インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発推進 国と企業が11大学に104億円提供
原発推進の為に11の大学に104億円を国と企業が提供していたことを毎日新聞がスッパ抜いている。

やはりというか何というか。
確かに諸々の研究には莫大な資金が必要になる。
国と企業が資金提供をしないと研究が進まないことは十分に理解できるが、記事中「原発の危険性に警鐘を鳴らし続けてきた京都大の小出裕章、今中哲二の両助教には、「原子力マネー」の提供はなかった」とあるように、与し易い研究者達との癒着は十分にあっただろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<原発推進>11大学に104億円 国と企業が提供

 東京大や京都大など11国立大学の原子力関連研究に対し、06~10年度、国や原子力関連企業などから少なくとも104億8764万円の資金が提供されたことが、毎日新聞の集計で分かった。規模の大きな大学は毎年、数億円規模で受け取っている。「原子力推進」に沿う限り、研究資金を安定的に得られる仕組みで、大学が国策に組み込まれている構図が鮮明になった。

 各大学への情報公開請求で得た資料を分析した。原子力関連の研究室や研究者が、受託研究▽共同研究▽奨学寄付金▽寄付講座--の形で、国、日本原子力研究開発機構などの政府系団体、電力会社や原子力関連企業から受け取った金額を集計した。未公開部分もあるため、実際にはもっと多いとみられる。

 ほとんどは受託研究が占め93億円。特に国からの委託は高額で、文部科学省が福井大に委託した「『もんじゅ』における高速増殖炉の実用化のための中核的研究開発」(5億1463万円、10年度)など億単位も目立つ。

 共同研究は総額4億1083万円。企業側が数十万~数百万円を負担することが多い。

 奨学寄付金は総額2億1822万円で、研究者が自由に使えるケースも多い。

 個人別で最多だったのは、福島第1原発事故直後、当時の菅直人首相から内閣官房参与に任命された有冨正憲・東京工業大教授で1885万円。有冨氏は「持病があり、学会などで海外渡航する際にエコノミークラスが使えず、旅費がかさむ。その点を配慮してくれているからでは」と話す。

 企業からの寄付が研究結果をゆがめる恐れについては、「気をつけている。私は安全評価より開発研究が中心で、問題は生じないと思う」と話した。

 一方、原発の危険性に警鐘を鳴らし続けてきた京都大の小出裕章、今中哲二の両助教には、「原子力マネー」の提供はなかった。

 寄付講座は4大学が電力会社などの寄付で開設し、総額4億9100万円だった。

 大学別では、京都大33億640万円、東京大25億55895万円、東京工業大16億7481万円の順だった。【日下部聡】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年1月22日 毎日JP

昨晩は仕事がらみで競輪選手の方、2名に夕食をご馳走になっていたのだが、1名の方は元々福島にお住まいで現在千葉に疎開中。 奥さん子供共々で先輩にあたる方にお世話になっていると言っていた。
東京もかなり放射能に汚染されているので、千葉でも心配は絶えないが、福島にいるよりかは相当マシだと考える。
「地震の揺れも然りだが、福島にいることは生きた心地がしなかった」という台詞が印象的でした。

福島第一原発の現場で懸命な作業を行ってくれている方達の必死な努力は理解しながらも、福島の4号機建屋は見るも無残な状況になっている。 使用済み燃料プールは再び大きな地震が直撃すれば持たない可能性が高い。 まだまだ非常に危険な状態が継続中である。

そして、もんじゅ。
炉内に落下していた装置は無事に引き抜けたとはいえ、いまだに危険が去ったわけではない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もんじゅ:制御棒、一時動かず 原子力機構、原因究明へ 「安全上致命的」指摘も/福井

 日本原子力研究開発機構は20日、停止中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(敦賀市)で昨年末から、原子炉内の核分裂を抑える制御棒19本のうち2本が一時的に動かないトラブルがあった、と発表した。既に復旧したが、原子力機構は制御棒を駆動させる装置に原因があるとみて、メーカーに送って調べる方針。経済産業省原子力安全・保安院は同日、2月中に原因究明するよう原子力機構に指示した。

 もんじゅの制御棒は、運転中の出力調整に使う13本と、炉内の出力に異常があったときに緊急用に使う6本があり、今回のトラブルはこの6本のうちの2本。

 原子力機構によると、先月12日の点検中に制御棒1本が動かないことが分かった。昨年11月に駆動装置を取り付け直しており、ケーブルをつなぎ直すなどして2日後に復旧させた。他の駆動装置を点検したところ、もう1本が動かないことが分かった。

 制御棒の駆動装置はいずれも90年に設置され、これまでトラブルが起きたことはなかったという。原子力機構は「制御棒はすべて原子炉に挿入された状態で、安全上の問題はない」としている。

 しかし、もんじゅに関する著書がある元京都大原子炉実験所講師の小林圭二さんによると、商業用の軽水炉では原子炉内の出力を制御棒と炉内の水のホウ酸濃度で調整することができるが、もんじゅは水の代わりにナトリウムを使用し、ホウ酸は使えないため、制御棒だけで出力を抑える必要がある。小林さんは「もんじゅにとって、制御棒のトラブルは安全上、致命的だ」と指摘している。【柳楽未来】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年1月21日 毎日JP 福井版

ただでさえ無駄で膨大な資金を食い続けているもんじゅ。
もんじゅは立地的にも非常に危うい場所に立っており、日本列島が動いた今、早く稼働停止にしないと近い将来、大きな災難が襲う可能性は否定できない。

再びクリス・バズビー博士の映像を貼って起きます。






福島 東京も放射能汚染深刻!20万人が発癌を予想!英TV番組(字幕) SkyTV

特筆するべき点は、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDの錠剤が、ストロンチウムとウランのDNAの結合を防ぐという発言。

これをどう捉えどう行動するかは個人次第ですが、サプリメントが活用出来るというポイントは、摂取過多にならなければ健康問題も起こらない筈です。
放射能汚染の酷いエリアで思うところのある方は、この情報を活用するのもいいと考えます。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

3月の事故直後にテレビで安全神話をふりまいていた学者は東大や東工大の学者だらけで、
癒着があることは見え見えでしたが、それにしてもすごい金額が流れているのですね。
以前見た小出裕章先生のインタビューで、京大にも資金は流れていて原発推進派の大学なのに、
どうして反原発活動を続けられたのがという質問に対して、京大には異端者がいて放っておいて
くれるような校風があった、東大だったら切られていただろうというようなことをおっしゃって
いました。世間が皆シロと言っている中で、クロと言う人の発言を消さずに許してくれるような
社会が必要なんだなとつくづく思いました。画一化教育と癒着でドロドロのマスコミに洗脳され
ている現在の日本では、増々貴重な異端者が生きにくい世の中になってしまうかもしれませんが、
個人で真実を伝えようとがんばっているフリージャーナリストや個人で様々な情報を違った視点
から伝えてくれるこういったブログのおかげで、マスコミの洗脳から逃れることができます。
いつも貴重な情報の発信ありがとうございます!
[2012/01/22 21:31] URL | Mia #- [ 編集 ]

コメント感謝です
はじめまして。

貴重なご意見とコメントに心より感謝申し上げます。

>クロと言う人の発言を消さずに

以前、ネットニュースの全転載はどうかな?と思ったこともありましたが、余程の記事でないとネット上にいつまでも残りません。 そんなこともあり、また備忘録代わりに残しておきたい記事は転載しようと考えるに至りました。

まあ馬鹿なこともたくさん綴っていますので、楽しく読んで頂き、人がそこから何か得るものがあれば、それがブログを継続する者の原動力ですね。

[2012/01/24 19:56] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1971-4382713b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。