インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界同時株安 成長を続けるインフレの目
先週末の米国の株価下落をうけ、世界的な景気悪化懸念が強まり、世界中の株価が下落。

4日の東京株式市場では年初来の安値を更新し、TOPIX(東証株価指数)は約28年6ヶ月ぶりの安値を記録。

その波は世界の中では比較的経済状況が悪くないアジアも襲い各国の株式市場も下落。
中国・上海総合指数は前週末比2.73%下落。
インドネシアのジャカルタ総合指数は3.83%の下落。

インドネシア・ルピアはインド・ルピーとともに弱含んでおり、インドネシア中銀はドル売り介入で持ち直させている。

中銀のナスティオン総裁は、貿易赤字水準からみて通貨ルピアを大幅に押し上げないほうがよいとし、1ドル=9000ルピアを小幅上回る水準は輸出を支援し、貿易収支が改善するとの見解を示している。

国民の怒りが爆発寸前の欧州。

ギリシャもどうにもならないでしょう。
人口規模に比べて公的部門が大きすぎ。
調査では人口約1,100万人の調査に対し、110万人の公務員数。 全労働人口の25%を占めているという無茶ブリ。
ちなみに労働人口が約830万人のオーストラリアでは公務員数30万人。
それに国民気質が加わり、高給なのに働かないし、汚職も蔓延るで、国が破綻するのは当たり前。
その数を政府も野党も最近まで知らなかったというのだから、あの国のいい加減さが伺えて、失礼ながらも笑ってしまいました。

しかし増税をしようとする日本も笑い事ではない。
ギリシャは国家予算の40%が公務員の為に使用されていたようだが、日本では国家予算の約半分が公務員とその外郭団体に使用されている。 それは一般会計の話だけで、特別会計ではいくら使用されているのか把握できていない状況。

Web 現代ビジネスの「経済の死角」は非常に面白いです。
日本はギリシャそのもの、ああ、公務員だけがこんなに幸せな社会」など、公務員と民間の比較記事が多く、日本の実態を知るにはためになります。

まあ公務員が幸せそうに見えたり、羨ましく思えることは、私には皆無だけど、一般的には知れば知るだけムカつく実態です。
中には国の為にと、まともな精神の人もいるのだろうが、そういう人は退職しているケースも多そうだ。
死ぬまで税金で食っていこうというしみったれた精神の持ち主には一般常識は最早通じないのだろう。
国が壊れかけて当たり前だし、このままジ・エンドまで突き進みそうです。

公務員天国のギリシャなんて目じゃねーぜ、というわけで、それでも日本が破綻しないのは国家予算規模と個人金融資産がギリシャとは比較にならない程、大きいというだけである。
自らの権益確保のため、机上の理論だけで増税し、経済を更に悪化させ、最終的には破綻して、一度解体されるしかない運命なのかもしれない。 世の中も今後、更に荒れてくるので、個人的に解体されないようにご注意下さい。

ドイツを除いて欧州の多くの国の債務残高の対GDP比は、危機発生前の水準を上回っている。
財政再建の効果はないどころか、経済は悪化の一途。
ギリシャ、スペインの若者の失業率は50%を超えています。

収まったかに見えてはぶり返し、何度も襲いかかってくるユーロ危機。
リーマンショック後、見事に事態を収拾させた米国FRB。
しかしながら市場は再び失速を始めた。

目先の事態を収拾させる為、何をしたかと言えば、量的金融緩和と綴ると凄い手法がなされたように感じるが、お金を刷りまくっただけ。
世界や市場関係者の多くは「打ち出の小槌」であり、マネー製造機として動きを続ける中央銀行が、無限の機能だと勘違いし始めているかもしれない。

歴史は繰り返す。
膨大な量の通貨供給の結果は、制御不能なインフレである。

何度かこのブログで取り上げたインフレはまだ来ていません。
しかしインフレの目は確実に成長をしています。
インフレはきっかけがあれば、突如爆発します。
それがこれまでの人類の歴史です。

近い将来、各国の経済が息絶え絶えの中で、世界中で天災も増加し、食糧事情も困難になってくることが予測出来ます。 量的金融緩和を続ける借金経済は必ず破綻するでしょう。
近未来、我々を襲うのは非常に恐ろしい景気が悪化する中でのインフレ恐慌の可能性が高いです。

今晩G7が緊急電話会議をするという報もある。
目先、世界同時株安がとまればいいのだが、止められそうもない場合、世界は再びインフレの目を成長させるのでしょう。


追記 2012年6月6日 ジャパン・タイム 16:00

まだ元部下と言ってくれるシンガポールにいる方へ

ご指摘の点、おっしゃる通り綴りミスです。
訂正しておきました。 有難うございます。

元ボスという自覚のない者より(笑)



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2139-99b1d93f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【世界同時株安 成長を続けるインフレの目】

先週末の米国の株価下落をうけ、世界的な景気悪化懸念が強まり、世界中の株価が下落。4日の東京株式市場では年初来の安値を更新し、TOPIX(東証株価指数)は約28年6ヶ月ぶりの安値を記録。その波は世界の中では比較的経済状況が悪くないアジアも襲い各国の株式市場も下落?...
[2012/06/08 08:05] まとめwoネタ速neo

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。