インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓
ソトを食べた後、向かった先はイモギリ。
イモギリはジョグジャカルタの王家の墓のある場所で観光スポットの一つである。
特別な何かがあるという訳ではない。
マタラム王朝の歴代の王が眠っている場所である。

イモギリは丘の上にある。
先ずはその丘の上までの階段をクリアーする必要がある。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 1

階段は人によって数が異なると言われ、伝説の一つになっている。
種明かしは簡単である。
皆、登っていることに気をとられ、数を数え間違うことが伝説に繋がった。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 2

「おい、俺より若いお前らがへばってどうすんだ? 普段の運動、たりてねーぞ!」と笑いながら冗談。
エンドロとエディはヒィヒィ言っていた。

階段の数は345段。
私とエンドロ、エディは数え間違うことはなかった。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 3

ジョグジャカルタの王家の墓には1645年以降のスルタンの墓がある。
マタラム王朝の王、スルタン・ハンク・ヴゥォノ1世から9世、その妃、また周辺には王族達がこの地で眠っている。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 4

イモギリのそれら王様の墓は入場できる日が決まっており、私達が訪問した日は閉鎖されている日であった。

王家の墓を護るおじいさん。
何か年輪の深さがとてもいい感じ。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 6

ただしお歳のせいか、ジャワ語使用だったせいか、私には何を言っているかさっぱり分からなかった。 「ここの水を飲むと健康にいい」ようなことを言っていたそうだ。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 7

「大丈夫かよ」と思いつつ、こんな味のある齢を召された爺様に言われると断るわけにもいかず、調度喉も乾いたので一杯。 腹を壊すことはありませんでした。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 5

「せっかく来たのに王家の墓、見たかったなあ」
何度か呟き、周辺探索。
この時点で墓を見学できる確信が生まれていた。

写真では判断付かないが、物凄く年輪を重ねた太い木が近くに存在していた。
日本の神社も然り、霊や神気が寄りやすい場所は、必ずご神木が存在するが、所を変えてジョグジャカルタでも同様なんだななどと思っていると、確信どおり、先程とは異なるが王家の墓を護る別の爺様から声が掛かった。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 8

「鍵の所有者が近くに来ているけど、どうしてもお墓を見たいかい?」
旅で訪問する場所は一期一会のケースも多いので、このチャンスを逃すわけがない。

本来なら王家の墓への門は閉ざされている日。
眠っている霊たちに失礼のないように、捧げるためのお花とお線香を購入。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 11

入場するには着替えも必要である。
服は少々かび臭かったけど致し方あるまい。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 12

供養にお線香。
日本と同じであることが非常に興味深い。
霊体は微粒子、目に見えない細かい磁気や煙のような存在だと思うので、供養に煙の出る、元々は香木が材料でもあるお線香を使用すると言うのは実に理にかなっている気がするのだが、ジョグジャカルタの王室でも使用していたとは意外だった。

先祖や亡くなった者達を大事に思う気持ちと供養。
これが続いてきたから、他は没落したにも関わらず、ジョグジャカルタの王朝はまだ継続出来ているのではないかとフト思った。

お線香と道教。
道教の館 メダンの大富豪 テジョン・ア・フィーの邸宅を思い出す。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 9

王様と妃、王族たちのお墓内は門をくぐったとろこから写真は禁止。
よって中の写真はないが、屋根のついた家のような建物の中にこんな形のお墓が大理石で作られ祀られている。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 13

その家族と思われるもの達の墓は王様が眠る建物の周りに建てられている。

建物の前にお線香を立て、火を付ける。
建物の中にある王様の墓は、入り口が非常に狭く、頭をぶつけないように注意が必要。
そして用意したお花を墓石の上に捧げる。

ここまで訪問したのは初めてだという、私同様に冗談好きなエンドロも「俺らジャワ出身の者達には大事なご先祖様だから」と非常に神妙にしていた。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 10

日本人の私には他民族のお墓だろと思う人もいるかもしれないが、アダムとイブの創世記の話はさておいても、人類には始祖があり、そこから派生したことは間違いないだろう。
ただでさえ現在生きている私の背後には凄まじい数のご先祖様が存在し、辿っていくと一つの方向に収斂されていく。 人類を辿っていくとそうなるのであれば、人類皆兄弟で、どんな霊にも感謝や情を向けてもバチが当たるものではない。

ただでさえジョグジャカルタと巨大な仏教遺跡 ボロブドゥールは多大なる影響を私の人生に及ぼした。
何かと訪問機会が多いジョグジャカルタ。 何か強い縁でもあるのだろうとつくづく感じているので、歴代の王様と妃へ感謝の気持ちを込めて、手を合わさせてもらった。

帰りの階段を降りている時。
ヘビを見かけた。

イモギリ ジョグジャカルタの王家の墓 14

「これが行きだったら、お墓訪問は止めたかもしれない」とエンドロ。

「何で?」と尋ねると、「行きにヘビに出会ったら、訪問を拒んでいる。 お墓で祈った帰りなら、訪問をむしろ歓迎してくれた証拠」と返ってきた。

日本にもそんな話や伝説は山ほどあるが、イスラム教の中で生き続けるインドネシアの道教や精霊信仰は、日本のそれに似通っている話も多く、私の知的好奇心を刺激し続ける。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

こんにちは!
正装がよくお似合いですね!

今生きている人々は沢山のご先祖様から命を受け継いで、これからも次へと引き継がれて行きます。

見えないけれど過去や未来を見つめることで、人類の知恵はいっそう生かされるのかも、と考えております。
[2012/09/05 16:06] URL | そんけっと #5Q1fTanw [ 編集 ]

コメント感謝です
こんにちは。
ご無沙汰です。

> 見えないけれど過去や未来を見つめることで、人類の知恵はいっそう生かされるのかも、と考えております。

目で見えないものや科学的に証明できていないことを信じない人が多いのは理解できるのですが、それでは神社仏閣は無用の長物かと言えばそうでない日本。 
先人たちの知性や知世は道教、陰陽道、密教、カバラなど言葉を変え、隅々に行きわたっていることに気が付いていない人が多い日本人。 非常に興味深いです。

反面、科学者が地球上で科学的に証明・解明できている事象は10%に満たないと認識している学者が多いのも面白いですね。

まあ私のような変人は死後の世界や魂の世界があるかないか、この次元から消えた直後からの楽しみもあるので、死に甲斐さえもあるのが楽でいいです(笑)。

コメント、有難うございました。

[2012/09/06 01:30] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2253-fc17cfab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。