インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店
インドネシアは北朝鮮と国交がある。

それ故にジェンスキーさんと曽我ひとみさんの再会は、インドネシアの首都ジャカルタにて行われた。

日本人には認識されていないが、北朝鮮は2011年の時点で162ヵ国と国交がある。
北朝鮮を国家承認しておらず、国交のない国は、日本、米国、イスラエル、フランス、韓国、エストニアなど。 こうして見ることだけでも世界の外交と相関が想像出来るというものである。

平壌館 Pyong yang Restaurantはジャカルタにある朝鮮料理店。
平壌館は以前より存在は知っており、避けていたわけでもないのだが、日本人よりはるかにインドネシア滞在者数の多い韓国の人が経営する焼肉屋も美味い店が多い。
そんなわけでこれまでPyong yang Restaurantを訪れたことはなかった。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 1

平壌館 Pyong yang Restaurantはまた、喜び組がいるという噂があった。
通常ならすぐにでも噂を確認しにいくところだが、それもあまり興味の対象にはならなかった。 下世話な話、マスメディアの影響もあり、喜び組=将軍様にやられちゃった女性と思ってしまいそうで、それ故に好奇心の対象から大きくズレた。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 2

反面、喜び組の実態は謎に包まれており、存在そのものが疑問視されてもいることも認識はしている。

さて平壌館 Pyong yang Restaurantの初体験。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 3

歌謡の宴が行なわれるのは耳にしていたが、基本的に従業員はインドネシア人だと思っていた。 ドアを開くと民族衣装を着た北朝鮮のおねーさんが挨拶をしてきたので、少々面食らった。 インドネシア語での対応だった。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 4

席に案内され友人達を待つ間、店内を見回すもインドネシア人らしき従業員は皆無。
好みはあるだろうが、おねーさん達は肌も綺麗で美しい人が多い。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 5

「う~む、世界の外交官や政治家にはこのようなハニートラップが待ち構えているのか。 …羨ましい。 しかし女ごときで国の政事を誤るわけにはいかん。 そうなると政治家や外交官には相当なる強固な意志や信念が必要だということだ。
しかしながら、酒が入ると乱れても、女にあまり興味が向かなくなる俺には向いている職業ではないか? いやいや、乱れたり、暴言が多い俺は、相手国と開戦直前ならまだしも、やはり向いているとはとても思えん。 ましてや自由が限られるなんて、高貴な生き方は無理、無理」

平壌館 Pyong yang Restaurantでの友人を待つ時間内だけでも、様々な妄想や想像が頭の中を駆け巡った。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 6

肝心の平壌館の味。
様々な料理を注文したが、私にはとっても美味しかった。
味は堪能できます。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 7

ドングリで作った酒。
日本ではもちろん飲めないようだが、味と香りがイタリアのグラッパに似ている。
飲み過ぎに注意である。 私はその後、酔っぱらって暴走していたので、翌日友人に怒られました(笑)。

20時になると、喜び組でかつウエイトレスをしているおねーさん達の民族歌謡ショー。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 9

ここでは綴らないが、北朝鮮という国の体制に思うところはあっても、そこに住む人々と文化には興味はある。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 8

多くの本国の人々は口に出来ていないことをスマンと少々思いつつ、北朝鮮の食を味わい、異文化を垣間見るという意味ではお勧めのレストランである。

平壌館 Pyong yang Restaurant 喜び組の朝鮮料理店 10

平壌館 Pyong yang Restaurant
住所: Jl. Gandaria 1/58, Kebayoran baru
電話: (021) 72800889

ご興味ある方はお試しを!



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2303-6759f16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。