讐の一環として、競合しそうな会社を全滅させる価格帯で始めるのも悪くないなあという考えも頭に浮かばないこともない。 しかし勝つのが分かっている勝負は、弱い者いじめみたいで面白くねえなあと、全く反対の考えが邪な考えを打ち消しもする。
まあともかく今はくだらん想像よりも老後資金、宝くじ案件を当たりくじにするのが先だろう。
ビジネスに2等3等があれば、既にそこそこの身分なのだが、残念ながらビジネスには1等しか意味がない(泣)。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 6

タンドゥックメーカーの様な本当に小さな手工芸品メーカーを訪問すると、若干コストがかかってしまう。
見学に行くと、お店の皆が商品を購入することを期待するので、その視線が痛く、結果、インドネシアの文化保存に僅かばかりだが気持ちでご協力差し上げることになってしまう。

私は趣味ではないので購入しないが、タンドゥックメーカーは過去にべっ甲細工を生産していたところもあり、べっ甲の商品も見受けられるケースもある。
べっ甲はワシントン条約で貿易が禁止されている商品です。

タンドゥック Tanduk 水牛の角 8

タンドゥックはインドネシア国内での販売も厳しいと思われるが、中近東辺りではそこそこビジネスになったりするケースはあるようだ。 展示会に出展し、即売しているメーカーは存在する。
ヨーロッパでは髪をとかすのにいいという評判もあるようで、少ないとはいえ知っている人は知っている。

日本では小さなフクロウの置物をベトナムで作らせて輸入・卸販売している会社が存在する。
手工芸品とはいえ、日本規格でいくつ作らせてもほぼ同じものという点では、ベトナムのメーカーの方が品質は上です。 インドネシアはほぼ100%手製の商品になってしまうのだが、ベトナムは若干機械投資がされているので、その品質の差は大違い。 インドネシア産は日本の品質基準には非常に厳しい。

さて、僅かとはいえ、タンドゥック Tanduk、インドネシアの文化保存にご協力差し上げた結果の商品を読者プレゼントにしますので、果たして欲しがる方がいらっしゃるかはさておいて、欲しい方がいれば遠慮なく応募下さい。

この後アップします。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシアの製品・商材 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2364-f00df2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。