インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金がかからず健康的 隅田川七福神巡り
1月3日はカミさんがいる友人も暇で、彼の奥さんもどっかに行ってくればと言ってくれたお蔭もあり、野郎3人でブラブラすっかということになりました。

隅田川七福神 1
東武 鐘ヶ淵駅

車で遠出をするとリターン渋滞に嵌る可能性が大。
私的には鹿島神宮と香取神宮に昨年のお礼参りをしたかったのだが、有名な神社・仏閣はどこも芋洗い状態だろうと言うことで後日に回すことに。

隅田川七福神 2

そのため、いつもは企画担当の私も考え込んでしまった。
企画担当と言っても、通常は私が突発的に行きたい場所、やりたいこと、行く日を決めるだけで、あとは同行する友人達がコースや効率性を検討してくれるので、非常に助かっています。

隅田川七福神 3

ともかくダラケ気味に陥りやすい正月は、少々過激にカロリーを消費したいので、それでは長時間歩くかという方向性で、友人が隅田川七福神巡りのアイディアを出してきたので今回はそれで決定。

隅田川七福神 4
多聞寺 毘沙門天

七福神巡りは結構様々な場所で、ルートが確立されており、そのことは初めて知ったので少々ビックリ。
「極力、長い距離歩けるやつな」ということで、隅田川七福神巡りに落ち着きました。

隅田川七福神 5
独身の方、申し込まれては?

これが中々いい。
お金がかからず健康的だ。

隅田川七福神 6
私 「すげーなあ、ここは! どんな女をスカウトしてくんだ? 巫女になる女、そんなにいないのか?」
友人 「ボーイスカウトの女性版だろ!」

どんな神社・仏閣に行っても手を合わせ感謝するだけで祈願などはしない私には、どんな神様が祭られていようが、そんなに気にはならない。
「お金がかからず健康的」は今の世相にあっており、悪くないと思った。

隅田川七福神 7
白鬚神社 寿老神

神社・仏閣でも祈願の多い場所は、管理する人々が余程しっかりしていないと、その分穢れてしまうので、もったいないなあと思うことも多い。
特に正月の神社・仏閣は多くの人々の欲剥き出し・欲まみれの場と化すので、祓いの場としての自然や森を残す大きな神社はまだしも、気の悪さを感じる人もいるのではないかと思う。

隅田川七福神 8
百花園 福禄寿

粘菌を研究し、博学で天才とも言われている南方熊楠はそのことに気が付いたから「神社合祀令反対」という行動に打って出たのだろう。

隅田川七福神 9
百花園 緑美しいシーズンには都会の中のオアシスか?
営業をさぼって休憩するための場所として押さえておくのもヨシ。

天才・南方熊楠然り、科学と直結しそうな遺伝子学を学び世界で名を成した科学者、例えば筑波大学名誉教授である村上和雄氏は、神やサムシング・グレートが在るという様な世界観を持つようだ。

隅田川七福神 10
言問団子 江戸末期からある老舗のお団子屋
美味い! 休憩にいい。 女性連れで七福神巡りをする人にはお勧め。

現在村上和雄氏は著書「遺伝子が目覚める瞬間 スイッチ(サンマーク出版)」で、遺伝子の研究を通じて、魂の実在の手がかりの一端でも明らかにしたいと述べているので、今後の研究が進むことを期待したいと思っている。

隅田川七福神 11
長命寺 弁財天
私に一番必要な神様を祭っていたのかもしれない。

2011年から数年間が、今後の人類のターニングポイントのようが気がするが、科学と精神性の融合科学、そちらが歩を進めるのかどうか面白い時代です。

隅田川七福神 12
弘福寺 布袋尊

少々話は異なるが、ハリウッドは映画「ジュラシック・パーク」を製作し、カオス理論に焦点(映画では目立たない)を当てたのは、さすがというか何というか。

隅田川七福神 13
酒は百薬の長。
本格的に扱って欲しいものです。

ともかく科学と精神性の融合を急がせるため、今後も地球と太陽は合作で多くの人々に死を感じさせ驚くような事象を見せるのかもしれません。
反面、2011年は太陽と地球、そして他の惑星さえも意志を持って連携し、地球を守っているかのような動きも見られた。

隅田川七福神 14
三囲神社 大國様・恵比寿神
 
例えば太陽の巨大フレアで燃え上がり消滅したエレニン彗星。
エレニン彗星が予測されていた通り地球の近くを通過すれば、何らしかの大きな影響を地球に与えたことも予想され、NASAの長官の警告もそれに起因していたのかもしれない(残念ながら、NASAから回答はもらえませんでした)。

隅田川七福神 15
三囲神社は昨年1月、この三柱鳥居を見る為にやってきたのだが、今年その場所を訪問するとは夢にも思わなかった。

いずれにせよ、パラダイムシフトという単語が相応しい時代に突入だと思います。

隅田川七福神 16
おそらくこの形が古代日本の神道の鳥居。

多くの犠牲者を出してしまいましたが、金融バブル崩壊にしても、金融機関の倒産にしても、天変地異と原子力問題に関しても、日本が何故か世界の先陣を切っていることをお忘れなく。

隅田川七福神 17

偶然かもしれないし、何らしか意味のある事象なのかもしれない。

隅田川七福神 18
これも三柱。
三井家=秦氏は本当にこの三柱に深い愛着をもっている。

お金がかからず健康的な隅田川七福神巡りとは全く関係のない文面になってしまった。

隅田川七福神 19
三囲神社から遠くない牛嶋神社。

しかしながら隅田川七福神に関しては、ネットからでも情報がいくらでも収集可能なので、そこから小旅行をスタートさせるのも面白いと思う。

隅田川七福神 20
悪いところを直してくれるという牛。

隅田川七福神 21
スカイツリーの真上に月

隅田川七福神 22
ビルに美しく映っていたスカイツリー

隅田川七福神 23
浅草まで歩いたのだが、全く体力が消耗しないので、その後、神田まで徒歩で。

隅田川七福神 24

上野近くでタイの旅行者に道を聞かれ案内。
住所・電話番号をもっており、一人が英語を話せたので、簡単に見つかりました。

そのホテルのオーナー社長、知らずに一度会って飲んだことがある。
あとから知ったのだが、有名な某組のフロント企業No.1だそうだ。

隅田川七福神 25

神田から電車で新宿に。
飽きたと言っていたにも関わらず飲み会です。

食事は東京大飯店で。
中学校の頃に法事で一度寄ったのだが、当時は美味しいと思わなかった。
時は流れ、内装は美しく変わり、サービス良く、シェフも当然変わったのだろう。
香港、台湾、シンガポールで食べる洗練された中華というより、まだ食べたことはないのだが、本格的な中国料理という味で堪能しました。

そういや、30代の時に日本の有名中華料理屋で、中国皇帝が座っていた玉座に座ったことがあるのだが、ご利益なかったなと思い出しました。

隅田川七福神 26

この日も様々な会話をしましたが、一方的にメンヘラーに惚れられて、えらく迷惑がかかった友人の話と私のメンヘラ―体験談(やっていません)、ビッチの話等で盛り上がったので大した内容は皆無です。

七福神巡りをして運気が上昇したかどうか?

私はもともと運はいい。
困ったことも発生するが、まあ何とかなっている。
金運が弱いような気もするが、お金がない時でも、おそらく人よりも美味しい食事と酒をご馳走になっていることを考えれば、その意味での金運は異常に強い。

女運。
昨年、数十年ぶりに会った親類を含めたおばさん達には結構信用があるようで、更に以前から子供はよく寄ってくるので、年齢軸がズレているだけだと思う。 思おう。 思いたい。 思うべし!

隅田川七福神巡りは色々とWebがあるので、参照にするといいでしょう。

巡った後に酒を飲まなければ、隅田川七福神巡りはお金がかからず健康的な遊び方の一つだと思います。
こちらのサイトも地図がありお勧めです。 → 隅田川七福神めぐり



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日本の旅 - ジャンル:旅行

コメント
七福神
私も3日に深川の七福神めぐりをしましたが、電車のなかで向かい側に座ってた3人ずれ
(中央に背が高くてスポーズシューズの男性)がなんとなくマサキさんではなかったのかな
と思います。
[2012/01/10 07:10] URL | おさむジー #- [ 編集 ]

Re: 七福神
はじめまして。

コメントありがとうございました(笑)。

10時に浅草で男性の友人2人と待ち合わせ。
東武線、10時20分頃の浅草発で鐘ヶ淵駅方面行き。
おっしゃるようにスポーズシューズ。 そして背が高く黒いロングコートを着ていて、公共の場では気にはしているものの、比較的通るでかい声で、時折くだらないことを話していたら(行きの電車ではしてないですね)、それは私だったかもしれません。

ただ100%の記憶ではないのですが、座った記憶がありません。
乗車当初、しばらく立っていたのはよく覚えています。

良かったです。
いかがわしい場所で見かけたかもしれませんというコメントでなくて(笑)。

[2012/01/11 00:55] URL | MASAKI #VG2Acnbs [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1953-7e5f712b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。