インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密漁への牽制 中国漁船監視で4国海軍連携
インドネシアは島国なので、その海域がとてつもなく広い。
海域が広いということは、海産物の宝庫でもある。

温かい国の魚は美味しくないと思われがちだが、決してそんなことはない。
黒潮に揉まれた魚はかなり美味い。
日本向けにもいける魚は多く、あまり知られていないだけである。
そして漁を行った後の船上や陸揚げ後の冷凍・保管設備が整っていないだけで、それさえ整えば日本を含めた海外に輸出できる魚は多い。
そのことに気が付いた日系の会社が設備を整えているという話も耳にする。

中国漁船の違法操業が目立つ昨今。
密漁とそれに協力する人は以前より存在していた。

小さな島を借りて生簀をつくる。
漁師から生きた魚を安く買い占める。
インドネシアでは食べない魚も漁中に引っ掛かるので、価格は叩き放題。
生簀が魚で一杯になってくると、香港へ打診する。
しばらくすると闇にまぎれて中国船がやってくる。

売り手サイドはナポレオンフィッシュを大量に持っていると高価で取引が出来た。
ナポレオンフィッシュは中国では食べると長寿になると言われ、高額な魚である。
そうしてナポレオンフィッシュは数を激減させた。

そんな話を知る前に、知らずにナポレオンフィッシュを刺身で食べたことがある。
あの魚、刺身でも食べることが出来て、白身が結構美味いのです。

取引後、香港から送金。
ただしそんな取引方法が長く続くわけがなく、もっと数量を増やせ、増やせと指示が出て、大量に中国船が魚を持ち帰った後、ある日突然送金されなくなるというパターンである。

綴った話は10年以上前の話である。
後日諸々知ったのだが、やっていた本人から聞いた話である。
そんな人とはあまり懇意にしていたくないので、私は自然と縁遠くなった。
完全に足は洗っていたのだが、もとヤー公だったし。 でも憎めない感じの私には優しいおっさんでした。
また風のうわさでは本人はお亡くなりになっているので、ここで綴って当局が動いても、最早捕まる人は誰もいないので、過去の密漁方法の一部を今回紹介した。

当時はまだのんびりしていたというか、緩かったんだなとつくづく思う時代の話である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インドネシア海域、中国漁船監視で4国海軍連携

 南シナ海にあるインドネシア・ナトゥナ諸島の周辺海域で、同国とフィリピン、ベトナム、ブルネイの4か国の海軍が連携パトロールを検討していることが12日、わかった。

 同海域の一部の領有権を主張する中国による漁船の「違法操業」などを監視し、南シナ海での中国の覇権拡大に対抗する狙いがある。

 インドネシア国軍筋によると、各国はこれまでも、自国が主張する排他的経済水域(EEZ)で個別にパトロールを実施。連携パトロールは、各国海軍の艦艇が無線で情報を交換して行動を調整し、哨戒の効果を上げる。実施時期は未定だが、「なるべく早期に始めたい」としている。

 ナトゥナ海域では、4か国などがEEZを設定しているのに加え、中国も一部海域の領有権を主張し、中国漁業局の武装監視船を伴った漁船団が「違法操業」を何度も強行。2010年6月には、インドネシアが中国の漁船団を拿捕したところ、武装監視船2隻が解放を要求、にらみ合いの末にインドネシアが解放に応じたこともある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年6月12日 読売新聞

インドネシア経済は華僑が7割以上を握っている。
そんなこともあり、近年は中国との経済協力が進んでいるが、あの国に対し、牽制も忘れてはいない。

争いごとは誰も望んでいなくても、他国が意識的に攻めてくる場合、表面上だけでもそれに対する防衛や国家として反発する姿勢は外交上でも非常に重要である。

さてさて日本はどうでしょう。

国を攻めるには方法はいくらでも存在する。

話が変わるが、親日的と言われているインドネシア。
その国で使用される歴史の教科書。
日本の然るべき部署にいる役人達が既に認識しているのならいいのだが、知っていても得意の容認かな。
注意が必要です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2148-0eec47a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【密漁への牽制 中国漁船監視で4国海軍連携】

インドネシアは島国なので、その海域がとてつもなく広い。海域が広いということは、海産物の宝庫でもある。温かい国の魚は美味しくないと思われがちだが、決してそんなことはない。黒潮に揉まれた魚はかなり美味い。日本向けにもいける魚は多く、あまり知られていないだけ...
[2012/06/18 17:08] まとめwoネタ速neo

東京都の第一信用総合調査では全額返金解決でのサポート体制で望んでいます!

【高額】でリンクしました!トラックバック失礼します!競馬の詐欺被害が後を絶ちません。ご相談は無料で受付しております!
[2012/06/20 04:23] 競馬予想詐欺業者の恐ろしいシステム手口!

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。