インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震にご注意を! 三寒四温の季節と対流
ここ数日、インドネシア国内出張中なので、いつもの様に地震の発生情報を入手したり、発生場所を時系列的に見ることは出来ていない。

仕事が終了し、夕食。 ミーティングを兼ねた雑談後、お客さんと別れ、バアで仕事を終了後、日本の状況をかろうじてネットで確認している。

現在の日本列島は東日本大震災の余震とそれが原因の新たな地震が発生して当たり前の状況が継続しているのだが、最近発生している地震の震源は非常に懸念される場所である。
地震予知では有名な琉球大学名誉教授の木村政昭氏が一番可能性が高いと考えている千葉東方沖の地震発生を危惧してしまう震源地である。 私自身は勘と感しかないが、やはり千葉房総沖が一番発生しやすい場所と睨んでいる。 さらに富士山噴火。 木村政昭氏は東海地震より富士山噴火が早いという予測を立てている。
更にここ数日、日本で発生した地震は、今回何も起こらなくても、福島原発の建屋に与える影響を懸念せざるを得ない。 それでなくてもこの2年間で、日本でなくても他国の原発が事故か爆発を起こす可能性は高まっている。

M5以上の地震発生が続いた時は警戒=防災意識を強めておく必要性がある。

そして日本の暦上では既に春。
気温の動きに大きな変化がなく、比較的例年通りなら、体感という意味でも3月はもうすぐ春の日本。

現在インドネシアに滞在中の私には日本の気温がどうなっているか分からなければ、気温に関しては普段全く追っていないのだが、気温が三寒四温となってくる時期は地震に注意が必要です。

その注意の理由は対流。

温度や表面張力が原因で流体に不均衡が発生し、その内部で重力によって引き起こされる流動が生ずる現象を対流と呼ぶ。
この対流が地球では内部の熱源から地表面への熱輸送の役割を行っており、地表面の変動を引き起こす原因となる。 地表面の変動とは専門的には様々な現象が存在するのかもしれないが、現在の日本人には地震に直結してしまう。

地球の内部、地下奥深くは人類がいまだに知ることのない力の影響や変化が起きていることは想像に易いのだが、注水によって地震を発生させる論文然り、気候や温度が地球内部に影響し、地震を発生させる原因にもなるのだろう。
このブログで複雑系の学問をこれまで以上に評価するべきことを2、3度綴ったような記憶があるが、地震発生には気候(雨の影響)や気温の変化も影響するようだ。

地震予測にはその辺りの学問もこれまで以上に溶け込ませ考察する必要性があると思う。

今回、年配の社長さんも同行している出張なのだが、良く物事を知り自ら体験し、その経験談を話してくれるので、私には勉強になり非常に楽しめているのだが、その方も「地磁気が狂ってきている」という台詞を何故か何度も口にしている。

今後の地震学には、考古学(これは存在し地震考古学と呼ばれている)、気温、気候、太陽からの影響や電磁波、地磁気など、様々な学問分野を加えれ議論する場が増えれば予測の精度も上がるのだと思う。
反面、太陽に関しては人類が知らないことがあまりに多く(NASAは米国の軍事機関なので、バレそうなことしか発表しないので、米国は他国より知っていることは多い)、その部分が欠落すると考えると、地震予測に100%はありえない。

更に私の様に地球をガイア=偉大なる生命体と捉えている人の場合。 生命体の動きや進化を前もって100%読み取ることは現在の人類科学では不可能である。 そう考えると地球上で発生する地震予測100%はありえないとも思えてしまう。
しかしながら地球が生命体なら人間の様に心もあり(あまりにも懐と心が広いので、人が神様と呼んでいる存在の一つかもしれない)、地球の心にはその地表で生かされている人間という近年かなり身勝手な動物の心の在り方や行動も捉え影響するのだと想像すると、夢のある話でもある。

恐怖せず「多くの人々がくるぞ!くるぞ!と意識を向けている間、東海地震が発生しなかった」日本の過去を振り返ると、人間一人一人の心の在り方や生き方が地球に影響しているようにも感じ取れ、非常に面白い。

100%の地震予測が不可能でも人々の心の在り方が大難を小難にすることは可能なような気がしてくるし、そんな想像は楽しい。
恐れることなく、忘れることもなく、淡々と備えましょう。

三寒四温の時期。
そしてあまりよくない震源での地震発生。

この数ヶ月は震度4~5は発生して当たり前の時期に突入なのかもしれません。

とりあえず再び通常よりも防災意識を強める季節になったということを頭の隅っこにおいて、地震に注意しつつ、日々楽しく過ごしましょう。

仕事終了後、私がバアで少しでも防災意識が広まることを想像し、楽しみながら綴った文が上記です(笑)。




テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/2009-57126f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。