インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

房総沖に大活断層 関東圏の想定に見直しを!
いい知らせではないのだが、日本人は、特に関東圏在住者は知っておき、忘れてはいけない情報だと思うことと、私的な備忘録としても残しておきたいので記事を転載します。

昨日既に配信された数多くあるニュースの中で、記憶に残っている人も多いかもしれないが、「房総沖に大活断層」の存在が確認されたというニュースです。

海底に関しては「それでは調べましょう」と簡単に調査を進められないでしょうし、予算などの問題も存在するでしょう。

しかしながら、この房総沖の大活断層に関しての調査は急いで頂きたいと切に願います。
震度5強レベルですめば良いのですが、ある意味昨年よくもったので、個人的に未来は白紙という考え方が根底にあっても、あまり時間が無さそうに感じたりもします。

房総沖大断層

この活断層が動くとM8-9レベルの地震が発生するとの調査結果です。
おそらく震度7強レベルの地震が発生する可能性が高いということです。

3.11以降、「想定外」という言葉がいかに罪作りな面を持っているか誰もが認識したと思います。

仮にまだ浅い調査結果だとしても「関東圏を襲う津波の高さ想定の再確認作業」「海沿いの地下鉄構内での防災強化」「地震時の火元に対する一般家庭への周知させる作業」を専門家からも指摘があるように関連機関に一刻も急いで頂きたいとお願いしたい次第です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
房総沖に大活断層 M9級、津波の可能性も

 房総半島南端から南東に百数十キロ以上離れた太平洋の海底に、これまで存在が知られていなかった長大な2つの活断層が存在するとの調査結果を、広島大や名古屋大、海洋研究開発機構などの研究グループが25日までにまとめた。

 長さは160キロと300キロ以上で、1度にそれぞれの断層全体が動けば、いずれもマグニチュード(M)8~9の地震を起こす可能性があるという。

 グループの渡辺満久・東洋大教授(変動地形学)は「ノーマークで未調査の活断層。強い揺れや津波が関東南部や東海地方に及ぶ可能性があり、早急に詳しく調査すべきだ」としている。

 グループは海上保安庁作成の海底地形図などを使い、地形を詳細に分析した結果、平行してほぼ南北に走る活断層の存在が分かった。東側の活断層は長さ300キロ以上、西側は少なくとも160キロに達し、「いずれも大地震を何度も繰り返してきた可能性が高い」(渡辺教授)という。

 断層の北側には、1677年の延宝房総沖地震(推定M8.0)や1953年の房総沖地震(M7.4)の震源域があるが、これらは別の活断層が動いたとみられ、2つの活断層の歴史的な活動は不明という。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年3月26日 産経新聞

想定外ということが普通に使用されていた3.11以降、今後「そらみたことか!」という事態が起きないようにと考える局面が多い。
だからそこ、そしてその最悪想定が個人のものであれば、誰にも迷惑がかからないので、津波の想定は都や行政が何と言おうと高く考えておくべきだという感覚が捨てられなかった。

過去に「防災の日に」というタイトルを綴った時に貼っておいた地図を念のため再度添付します。

津波 20メートル想定 千葉
千葉県 津波の高さ20メートル想定

津波 20メートル想定 東京
東京 津波の高さ20メートル

津波 20メートル想定 神奈川
神奈川県 津波の高さ20メートル

また「津波に対する防災」という記事もありますので、心思うところのある方やご興味ある方は再読下さい。

事前の防災意識や心得と覚悟があれば、仮にある程度酷い局面に対峙しても、突破できる可能性も広がっています。

大げさだと思う方もいらっしゃると思いますが、「津波」「火災」「地下鉄での注意」そして「地震の連動」は今後も日本人が忘れてはいけないキーワードです。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2042-a9f3fb72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。