インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 下
既に何度も綴ったが、チュルメ洞窟 Goa Cermeの良さと素晴らしさは、一般観光客でもその気があるのなら、洞窟探検を体験でき、更に素晴らしい多くの鍾乳石に出会えるという点である。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 38

鍾乳石にはかなりの種類・形状と呼び名があるようだが、チュルメ洞窟ではほとんど確認出来るのではないかと思えるぐらい豊かな表情を見せる洞窟である。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 21

実際のところ目立つ鍾乳石には「Keraton (王宮)」「Lumbung Padi (米倉)」「Kayanggan  (パラダイス)」「Air Zamzam (コーランからでメッカの聖なる泉の水)」などの名前が付けられているらしい。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 22

我々が歩かなければ水底に溜まっている土が舞い上がることもなく、非常に綺麗な水であった。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 24

この鍾乳石の名前は「巨根」 ・・・というのは嘘です。
この高さに成長するまでに膨大なる時間を必要とする。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 23

チュルメ洞窟の中で目にする鍾乳石は数百年、鍾乳石によってはそれ以上のものを目にする。 水が滴り、目に見えないレベルで、少しずつ形成される鍾乳石。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 25

普段は時間に追われることの多い現代人。 私もその一人だが、鍾乳石を見ていると悠久の時を感じさせられると共に、時間という概念が壊されたような気にもなる。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 26

屈まなければ通れない場所も数カ所あり。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 27

いい湯だな、アハハン

チュルメ洞窟 Goa Cerme 28

何故か思わず笑ってしまう、上半身まで水に浸けないと通れない場所もあり。

ピテはさすがに冒険野郎で歩くのが早い。
私も歩くのは相当早い方だと思う。
さらにオッサンなので、こういう時に足手まといにならないように、ジャカルタSoho滞在中は、週数日、7キロジョギングをし、簡単な筋トレとサンドバックを3~5ラウンド消化している。

時折、自然の素晴らしさ、星を散りばめたような鍾乳石の美しさ、神秘さを堪能するために足を止めるも、1時間半ぐらいで出口近くへ。
距離を聞き忘れたが、2、3キロの行程だろうか?

チュルメ洞窟 Goa Cerme 29

最後に主のようなウナギ?に遭遇。
写真では分かり難いがかなりの長さ大きさである。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 30

人に慣れていないのか、全く怖がる気配なし。
久しぶりにかば焼き喰いてーなあと素直に思った。

出口。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 31

道中、水で見えない窪みに嵌ることはあっても、ピテが先行して歩いていたこともあり、チュルメ洞窟の中では危険はほとんど感じなかった。
それでも陽の当たる表に出ると、少しほっとしないでもない。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 32

ピテの話によると、この場所も太古に隆起してできた洞窟のようなことを言っていた。

チュルメ洞窟 Goa Cerme。
後悔しない美しく神々しい洞窟内とユニークな形状の様々な鍾乳石を楽しめます。

洞窟探索する人は鍾乳石を傷つけない、煙草を吸わない、ゴミを捨てないなどの最低限のマナーを守って下さい。
洞窟探索した私に言う権利は微塵もありませんが、本来は人が入るだけで自然界の生態系に影響を与える結果になるのです。

チュルメ洞窟 Goa Cerme 33

また危険でなくても、安全でもありません。
探索する人は自己責任で。

さすがにマナーの悪いインドネシアの人々も、この洞窟を探索する人はそんなに酷くないようだ。
この日の収穫、小さなゴミ2つ。


チュルメ洞窟 Goa Cerme 上
チュルメ洞窟 Goa Cerme 中




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

赤い服でサンタさんかと思ってしまいました!

自然が作り出したものだけの世界に入ると
畏怖と畏敬と、なんともいえない感覚がありますね。

人間も自然の中で作られたものですから、
不思議で魅力的なのかも知れません。

良いクリスマスをお過ごし下さい。
[2011/12/25 01:03] URL | そんけっと #5Q1fTanw [ 編集 ]

コメント感謝です
こんにちは。
コメント、有難うございました。

防災関連のネタを綴る時はタイミングを見計らっています。 自身が「今」と思った時なら、あまり人の不安を引きつけず、止められなくても小難ですませられそうな気がするし、意識を強められた人は大事が発生した際に、助かる可能性が増す気がするから(笑)。

> 赤い服でサンタさんかと思ってしまいました!

これは気が付きませんでした。

通常のネタは意図的に公開タイミングを図る時もあり、今回はそのケース。
クリスマスの時に独りの方がたまたまこのブログを見ることがあれば、街のイルミネーション代わりに、満天に星の如しの美しい輝きのあるの鍾乳石を見せようと考えました。

ただカメラと撮影した人の腕に問題がありすぎて、上手くいったとは全く思っていません(笑)。

[2011/12/26 03:19] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1935-1250fe7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。