インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ
レモンの木を植えてから3、4年。
最初は高さ50センチもなかったと思うが、植えた場所の日当たりが良く、土壌にも気をつかってきたので、いまや高さ3メートルを超える立派な木になっている。

レモンの木、花と実 1

最近は頻繁に花を咲かせ、実をつけるようになってきている。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ 4
レモンの花のつぼみ。

米のとぎ汁を与えたり、乳酸菌を散布して見たり、それなりの愛情で見守ってきたつもりだ。

レモンの木、花と実 2
レモンの花。
結構可愛い。

花の写真を撮ると思い出す。
昨年、諏訪大社へ訪れた時、道筋にあったコスモスの花がとっても綺麗だった。
お袋が一番好きな花なので写真を撮ってみせてやろうと写真を撮っていたら、若い衆が先輩に「あの人には似合わなすぎですよ! あの光景は」らしい台詞で先輩に告げ口し、2人でコソコソ笑っていやがった。
「てめーら、ナニ笑ってんだか分かってんだぞ!」 しかしながら確かに似合わない光景だろうと自覚すると、少し恥ずかしくなってついつい語気が強まった。
全く私とその仲間内は若い衆の教育が全くなっていない。 自由度ほぼ100%。
まあそれもこれも私の先輩達への口のきき方がなっていないことにも起因しているのだろう。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ 3
こんな育ち方をする。
まだ実として認識できない雌蕊は小さく細すぎる子供の可愛いチ○ポのようだ。

レモンを植えた理由はシンプルである。
私は柑橘系が大好き。
インドネシアでレモンは販売しているが、良く使用されているのはレモンの代用品になる柑橘類が多く、レモンそのものは輸入に頼っているせいか価格はそこそこする。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ 5

そして私の自己満足のため。
「テキーラを飲む時は庭からレモンを捥いでくる」

俺って格好いいなあと一人悦に浸る。
別にナルシストではない。
まあライムが似合うことはもちろん知っていますが、レモンも決して悪くない。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ 6
蝶が羽を休めたり、卵を産んでいく。
ここまで木が大きければ、少しぐらい蝶の幼虫が葉を食っても問題ない。
「どうぞ、ご遠慮なくた~んと喰って、成長したあかつきには一度でいいから美しい姿を見せに寄ってくんさい。祝福しますぜ!」といったところ。

実は結構なってもレモンとカラマンシーの実は道路サイドになると消えてしまう。
エリア内ではなく、近所の裏手、カンポンに住む子供達が隙をついてかっぱらってしまう。

私が子供の頃の東京はまだまだ大らかで、人の家の果物を悪戯で頂戴するなんてこともそこらじゅうでよくあった。
少し生活に苦労していたり、片親で忙しく子供の面倒をみれない家の子供はハングリー精神を大いに発揮していたと思える時代でもあった。
大人は分かっていて情ゆえに黙っている人もいたし、煩い家の人でも警察に訴えるなんてこともなく、ましてやいちいちそんな小さなレベルを鬼の首でも取ったかのように報道するマスコミも存在しなかった。
もちろん人様の家のものを無断で頂戴することはいけないことではあるが、今思い返すと子供が今よりも生き生きと輝いていた時代のような気がする。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ 7

先日、カラマンシーの実をかっぱらっていた裏手のカンポンに住んでいる女の子2人と男の子1人を見つけた。
悪戯心だから無邪気で別にいいのだが、ほおっておくと全部かっぱらいかねない。
しかし目を見ると美しく私の子供時代にたくさんいたような懐かしい目をしている。
そうとはいえ、かっぱらい癖がつき過ぎるのも良くない。
美味しそうなところを数個捥いで皆にあげた。
「ちゃんと言えばあげるから今度から言うんだよ」と女の子へ。
「どうせやるなら根っこごとかっぱらう男になれ。 実をこそこそ数個かっぱらっているレベルじゃ、大きくなった時に大物になれねーぞ」と男の子へ。
皆実を受け取りながら、きょとんとしていたので、私の教育方針を伝えるにはまだ早すぎた年齢だったかもしれない。

今回インドネシアSohoに戻った時は非常にタイミングが良かった。
カンクン(空芯菜)、チャベ(唐辛子)、ジャヘイ(ショウガ)、カラマンシーの実(沖縄でいうシークワーサ)、そしてレモンと全てが収穫期だった。

こんなにタイミングのいい収穫期にジャカルタSohoへ帰還できたのは初めてである。
別途綴るつもりです。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ 8

レモンを植えた理由は「テキーラを飲む時は庭からレモンを捥いでくる」と、俺って格好いいなあと一人悦に浸るため。

予備がないのでとっておいたハーフボトル残っていたテキーラをロックで飲む。
美味いなあ、本当に贅沢だな、大げさに言えばやっぱ辛いことあっても生きていなけりゃこりゃ味わえんぜ!という幸せ感。

しばし好きなロックを聴きながら楽しんでいると、

お、俺の大事なメキシコ出身のオルメカちゃんが瀕死の重体でぶっ倒れてしまった。

レモンの木、花と実とそしてテキーラ 9

どうして? 一体、何がいけなかったんだ?
俺のどこがいけなかったんだ?
まだまだお前と一緒にいたかったのに…、愛していたのに、俺のどこに不満があったというんだ?!


しょうがねーから、新しい彼女をどこかに求める旅に出ます。
ブログを休んでいる日があったら、まだ見つからないんだ、探しているんだと思って下さい。

ライムの相性もちろんいいんだけど、レモンとテキーラも最高です。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2028-1ff94f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。