インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジラの座礁 東ヌサ・トゥンガラ州
10月2日、東ヌサ・トゥンガラ州のサブ島の海岸で、40頭以上(紙面によって41~44頭の記載)のゴンドウクジラの死体が発見された。

クジラの座礁 東ヌサ・トゥンガラ州

クジラの座礁は科学的根拠はなく、いまだに解明されていないが、地震の前ぶれとも言われる。
それは地震の前にナマズが暴れると言うものと同じ理論である。

クジラは位置確認に地磁気を利用していると考えられている。
クジラやイルカ、ナマズやいくつかの魚(アジ)は、人間が感知することの出来ない微力な電磁場を感じる能力を持っている。
よってクジラが地磁気の変化の影響を受けて、座礁する可能性もあることから生まれた説である。

大地震の前にプレートや岩盤に圧力がかかってヒビが入ることで電流が発生し、地磁気が変化することがある。この地磁気の変化がクジラの方向感覚を狂わせ、座礁させるという理論である。

科学的には証明されていない。

ただし
・2011年2月20日 ニュージーランドのスチュアート島でゴンドウクジラ107頭が座礁
・2011年3月4日茨城県の下津海岸でクジラ52頭が座礁
という事例も存在する。

インドネシアはスマトラ沖が落ち着きをみせず、M5.7がブログアップ数時間前にも発生している。
また以前綴った様に、バリ島沖地震2010±2年、フローレス島は2014年±2年にM7.2~7.9の地震の目が地震予知で有名な琉球大学の木村政昭名誉教授に指摘されている。

インドネシアは日本共々、引き続き地震に要注意です。

ちなみにフローレス島は東ヌサ・トゥンガラ州です。

話が飛ぶが、ところかわって北イタリア、M4.4。
あの国ももまだまだ揺れるでしょう。

地震発生は予測不可能と言われるが、科学的に証明されていない動物たちの宏観異常現象は、注意喚起の一つとして受け止めてもいいのではと考えている。 何も起きなければ幸いだし、そう考えれば座礁して死んでしまったクジラも少しはうかばれるだろう。 死んでしまうなら一層のこと食べてしまいたかったが


今回はゴンドウクジラということで、「コンドウです」と、まともな会社での講演も終了したことだし、久しぶりに羽目をはずして、またこの文を読んで怖いと思った人々の恐れを失くす意図もあり、ゴムの馬鹿ネタにしようとも考えたのだが、やはり綴っていたらそういう流れにはならなくなった。

用意しておいた映像のみアップします。



コカコーラ、メントス8個、コンドーさんで楽しめるようです。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:世界の天変地異 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2269-327bf38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。