インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山、土砂災害対策で国土交通省が技術提携
数日前に日本の国土交通省からアクセスがあった。

何で国土交通省がアクセスしてくるんだろうと思っていたら、ひょっとしたらこれに関係があったのか?と思えるニュース記事が配信されていた。
火山と土砂災害対策で、国土交通省はインドネシアと技術提携の覚書書を交わす。

ニュース内容を見ると、また日本のインフラ技術輸出かと穿った見方をしそうになるが、日本とインドネシアは島国で、火山・地震国という意味では非常に良く似ている。
今後、世界中が揺れてくる。
この様な提携は双方で非常に有益だと思えるし、人的損害を減らそうとする人の意志は天の意志に叶っているような気さえしてしまう。
綴られているようにフィリピンや環太平洋の国々とも積極的に提携が進むことを願う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インドネシアと技術提携=火山、土砂災害対策で-国土交通省

 国土交通省はインドネシアとの間で、協力して火山噴火や土砂災害の対策に当たるため、技術交流提携の覚書を24日までに交わした。両国で災害情報を共有し、共同研究や砂防対策を進める。また、フィリピンなど火山を抱える他の東南アジア地域においても両国で連携し、災害対応や復興を支援する方針だ。

 インドネシアは、2010年に大爆発を起こしたジャワ島中部のムラピ山(2968メートル)をはじめ、噴火の頻度が高い火山を数多く抱えている。噴火や、噴火に伴い堆積した土砂が水を含むことで土石流が起きるため、土砂を食い止める砂防ダムや避難施設の整備が課題となっている。これまで日本の国際協力機構(JICA)が対策を支援していたが、今年で活動が終了するのに伴い、改めて技術提携することになった。

 専門家をインドネシアに派遣し、現地の技術者らとともに火山や土砂災害の調査を実施するほか、大学などが共同研究を行う場合、両国で支援する。また、東南アジアの中でも土砂災害対策に力を入れる同国が核となり、近隣国の災害対応を支援する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年3月24日 時事ドットコム

世界中が揺れてくるという根拠は、あまり地震のない地域で、最近地震が起きている、目立ってきていることが理由です。

私は人類が2012年に滅びるとは思っていませんが、ある意味、マヤの予言「第五の太陽の時代は火山と地震で滅びる」は当たってきているような様相です。 地震や太陽嵐が原因で原発の核による危機が再び発生するかが鍵になるのかもしれません。

マグネチュードは大きくなく、幸い人的被害もないようだが、最近ではナミビア、オーストラリアの内陸、イスラエルの死海、中国内陸部、ロシア内陸部、インド洋上、カナダの群発地震など、地図を見ている限り、これまではあまり揺れをみせたことがない国やエリアが揺れ始めています。
どのレベルで地殻が動くかは、私には分からないので専門家に譲りますが、私は大地震時代=地殻変動時代の始まりと捉えています。

25日はフィジーでM4からM5強の地震が連発していました。
日本は今週と今後も要警戒です。 
対流の影響を受けやすい時期でもあるので、三寒四温の今の季節、関東圏は危うさの状態が継続だと思っています。

別途、イラン、イラク、トルコ、ギリシャ、イタリア。
あんなに群発地震が日々発生していて大丈夫かなと心配になるほど、地震が観測されています。

ランダムでもほぼ毎日数回見ていると、宮城沖が揺れていた時の画面を思い出す、結構不気味な様相です。

また世界中で不作と干ばつなどの報道も増加しています。
食糧と食料価格は今後も世界的に高騰してきますので、ご注意下さい。
対ドルで更に円が安かったら、本来はその影響が既に出てきていただろうと考えています。


アホな内容の多いブログにしては、大手企業からのアクセスも毎日そこそこある。

その画面を見ながら「就業時間中にこんなブログを読んでいると出世出来ね~ぞ」とか「大手商社が俺のブログから得る情報なんかねーだろ」とか「米軍やその海軍、地震や天災について綴るとやってくる確率が高いなあ」とか「東電の関連会社、うぜーよ」とか「おっ、この会社、インドネシア進出狙っているなあ」などと、こちらの画面前では社会的にエリートと呼ばれる方々に呟くオヤジがいるというのもネット上の面白さである。

色々と呟きながらも縁あるお客様なので心より感謝しております。

ただし、こちらの人物像が分かっていない方もいらっしゃると思うので、念の為。
インドネシア情報局は、高校時代に退学寸前の訓告をくらい、2年ブラブラした後、3流大学出身で、大学にはほとんど通わず建設現場で土方をしていたオヤジが綴っているブログであることをここに宣言致します(笑)。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/03/30 09:49] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2038-3c1205b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。