インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨を眺め思ったこと
昨日と本日の夕刻。

私は南ジャカルタの外れのほうにいるのだが、豪雨と雷が凄まじい。
特に本日の夕刻の豪雨は、水を溜めたバケツを引っくり返したという勢い。

その昔と異なるのは、豪雨が終了しても、雨が止まずにダラダラと降り続ける。

小さな庭に溜まる水が自宅外の側溝へ流れる対策を施しておいて良かった。
対策していなかったら、おそらく室内に水が入り込んだ。

豪雨

それぐらい物凄い勢いの雨量で、本日の南ジャカルタの一部は洪水になるだろう。
あと1時間もこの勢いだと、人的被害が出なくとも、かなりやばい。

ジャカルタの他のエリアは目視出来ないので分からないのだが、文を綴っている時に友人に連絡するとブロックMは真っ暗だが、まだ降って来ていない状況だった。

干ばつが世界を襲っているが、今後こういう豪雨も世界を襲う回数が増加する。 実際、豪雨による洪水被害は既に増加中。
本当に地球はSOSを出しており、この数年間に驚く事象をまだまだ人類に見せつけるのだろう。

我々は偉大なる生命体ガイアを回復不可能なところまで追いつめてしまったのかもしれない。

既にあちこちのブログで取り沙汰されているので、特にこのブログでの紹介を考えなかったが、地球が様々な国で怪音を鳴らしている。 まるで脳髄に引っかかる様な地球の泣き声にも聞こえる。

多くの人が知って、何か感じた方が良いと思うので、あえてアップしておく。


地球の怪音 まとめビデオ

自然と地球上の生命に対する畏敬の念と愛情が増々必要な時代なのだろう。
もう遅いかもしれないし、まだ自覚が足りていないのが世界の人々の現状だが、一燈照隅 万燈照国の気持ちを大事にし、日々生かされている感謝の心を一人でも多くの人が地球と自然に捧げることが非常に重要な時期になっている。

これから帰宅する人は場所によっては渋滞で大変かもしれない。
ラジオニュースを聞いて、渋滞と洪水を避けられればいいですね。

久しぶりに鳴り続ける爆音のような雷と勢いが止まらない豪雨を眺めていて、今年から数年間、こんなレベルでは済まないよという地球からのメッセージを受け取ったような気がしてしまいました。


追記 2012年4月2日 ジャカルタ・タイム 20時

約2時間で雨は止んだ。
近所の側溝は溢れる寸前だったが、水は引いた。
まあ私の近所の側溝から水が溢れるようになったら、あちこちが洪水、大きな水たまりが出来る。 現在の場所に引っ越してくる前に調査済。

低い場所は水捌け悪く、大きな水たまりが出来ているかもしれないが、洪水と呼ぶほど酷くなる前で雨が上がってくれた。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2050-09261704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。