インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代々木公園の「さよなら原発集会」に17万人
昨日16日、猛暑の中、代々木公園で脱原発運動の最大規模のデモが行われた。

主催者の発表では17万人が集結。
警察当局の発表では約75,000人が参加。
当局が正式な数を発表したくないのは馬鹿でも理解するが、いくら小さく発表したくても10万人近くの誤差はまずいでしょう。

さすがにマスコミも17万のデモと綴っているところがほとんどの様だ。
デモがNHKの隣で行われたというのも非常に効果的なデモであり、USTREAMで山本太郎氏が言及していたように、どの程度、放送したかでも国民が信用すべきメディアなのかを問われることになる。 今後、増々風当たりが強くなることは否定できない。

日本の未来とそこに誕生し生活する生命を真剣に考える若者達も増え動き始めている。

日本は世界の雛形でもある国だと思っているので、ここで日本が変わらないと世界の未来も見えなくなるような気もするのだが、中は原発問題、外は経済・金融問題、そして世界中、天変地異という、最終的に地球と太陽の有様が多くの人々の心を改心させる方向に持っていくのかもしれない。
このまま進むと、世界のどこかの原発(日本の可能性もある)が電源喪失で、福島同様の惨事を起こす可能性は非常に高いと考える。
世界の気候や天変地異の記事を見ていると、人類の行方は本当に瀬戸際の状態なのだが、間に合うのだろうかと思う時もなくはない。

16日は野田はいじめを受けていた大津市の中学2年男子生徒の自殺についてテレビで言及。

「尊い命が失われて誠に残念。本当に痛ましい事件だ」
いじめ問題の解決に向けてメッセージを発表し、「いじめている子、いじめられている子がいると分かったなら、見て見ぬふりをしないこと。これが一番大事なことです」と訴えたそうだ。

また、いじめを受けている子どもには、「あなたは1人ではありません。あなたを守ろうという人は必ずいます。それを信じてお父さん、お母さん、先生、友だち、誰でもよいから相談してください」と呼び掛けたそうな。

見て見ぬふりをしないこと。
そんなセリフがよく出るものだ。

野田 竜平
例え僅かな人々でも笑いで人を救う竜ちゃんの方がマシ?

「いじめている子、いじめられている子がいると分かったなら、見て見ぬふりをしないこと。これが一番大事なことです。 ただし、我々は電力会社をいじめている子がいると分かったら、容赦しないか無視します。 被災地及び福島と日本国民の惨状は見て見ぬふりをしていますが、それは大きな利権が絡んでいるので、イジメの問題とは全く次元が異なります。」

また、反原発のデモを行う人々には、「原発は一基ではありません。原発を守ろうという人は必ずいます。それを信じて政府、原子力安全・保安院、御用学者、誰でもよいから相談し、目先は安心しておいてください」と呼び掛けた ってこんな感じかな。

発言を目にした時、そういう風にとれてしまった。

インドネシアの位置を見ると、この資料、大丈夫かよ?と懐疑的にもなるのだが、「政府の信頼度と国をリードする政治家の能力の相関」図です。

政府の信頼度と国をリードする政治家の能力の相関
クリックで拡大可能

インドネシアはともかく、日本のポジション。
日本に関しては、間違いはないようです。

特筆すべき点として、公務員天国で国が潰れたギリシャに近い日本のポジションはもう笑うしかありません。

で、国が見落しの疑いがあるニュースです。
北陸電力志賀原子力発電所1号機(石川県)の原子炉建屋直下に活断層がある可能性が、経済産業省原子力安全・保安院の調査で分かったそうです。

原発は稼働を停めても冷却し続けないとどうにもならないので、稼働を停めるだけでは意味はなく(デモが無駄と言う意味ではないので誤解なきように)、お金を食い続ける。 またかなりの危険と技術を必要とする廃炉にする計算をすると、元々原発は負の遺産でしかなかったのだろう。

心ある国民 VS 政府(政治家と官僚)、財界、御用学者、マスコミ
もちろん国民サイドにいない人でも、心ある人々は多い筈だが、そこは経済による縛りと支配で、生活=家族を人質にされている人も多く、国民サイドもそれは然り。
やはり自然=天が国民サイドに味方する最終兵器の役割になるのか、だとしたら悲劇がまだ人類を襲いそうだなと、最近は頭を掠めることもしばしばである。

私の妄想はさておいても、天の声、地球の慟哭が次々に発せられているのに、聞こえない人、まだまだ多そうだよなあ。 特に政府と役人に。

学びの場を教室からだけではなく自然からも学ぶ教育に戻せば、現在世界が抱えているかなりの問題が解決すると思われもするのだが、もう時間がかなり厳しいかな。 そうも悲観していられないので、気が付いた人から少しでも改心、改善していくしかないのだろう。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:海外にて日本を考える - ジャンル:海外情報

コメント
体験談有難うございました
貴重な経験談、有難うございました。

辛かった記憶が深く心の傷跡になっているようですし、ある意味、過去にさかのぼった告発ともとれますが、ここは個人名出して恨み、つらみ、復讐を叫ぶ場所ではありません。
とはいえ、文中にて、私も日本の首相を揶揄しているので、人のことを言えた柄ではありませんが。

年齢は私より3歳下ですね。

お分かりだと思いますが、長い期間の恨みと復讐する気持ちは負の連鎖しか生みません。
深くあなたを傷つけた人々を赦すのは容易ではないことは理解できますし、努力しても忘れられないかもしれませんが、それではこれからの世界でますます傷つくことが起きないか心配です。

しかしながら、コメントをそのままにするわけにはいかず、削除させて頂きますが、あなたを完全否定したわけでもないので、ご理解、ご了承願います。 また実名入りで、恨みつらみを再び綴ってきた場合も、同様の措置をとります。

これからのあなたに楽しいことがたくさん起き、復讐心が少しでも溶かされることを祈念しています。

[2012/07/18 03:03] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2197-be073584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。