インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も幸福な国インドネシア 2011年度幸福調査
統計上の数字とは言え、2011年度の幸福度調査でインドネシアが最も幸福な国という結果が出た。

2011年度の幸福調査を発表したのは、フランスの調査会社イプソス。
対象となった国は24ヵ国。 1万8687人。

フランスの調査会社やインドネシアが最も幸福な国と選ばれたことには、何ら文句はない。
むしろ面白い結果を見せて頂いたという感が強い。
ただし統計数字はいくらでもいじれれば操作も可能。
もちろん調査会社の信用もあるので基準をいじったなどと疑いもしていないが、インドネシアが幸福度No.1という結果には少々違和感がなくはない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年幸福調査:インドネシア人の51%、中国人の19%、日本人の16%が幸福

2012年2月12日、フランスのコンサルティング会社、イプソスが2011年の世界幸福調査を発表した。

 統計は世界24カ国の1万8687人を対象に実施された。
統計によると、2011年が幸福であったかどうかの質問に対し、各国調査対象者の内、22%が「非常に幸福である」と回答した。

 地域別に見ると、最も幸福であったと認識しているのはラテンアメリカの回答者で、32%が「非常に幸福」を選んだ。また北米回答者の27%、アジア・中東・アフリカ回答者は24%が「非常に幸福」であった。一方、欧州回答者の内「非常に幸福」を選択したのは15%にとどまった。

 国家別に見ると、インドネシア回答者の51%が「非常に幸福」を選択肢、最も幸福な国家となった。その他国家における「非常に幸福」の割合は、インドとメキシコが43%、アメリカが28%、中国が19%、日本が16%となっている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年2月13日 China Press

調査会社イプソスによると「現在の世界は2007年と比較してより幸せ溢れる場所になった」という結果も出ている。

回答者の4分の3が「幸せを感じている」と回答。
約4分の1が「非常に幸せ」と回答。

ここまでくると「おい、おい、本当かよ?」と若干懐疑的にならないこともない。
相当恵まれている人の統計数字ではないかと思う。

インドネシアは好景気を反映していることも予想できるが、元々格差が広かった世界は最早埋められないぐらいに開いてしまっている。 それでも今が何とかなっているのは、全ての人ではないにせよ、食べられている間は平静を保つというあの国特有の文化も影響しているように取れる。
過去、暴動が起きている時は「食べられない=このままでは生きていけない」というケースが少なくない。

投資を呼ぶにも非常に良い統計結果が出たが、インドネシア政府には、天候原因の不作や食糧物価高騰に今後も引き続き注意して欲しいと願う。

大洪水の被害に見舞われたタイだが、一転して今度は田んぼが干上がってしまっています。
アジアの米所、タイでは不作が心配されているので、輸入国は要注意です。

またオーストラリアが洪水に見舞われた反面、中国では一番大きな湖が干上がっています。
放射性物質問題もあるかもしれませんが、日本の水源は今後も狙われます。
埼玉県が水源地買収に関して条例案を提出しようとしていることは大正解です。
水がゴールド同等に輝く価値を持つ日は左程遠くないと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イプソスのジョン・ライト上級副社長は、「(人が幸せを感じるのは)経済状況や健康状態によるものだけではない」と指摘。「時には、温かい料理や、屋根のある家に最高の幸せを感じることもある」と話した。同社では2007年から調査を行っており、幸せ度数を数値化し、その推移を追っているという。
幸せは金では買えないということを裏付けているのか、米国、カナダなどの経済大国は国別ランキングの中盤にとどまっている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年2月12日 ロイター

暴動が発生しているギリシャは一体何位だったのだろうか?

ギリシャ 暴動 3

日本にはあまり緊迫した様子が伝わってきませんが、国家が破綻、崩壊する様の悲劇は写真からでも感じることが出来ます。

ギリシャ 暴動 1

10万人以上がデモに参加し、海外で配信されている記事や写真を眺めていると、デモ+暴徒VS警察官で、国会議事堂前の広場では火炎瓶と催涙弾が飛び交った模様。

ギリシャ 暴動 2

アメリカも相当の人々が食料や医療の政府援助を必要としている。

日本と世界各国のニュースを眺めていると、とても幸せ感が増した世界になっているようには見えないのだけど・・・まあ私はかろうじて寝る場所、温かい食事、酒には恵まれているので、というより、これまでも生きてこれて儲けもの的な最低な期間も数度経験しているので現在は幸せです。 これでねーちゃんでもいれば「非常に幸せ」と回答するのかな?(笑)。

第一位 インドネシア
第二位 インドとメキシコ

それで比較的最近日本で注目を浴びた幸せの国ブータンは一体何位なんだ(笑)?




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1995-7ca0c99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。