インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドン近郊でM5.8の地震
11月1日、現地時間21時12分ごろ。
バンドン近郊、バンドンから約16キロ、チマヒから約7キロ、パダラランから3キロの地点を震源としたM5.8の地震の地震が発生しました。

バンドン近郊でM5.8の地震 1

震源の深さは約138.8キロ。 かなり深いところです。
内陸での地震です。

私は南ジャカルタに近い所にいますが、特に揺れは感じませんでした。

地図をご覧になっていただければ一目瞭然。
インドネシアも日本同様に地震に関しては綱渡り状態が続いています。

バンドン近郊でM5.8の地震 3

スマトラ沖、バリ島沖、フローレス沖、スンバワ沖、イリアンジャヤ、パプアは特に引き続き注意が必要だと思っています。
インドネシアは全土で火山が活性化していますし、バンドン近郊の火山、タンクバンプラフも噴火懸念ありです。

今回バンドン近郊の内陸部での地震は他の断層を刺激しないかなど、少々気になっています。

日本はまだ大丈夫だと思いますが、この1週間小さな地震は少なくありませんし、環太平洋はカナダを含め大きな地震がM5前後の地震も少なくありません。

バンドン近郊でM5.8の地震 2

ストレスにならないレベルで日々の防災意識を強め、それが通常の状態になれば、有事の際に役立つはずです。

全ての環太平洋国の海沿い、その他海に面した国々とエリアは地震と津波、高潮への警戒をこれまで以上に強め始めておくべきでしょう。

何度か過去に綴った様に、ハリケーンや竜巻は巨大化し、発生しないような場所で発生。
豪雨、洪水の増加。 旱魃。 熱波と寒波。
南極と北極、グリーンランドの氷河の融解。
世界の異常気象や事象をニュースで息抜きレベルで見ていても、「何年ぶり、数百年ぶり、これまで発生しなかった場所で」という記述が非常に多いです。

ある意味、地球の変動期と言ってもおかしくない状況です。
好意でリークなのか、悪意の刷り込みのためのリークなのかは分かりませんが、米国は映画
「The Day After Tomorrow」や「2012」「Knowing」で先行して知らせていましたね。

今個人的に気になっているのは、バリアーを減少させている地球が受ける宇宙線(高エネルギーの放射線)とそれが人体に与える影響。

2013年も引き続きそういった天変地異や異常現象が、世界中で続き強まると思いますので、どこにいても正確な情報と防災術の入手を怠ることなくご注意下さい。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:世界の天変地異 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2308-658fd43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。