インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日ゆえに寄り道後、伊勢へ
8日は個人的には非常に楽しい飲み会になりました。

日本の裏側の一部がどうなっており、そこで儲ける会社、政治家、公務員という大きな括りでなく、主には官僚や上級公務員になるのでしょうが、どのようにいい加減でかつインチキな方法で、国を成り立たせているか良く理解出来ました。

復興で付いた予算でボロ儲けしている会社があるのは真実です。
そして現場に出入りしている方から聞いた福島の現状。

このブログは自由に書けることが最大の武器なので、全てをオープンに綴りたいところも山々ですが、今回もあえて綴りません。 別に国家からブログを閉鎖されても私は何も困らないので、綴ってもいいのですが、そんなことより困っている方々の実を取る算段の方が余程大事なので、そういう理由で綴りません。

さて本日。
45年前の本日か明日、または数日後、私は小さくマスメディアに取り上げられました。

実は駅のホームで殴り合いをして、電車を停めたことがあります。
それは本当なのだが、45年前の本日より17年数ヶ月後の出来事です。
まあ相手が誘った祭りに参加してやっただけなので、大したことではありません。

そして最近、妙に怒らなくなったのだが、先々週久々にブチ切れました。
単に喧嘩になりそうな2人を止めただけなのですが、立ち上がって
「テメーら、いいかげんにしろよ、この野郎」
と怒鳴ったら事態は収拾しました。
もちろん、そこまで言い切るからにはどちらか片方でもつっかかってきたら、殴り倒すつもりでの行動です。

陽が登りラーメン屋に向かう途中

「俺よ、最近気が付いたんだけど、世の中は想像以上に臆病者が多い。 ツパッていても独りで戦う気概のある野郎は限りなくすくね~」という台詞をほざきました。

「最近気が付いた?
お前な、世の中でどれだけの人(男)が、お前みたいに感じたままをそのまま口にして、やりたいことをやろうとしていると思っているの?」

「半分以上はいるだろう」

「いるわけねーだろ。 今の日本には一割いねえかもしれねーよ」

「それじゃ、世の中はロボットみたいなクダラねー野郎だらけじゃねーか!」

「みんな、おどおどしながら、まわりの様子を見ながら生きているのが実態だよ。 お前が分かっていないだけ」

8日の飲み会。

様々な話を聞いていて、私なりの結論としては「本当の意味での男がいなくなったから日本が駄目になった」という台詞を吐いた。 私がそんな意味での男とは毛頭も思っていない。

皆、今の閉塞感をどうにかしたいと思っている人々なので、思い切った異論はなかったが、最近やたら面倒を見てくれる大手企業の部長に言われた。

「だから色んな案件や人を君に紹介しているんだよ。 大手でも会社に振ったら、仕事になりそうな時に、もう話が遅いのが今の日本だ。 君は面白そうだと自身で思ったら、すぐに動くから、紹介しがいがあるんだよ。 今の若い人にそうしても、責任取らず、それで上に上がれる社会システムだから、むしろ何もしたくない人ばかり」

「今の若い人には理解不能があなた」

「じゃ、俺、絶滅危惧種じゃないですか?」

皆、大笑いしてくれた。

絶滅危惧種はパンダと同じなので、日本人のねーちゃん、もっと大事に扱って下さい(笑)。

マスコミに誕生を報告されても、凄く裕福な家庭にいたわけでもなく、自由業の両親は共働きでやりくりしてたし、躾は非常に厳しかったです。 おそらく私が使用する言葉は悪くても、そんな気遣いの部分が年配の方々には通じているのかもしれません。

好奇心が強いので、そんなに楽な人生を送ってきたわけでもありません。
事業でも学びながら苦労だらけ。
死んじまった方が楽かもという、自業自得の辛い思いも普通の人より多く経験したと思います。

それでも生きているから感謝出来るこの瞬間。

科学で言えば精子と卵子の単なる結びつきですが、私からすれば、その瞬間からも奇跡の連続で、まだ生きていることも奇跡の連続と思えてしまうのです。
受精卵が我々の常識である人間の形態になる変化は、当たり前と言えば当然ですが、奇跡に思えるのです。

以前にも綴っていますが、私は宗教や団体は大嫌いです。

それでも天という呼び方でもいいし、神様でもいい。
崇高なる存在はあると思うし、私は死んでも魂が旅を続けると思っているので、見えない世界を大事にしたいと思っています。

それゆえに本日、寄り道後、伊勢に向かいます。
伊勢も重要だけど、寄り道がかなり大事。
ようやく訪問が叶う場所です。

インドネシアでは誕生日にプレゼントをもらうのではなく「人々に与える日」です。
それにもならい訪れる場所や神話の神々に感謝の気持ちだけを置いてくるつもりです。

伊勢神宮の参拝は人生で3回目。
自身の人生だけでなく、人類や地球の節目にあたりそうなこの時に参拝が出来ることに心より感謝です。

ちなみに何度も綴っていますが、私の最近の幸運の多さは神社巡りとは関係ありません。
その点、誤解なきように。



テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2145-6f50d77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【本日ゆえに寄り道後、伊勢へ】

8日は個人的には非常に楽しい飲み会になりました。日本の裏側の一部がどうなっており、そこで儲ける会社、政治家、公務員という大きな括りでなく、主には官僚や上級公務員になるのでしょうが、どのようにいい加減でかつインチキな方法で、国を成り立たせているか良く理解?...
[2012/06/10 04:04] まとめwoネタ速neo

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。