インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田 Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー
先週は1週間、仕事関係での人の紹介や情報交換で知り合いの社長達に会ったりしていたので、金曜日まで夜のスケジュールもみっちりでした。

さすがに疲れたので土曜日はゆっくりしようと思っていたのですが、食事を作るのも面倒くさく、外で軽く夕食後、完全プライベートで飲みたくなったので、神田のBar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリーでゆったりしました。

Mulberry マルべリーとは「カシの実」という意味です。

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリーのオーナーでバーテンダーさんは、私の20代前半から終わり頃までを良く知るマスターなので、そういうお店だと非常に気を楽にして飲めます。

その昔、六本木と下北沢にワンダー・バアという名の店があり、両方のお店で私より年上のバーテンダーさん達に温かく見守られながら、酒に関する知識を仕入れ、随分と世話になったのですが、現在のバア・セカンド・マルべリーのバーテンダーさんもそんな一人です。

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー 1

休みの日の神田だと落ち着いているのではと思っていたのですが、会社が多い場所にあるせいで、道は閑散としており、ゆったりと、近況報告や昔話に花を咲かせることが出来ました。
こういう場所やその場所に年上の友がいることも有難いことです。

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー 2

ぼくは店をあけたばかりのバーが好きなんだ。 店の中の空気がまだきれいで、冷たくて、何もかもがぴかぴかに光っていて、バーテンが鏡に向かって、ネクタイがまがっていないか、髪が乱れていないかを確かめている。 酒のびんがきれいにならび、グラスが美しく光って、客を待っているバーテンがその晩の最初の一杯をふって、きれいなマットの上におき、折りたたんだ小さなナプキンをそえる。
それをゆっくり味わう。
静かなバーでの最初の静かな一杯 - こんなすばらしいものはないぜ。

「長いお別れ」 レイモンド・チャンドラー

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー 3

私は、ジャック・ダニエルズのオン・ザ・ロックスを頼んだ。
私には、興奮剤と麻酔剤が両方必要だった。

「最後の依頼人」 タッカー・コウ

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー 5

このウィスキーは絶品でした。

銀座のバアだと7,000円以上する入手が不可能に近いプレミアムなモルト・ウィスキーが置かれているケースもある。 バア・セカンド・マルべリーでは2,000円位。
そういう酒は本当に一期一会で逃したら2度と会えない可能性が高い。

酒飲みは誰もが、自己流の理屈を持っている。

「酔いどれの誇り」 ジェイムズクラムリー

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー 4

酒は食道をまっすぐ下って胃袋に穴をあけてはくれるが、心の傷跡までは食い取ってくれない。

「酔いどれ探偵街を行く」 カート・キャノン

バア・セカンド・マルべリーはカウンター数も少ないが、本当に美味いカクテルと酒を楽しめることは、私が保証すると言える、オーセンティックな雰囲気で、プロのバーテンダーが存在するバアである。 師匠と彼が呼ぶ人はかなり業界では有名な店の方である。
昨晩飲んだサイド・カー。 私が通うバアではどこでも美味しいと言える自信があるが、昨日のサイド・カーは格別の味であった。

私も女が大好きなで、お付き合いでキャバクラに行くこともあるが、男、特に若い男性はそんなところで金を消耗するよりも、独りでバアに通った方が余程勉強になる。

「ハードボイルド小説なんて所詮は娯楽」と思う人も少なくないかもしれないが、読まないよりも活字は読んだ方が良いし、娯楽からでも「男としてどのように矜持を保つか」「男としてどの様に生きていくか」という意味では参考になる作品も多い。
オッサンになった私が体を鍛えるのは、高校の時に読み漁った大藪晴彦の小説の影響が強い。

物事を知ったり学ぶにあたり手遅れはない。
時にはツルまず一人遊びが出来るようになると、世界感が広がります。

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー 6

Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー
千代田区神田多町2-11 (ホテル京王プレッソインの向かい側の地下です)
電話 03-3254-7313

多くの本を読み、体を鍛え、旅をして、人や音楽・映画に会い見聞きして、時にはバアという行動が出来るようになると、余程の仕事を当てない限り決して生活は安定しないかもしれないが、型に嵌ったつまらない人生にはならないと思います。

近未来の日本。
今後、社会や会社が解体されていくに連れ、日本では益々個人の力が試される時代に確実になってくると思います。
そんな杞憂もあり、最近思うところを綴りました。

まあ若い男性がこのオッサンの駄文を読んで思うところがあったら参考にして下さい。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2135-5a133fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【神田 Bar 2nd Mulberry バア・セカンド・マルべリー】

先週は1週間、仕事関係での人の紹介や情報交換で知り合いの社長達に会ったりしていたので、金曜日まで夜のスケジュールもみっちりでした。さすがに疲れたので土曜日はゆっくりしようと思っていたのですが、食事を作るのも面倒くさく、軽く食事後、完全プライベートで飲み?...
[2012/06/07 14:19] まとめwoネタ速neo

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。