インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク
先日お客さんと飲みながら新たな案件と進めているプロジェクトの簡単な打ち合わせをして、帰宅するのにタクシーを拾った。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 2

行先を告げ、その方面へ向かう途中はタクシードライバーの質問に答えるだけで、その会話中には特に違和感はなかった。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 1

違和感は高速道路を下りるのに支払いをしている時。
タクシードライバーが料金所の若いにーちゃんを食い入るように眺めながら車を出した。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 3

「ミスター、今の子、どう思う?」

「今の子? 今の子って男だろう、まだ若い」

「あんな感じの若いのは想像しただけで我慢できなくなる」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 4

「お前、ホモなのか?」

「いや~ん、分かっちゃった!」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 5

これまでとは言葉使いが明らかに変わった。 少しなよっていた。

「分かるに決まってんだろ! 若けー男見て、我慢できねえなんていってりゃ」

「細身の若い男がタイプなのよ。 もうたまんない。 あの子、何とかならないかしら」
ホモのタクシードライバー、略してホモタクはバレてから、これまで以上に饒舌になった。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 6

ホモやゲイ、ニューハーフの存在。
それぞれの役割は異なるのだろうが、その昔を考えたら、随分オープンに生きられる時代になっている。 日本のテレビ番組はその手の人達が多く活躍しているようで、日本に関して言えば、最早あまり隠す必要性を感じない世相である。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 8

他国では宗教が絡み、罪という見方もあるようだ。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 9

私はというと、先天的な人もいるだろうから、致し方ないのではと思っている。
私はノーマルなので、ホモやゲイ、ニューハーフまでを含め、愛することは不可能だが。

それでも日本とインドネシアで「何か危ねーなあ」とか「何だかなあ」という経験は数度ある。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 10

新宿で飲んでいて帰宅できなくなった友人に付き合って、サウナと大風呂で時間を潰していた時。 ダンディーな筋肉質系のオヤジの視線が絡まってくる。 明らかに親父を好いており、あとをつけているなよった感じの男性が、私とオヤジを交互を見ながら「あの子はノンケだから諦めなさいよ」と言っていた時は、このサウナでは絶対に寝てはいけないと覚悟した。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 11

インドネシアではホモはヘアーサロンやホテルのスタッフに多いと思う。
バアで飲んでいた時にカクテルを運んできたウエイターに「あなた、ハンサム」という台詞と共に耳に息を吹きかけられたことも2度ある。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 12

ヘアーサロンでは、見ただけでバレバレのホモが私を見かけるたびに「疲れてる?! だったら今日はマッサージにしましょうよ!」と毎回同じ台詞を何度も吐かれた。
どこを揉む気なのか想像に易いので、彼の台詞通り彼を使用してマッサージをしたことはない。 そのうちその場所は辞めたようで、ホッとしたことを覚えている。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 13

シンガポールのホテルのプールで仕事終了後、泳いでいると、黒人と白人のハードゲイ風なカップルがやってきて、泳いでいる私をずーとジロジロ見ていた。 危険を感じたので、適当なところで切り上げたこともある。

ホモが駄目なのはその愛が発展した後に考えられる性行為が駄目だ。
まあノーマルな男性で、男性同士の性行為を見たいと思う人は皆無だろう。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 14

反面、ホモの人には左程違和感はない。
亡き父のファンで有名なデザイナーだった方がその手の人だったせいもあると思う。
父もノーマルだったから私がいるのだが、若い頃はその方のアプローチが積極的で、若さゆえに気持ち悪くなり、結果、遠ざけていたようだ。
それが亡くなる10年位前、お袋と買い物をしていた時、偶然にも街でバッタリ再会。
親父も年齢ゆえの心の余裕もあれば、それ故に遠ざける必要もなく、その後はお袋と2、3人の仲間でたまに旅行に出かけたりもしていた。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 15

新宿2丁目にはホモやニューハーフのお店が多いが、行ったことのある方には分かるだろう。
何故かホモ系の人々は気が利き、話術が長けている人達が非常に多い。
私が最後に行ったのは元大手商社のこれまた昨年亡くなってしまったじっちゃんと、昔彼がたまに使用していたそれ系のママの店で、確か銀座だった。 やはり会話が面白かった。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 15

デザイナーの方も会話が楽しい人で、お袋にもとっても優しい人だった。
親父が逝って、自宅の仏壇の前で泣き崩れている先生の姿をみた時は「女と男以外でも泣いてくれる人がいるんだから、あなたは幸せ者だよ」なんて思ったりもした。
父亡きあとはお袋のいい友人でもあった。 まあ一方は仮に想いは叶わなかったにしても、同じ男性を愛していたという意味では、お互い理解しやすかったのだろう。
その後、体の調子があまり良くないのを押して、渋谷にアトリエをオープン。
挨拶に行くと有名な俳優さんもいらっしゃっていた。 紹介されしばし会話していたのだが、話すと気さくで愉快な人だった。 その方もノーマルな男性だが、駄文ゆえ誤解を生むと迷惑をかけるので、名前は伏せておく。
そのお店のオープンが最後の仕事になってしまい、その後、病気で親父の後を追うかのようにお亡くなりになってしまった。
「縁」というものを誰もが感じることがあると思うが、親父とその人は、何か相当強い縁があったのだろうと、つくづく思う。

長くなるので今回は綴らないが、いくつか不思議な話があり、私の両親とデザイナーさんを通して、魂や以心伝心の世界があることを教えてもらった気がしている。 父に関しては精神世界に全く無頓着な人だったのだが。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 17

そんな物語もあるので、私にはホモやゲイ、ニューハーフの人達に偏見はないと思う。

少し疲れていたので、会話が面倒くさかったのだが、ホモのタクシードライバー、ホモタクに会ったのは初めてなので、そこからは好奇心満々の私の質問が飛び交った。

「ああいう若い男のどこがいいんだ?」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 7

「私のが彼の中に入っている時の苦悶の表情がたまんないのよ」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 18

「おえ~」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 34

「そんでお前が終わったら、次はお前が尻を貸すのか?」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 22

「私は男。 だからお尻は貸さない」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 19

「じゃー、相手はどんすんだよ?」

「私が手でやさしくいかせてあげるのよ」

ホモタクは日本語でいうところのタチなのだろう。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 20

「相手は簡単に見つかるのか?」

「そういう場所があるのよ」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 23

現在何人の日本人駐在員がそれ系の人なのか知らないが、過去ジャカルタには3人ほどおり、うち一人は一時期飲み友だった。 彼曰く、金曜日だか土曜日の夜だかに、そういう人々が集うクラブがあると言っていたことを思い出した。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 21

私がインドネシアで就職した頃、その会社が経営するアパートに住んでくれていたお客さんの1人がホモタク系だった。 一流会社に稀にいる、そんな部分を鼻にかけたいやな野郎だったのだが、そいつがやはり若い可愛いタイプの男が好きで、1人掃除スタッフを調教してしまい、結果その子は男性だけしか愛せなくなってしまった。
その彼が、一時期高熱を出し、背なか一面に膿が出た。 彼の仕事ぶりは非常にまじめだったのに、会社が金を出さなかったので、私が病院代をだした。 彼の給料で病院に行くのは不可能だったから。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 24

幸い、よくない行為上でばい菌が入り、何も手をうたないから症状が悪化しただけで、HIVではなかったのだが、その日本人の調教野郎には請求書をまわしたくなったことを思い出す。

「もう~、どうしようかしら、あの子」

「帰りにもう一度Uターンして、思いを告げてくりゃいいじゃねーか!」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 25

そうこう会話をしているうちにSohoへ到着。

お金を払う時に照明をつけると

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 28

「あら、あんた、結構いい男だったのね。 暗くて気付かなかったけど」

「お前なあ、俺はノーマルだぜ」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 30

「どうしよー?」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 27

「どうしよーじゃねーだろー・・・。 おめえ、あれ見ろ」

ぶら下がっているサンドバックを指さす。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 31

「俺は女子供には手を上げないが、見かけが男のお前を殴るのは心が痛まんぜ。 用もねーのに、この辺、ブラブラしているのを見つけたら、張り倒すからな」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 29

「あら、こわ~い」

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 32

ホモタクが我がSohoの場所をすでに忘れていることを祈っている。

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 26

昨晩はカリマンタン島に駐在している若者と初の飲み会。 楽しかったです。
ブログの読者で、どんなオヤジなんだろうと興味津々だったそうだ。
「年齢の割にはぜんぜん若いし、見た目、格好いいですよ」
彼には奥さん子供がいるので、ノーマルの男性です。

お世辞でも、玉には女性にそんなセリフを吐かれたい・・・・・・です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

上記を ↑        ↑          ↑

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 33

ポチッと、ヨロシク

美しいもので〆ないと勤労意欲が失われる気がするので、口直し!

ホモのタクシードライバー 略してホモタク 35

全ての写真はクリックで拡大可能。



テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2048-f526ddaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。