インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対原子力戦隊スイシンジャー
こりゃいいね、絶対原子力戦隊スイシンジャー。

製作アップしているのは、尾米タケル之一座 (←クリックでWebにとびます)。

このWebのコンセプトの中に尾米タケル氏の言葉が綴られている。
その台詞が素晴らしいのでWebのコンセプトを是非とも一読頂きたい。
何故「絶対原子力戦隊スイシンジャー」を製作したかがよく分かる。

全文は尾米タケル氏のWebで読んでもらうとして、簡単に紹介しておくと

「あの事故以来、政治家、官僚、学者、マスコミ、電力会社役員、コメンテーター、経済エコノミスト…。 あげ出せばきりがないが、社会的に常識あるはずの大人たちがずっとおかしな事を言っている。

(略 為政者たちの台詞が続く)

本当に、本当におかしい事を言っている。

お笑いでいうと完全にボケている。

しかし彼らが世間に与えているのは笑いではなく、偽りの安心であり、または不安であり、悲しみであり、怒りです。 現在起こっている、またこれから現実に起こる悲劇です。
(略)
あの大人たちを見ているとぶん殴ってやりたい気持ちになります。
しかしぶん殴っても状況は何も変わらない。
状況を変えるには僕たちが変わらなければなりません。

だからあの大人たちの事を笑ってやる事にしました。
奴らに教えてあげましょう。
もう、お前たちのいうおかしな事を鵜呑みにする僕たちではないという事を。
お前たちの非常識を笑ってやるだけの常識が僕たちには備わっているのだということを。」

By 尾米タケル氏


絶対原子力戦隊スイシンジャー
素晴らし出来で感心しました。



子供達に是非とも覚えて頂き、あちこちで歌ってもらいたいものです。

政治家、官僚、学者、マスコミ、電力会社役員、コメンテーター、経済エコノミストの子供達まで歌い始めることを切に祈っております(笑)!




この異形編は京大の小出裕章助教授も出演しており、放射能に関して、頭の中で再確認をするには最適です。

次回の選挙時で、必ず落選させなければならない政治家チェックも忘れないように。



また元東電社員の方、体質に飽きれて退社した方の証言も必見です。

私の知人のところに少々原発絡みに近い仕事が来ているようだが、先日ただ一言「酷過ぎる」と言っていた人がいました。 詳しいことは全く教えてくれないのだが、仕事の性質上、目を通さざるを得ない部分で改竄部分に気付くのだろうと私は想像しています。
元東電社員の方がインタビューで語っているインチキが、日常茶飯事に行われていたということです。

原発推進派。 誰が該当するかバレバレでしょ。
いまの調子でやっていて、放射能による被害が顕著になった時に、恨みをかって刺されたりする奴が出てこなければいいけどね。

今の状況下でまだ原発推進したい人々は、今後日本の外側からジワジワと追い詰められてくる可能性も出てくると思います。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

とある図書館の片隅で見たものが

「東大教授の書いたプルトニウムは飲んでも安全なモノ」BY電力会社協賛本

「原発労働者見捨てられた被爆者」原発労働者の悲惨な実態本

なのに驚いたことがあります。

書いてあることを見ればどちらを信じればいいのかすぐわかりますが

公務員系の方々は両方とも隠すことで対応されているようでした。

最近放射能は安全ですと言っていた山下氏のインタヴュー記事を通販生活で読みました。

自分があのとき不安を煽ったらどうなったかと開き直って答えていたのが印象的でした。

おそらく御用学者は身の危険を感じ始めているのではないかと予想します。

国やマスコミが庇わなくなるのを感じているのではないかと。

図書館の片隅に裁判記録がありました。

とある製薬会社が寄付したもので、薬害訴訟の製薬会社よりの学者の証言集です。

証言した学者は薬害ではなくウイルスだと証言し、そのまま報道したマスコミにより

薬害患者が何人か自殺しました。

学者は根拠のない学説を証言したとすぐに証明されました。

学者はどうなったのかはわかりませんでした。

ただ薬害や公害に対するような国民を守らない政府と御用学者を囲い込み利用するやり方は数十年変わっていないと実感した次第です。

明治天皇に足尾銅山鉱毒事件を直訴した田中正造の言葉は今でも通用するという認識ともに行政の対応も全く同じだということを、いい加減変えねばならない時代の変わり目に我々は立ち会って居るのだろうか、何かできることはないかと自問自答する日々です。

本日は面白いうものを教えていただきました。ありがとうございます。

[2012/04/19 00:25] URL | mizu #- [ 編集 ]

コメント感謝です
Mizuさん、こんにちは。

コメント、誠に有難うございました。

御用学者は今後一番やばいですね。
まあ何かあっても誰も同情はしないだろうし、仮に最悪の事態が発生しても、それは人が起こすのではなく、彼らが大好きなお金が引き金ですから、まあ自業自得です。

また国と東電はこれから海外から本格的に非難の的になります。

日本人としては嬉しくありませんが、もうどうしようもないでしょう。

海外では火の手が上がってきています。
この火=デモが混乱なく、大きな力を持つことを思っています。

よってマスコミもその力の影響を無視出来ない可能性が出てきます。
まあ無視しても心ある方々がブログでアップするでしょうし、私もそうしますので。

自問自答。
私はしても何も出来ないので、自身が信じることをブログで紹介するだけです。

おっしゃるように時代の変わり目ですね。
1年過ぎてほとんど何も変わらなかったので、私の見立てでは天変地異によって変える方向に進んでしまっているような気がしています。 人類が滅ぶとは思っていませんが…。 だから最近、意図的に地震ネタと天変地異ネタを増やしています。

私もインドネシアと東京、どちらにいても他人事ではないのですが、地震にはくれぐれもご注意下さい。

[2012/04/19 01:45] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2073-f7e9c622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。