インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアにおける金(ゴールド)を取り巻く状況
インドネシアは金鉱山が存在しており、ニューギニア島のフリーポート社は世界最大の金鉱山とも言われている。

ここ最近、金・ゴールドの市場価格は下落したが、それに関しては久しぶりに近日、世界経済のことを綴る時に譲ろうと思う。
今回はインドネシアにおける金(ゴールド)を取り巻く状況を簡単に綴ろうと思う。

インドネシア人自体、そこそこに財を成した人は自国通貨ルピアを信用していない。
そして華人がインドネシア経済の7割以上を握っていることも影響し、インドネシアの人々は金・ゴールド好きと言えるだろう。
ゴールドを持つことは財産のリスクヘッジ方法の一つになっている。

端的に言えば金の発掘に関しては、非常に活況という状態である。
そして中国からの投資や話もかなり存在している。
スラウェシ島の数カ所では鉱区の発掘権利を買い、お金に余裕のある者達からの投資と発掘で賑わっている場所もある。

今のインドネシアにおける金(ゴールド)の発掘や投資状況は非常に分かりやすい。
資本主義におけるビジネスは「安く仕入れ高く売る」「必要となるコストを可能な限り抑え、利幅を増やす」が基本である。
ここインドネシアも人件費および物価は上昇しているが、ここ数年の世界金融市場の不安定によって発生しているゴールドの市場価格の高騰。
それらを比較した場合、「必要となるコストを可能な限り抑え、利幅を増やす」ビジネスが大いに成り立つと考えた華人を中心とした人々がこぞって金採掘投資に乗り出した事象は、簡単に紐解ける。

投資と言っても数十万円から出来るものもある。
富裕層に近い中間層でも手を出している人もいるが、ギャンブル的な要素は否めない。
それでも鉱区を小分けにし、採掘している現場も存在する。

また田舎などでは国が法律で定めた最低賃金など守らないケースも多い。
ようするに安い労働力を駆使できる場所もある。
そんな背景もあり、以前から川などで見受けられたが、最近では砂金採りも活発になっている。

インドネシア 金・ゴールド 状況

まあインドネシアの人々にも、今後来たるべき世界恐慌に備えられる人は出来る限りのことをしておいて欲しいと思う。

しかしながら、過去にゴールド投資で相当な利益を出した私的には一時的にゴールドは良くても、今後は良心と仲間、水と食糧の時代だと思う。 今、もの凄い勢いで時代が変わり始めているのを感じている人は少なくないと思う。 ただし私はアセンションとか日月神事は興味は持っても、完全にその通りになるとは思っていません。
色々と予想を綴っても、基本的には未来は白紙と思う方です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インドネシアの金鉱山スト、39%賃上げで収束の見通し

 インドネシアの地元メディア・アンタラニュースは15日、世界最大の金鉱山グラスベルグを保有する米フリーポート・マクモランの現地子会社PTフリーポート・インドネシアが39%の基本給アップで労働組合側と合意したと報じた。

 同鉱山は世界最大の金鉱山で、ニューギニア島の西半分を占めるパプア州の標高4000メートルに位置する。PTフリーポートで働く従業員は賃上げや労働条件の改善などを求め9月15日からストライキを決行、10月には8000人のデモ隊が警官隊と衝突した際に死者が出るなど混乱が続いていた。

 アンタラニュースによれば、PTフリーポートは初年度の基本給を24%増、2年目から13%増としたうえで、時給2.1-11.0ドル(164-860円)とされる従来の労働契約下で働いていた従業員に対して、住宅手当や教育支援、退職金について優遇することについても合意したとしている。これにより、ストライキに参加していた従業員は数日内に仕事に戻るとみられ、12年初めからフル生産体制が整うことになる。

 シティグループはリポートで、「ストライキによりフリーポートの売上が日に1900万ドル(約14.6億円)減少している」と指摘しており、従業員との和解はフリーポートにとってプラス材料となりそうだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年12月15日 MORINGSTAR

米国ではわざと手をつけないケースもあるのだろうが、金価格が低迷している時は採掘すれば採掘するほど赤字になる鉱区も少なくなかった。

近年、安い工賃で採算が十分に見合う鉱区ではともかく収穫高をあげることを目標にしていることが、手に取るように分かるニュースです。

来年、世界経済はますます荒れることがこのニュースからでも理解可能です。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1916-d703798d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。