インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵画で目と心を清める 奇譚篇
友人の誰もが「似合わねー」というが、絵画鑑賞は好きな方です。
物言わねど美しい絵画は目と心を清めるのに役立ちます。

両親が絵画や美術品の鑑賞がそこそこ好きで、見ても価値の分からない子供の頃から美術館に連れられるということがあったので、そんな幼少時からの積み重ねが現在の私の趣味の一つと化したのでしょう。

先日3連休最終日は初対面の男性といつもの友人、若い衆で、絵画ではなかったが、東京美術館で「出雲」特別展を見学後、温泉、飲みでした。

出雲 心御柱 3

「出雲」特別展は素晴らしい展示でしたが、日本の怪しい謎を追う者としては、大きなヒントがあったような、なかったような。
島根、荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡出土の銅鐸、銅剣の展示は素晴らしく、この2つの遺跡は古代日本を読み解く上でも、アカデミズム上でも、非常に重要な発見です。

荒神谷と加茂岩倉なんて地名も好奇心をくすぐります。
日本の地名は非常に謂れが深く、古代日本には神の神託を受ける預言者でも存在したのだろうか、太古の時代に様々な事象と縁があって名付けられた地名が多そうだというのが、私の感想である。
神の戸、神戸が経験したことを思い出すと、今は水の戸近郊は多くの日本人が気になる場所である。
調度1年前位に訪問したのが戸隠神社と皆神山なのだが、戸隠はお隠れになった方に関係した祭神を祀り、また皆神山は戦争末期、皇族を守り匿う予定地だったことまで関係ないが思い出す。

出雲の国譲りの物語とそれに関連する宝物などから、何か古代日本に関してインスピレーションが湧かないかと思い「出雲」特別展へ足を運んだ次第です。

ニコライ・レーリッヒ(1874-1947年)。
画家としてこの名前はあまり聞かないでしょう。

ニコライ・レーリッヒ 2

ニコライ・レーリッヒはロシア・ペテルブルグ生まれの画家。
神秘主義者であり、理想郷シャンバラを探し求めチベットや中央アジア一帯を探索した探検家でもある。
ニコライ・レーリッヒはチベットの禁足地にも入り込んだという説があり、画家としてはシャンバラを描いたと思われる神秘的なものが少なくない。

ニコライ・レーリッヒ 4

シャンバラは人間の空想上の場所、理想郷と言われているが、釈迦やダライラマはその場所を言及しているとも言われる。
オカルト主義とも言われるナチス・ドイツとヒトラーがシャンバラを探していたのは有名な話でもある。 それ故にシャンバラなどという単語を吐くと、現代社会では頭のおかしい奴と思われる可能性もあるだろう。

ニコライ・レーリッヒ 1

飲み会では出雲の心御柱とシャンバラの聖印は何故か同じ形象だと言う怪しい話をしていたなあ。

出雲 心御柱 2

出雲の心御柱や今回展示されていた宇豆柱は3本で1組。

出雲 心御柱 1

ニコライ・レーリッヒの神秘的な絵画はニコライ・レーリッヒ美術館のサイトで堪能可能です。

ニコライ・レーリッヒ 5

人間が想像する形象は時代と場所を変え、再び甦るともとれないことはないが。

ニコライ・レーリッヒ 3


さて約束通りに著名画家達の絵画の紹介をしたかったのだが、PDFからブログアップ用のJPEGへ変換するとサイズが小さくなりすぎて鑑賞に堪えない。
残念ながらギブアップです。

アップできなかった手元に来ている絵画資料は

・クロード・モネ(Claude Monet, 1840年11月14日 - 1926年12月5日) 印象派を代表するフランスの画家。

・アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 - 1954年11月3日) フランスの画家。フォーヴィスム(野獣派)のリーダ-的存在。

・ジャコブ・カミーユ・ピサロ(Jacob Camille Pissarro, 1830年7月10日 - 1903年11月13日) 19世紀フランスの印象派の画家。

・ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir、1841年2月25日 - 1919年12月3日) フランスの印象派の画家である。

・モーリス(モリス)・ド・ヴラマンク(Maurice de Vlaminck, 1876年4月4日 - 1958年10月11日) フォーヴィスム(野獣派)に分類される19世紀末~20世紀のフランスの画家。

の作品、全部で6点。

私は絵画鑑賞が好きといっても、絵画や画家に関しては勉強したことがないので、全く詳しくないです。
上記の画家説明は全てWikipediaからの抜粋。

保管は全て日本国内。
6点まとめて売却がセラーさんの意向です。
価格は詳しく綴れませんが6点まとめて10億円以上。
ブログ右下メールフォームよりご連絡を頂きましたら、取引手順と取引条件等の情報を提供をいたします。

セラーの方の趣味、私に似ている。
お金があったら俺が買ってしまいたい。
私はフォーヴィスムも好きなのだが、おっさんになってくると増々、印象派が描く自然の風景は温かみとわびさびがあり、心に優しくていいです。

約束した絵画をアップ出来なかったので、お詫びの代わりに私の秘蔵資料をアップ致します。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

テーマ:日本の旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2343-6f63858d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。