インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡金山 道遊の割戸
佐渡金山に近づくと真二つに割れている山が車から見える。

それが道遊の割戸(どうゆうのわれと)である。
国指定史跡になっており、佐渡金山のシンボルにもなっている。

佐渡金山 道遊の割戸 4

道遊の割戸は佐渡金山の歴史の始まり1601年、開山当初から発掘が行われた最古の鉱区の一つ。

佐渡金山 道遊の割戸 1

何と人力で堀り割られた採掘跡になるそうだ。
人力で山を真二つ。
人間と自然との闘いを感じさせる容貌の山となっている。

佐渡金山 道遊の割戸 2

割戸の幅は約30メートル、深さは約74メートル。
佐渡鉱山の主要鉱脈の一つで「道遊脈」が地表に露出した部分を鏨(たがね)と鎚(つち)で堀り割ったとある。

佐渡金山 道遊の割戸 3

鏨 金属を切断したり削ったりするのに用いる鋼鉄製の手工具。
鎚 物をたたく工具。

道遊の割戸の山頂は江戸時代。
下部は明治以降、西洋技術を導入して大規模再開発され、昭和まで採掘が続けられたと説明書きにあった。

垂直に近い絶壁をなすような世界的に例がないので、その意味でも道遊の割戸は貴重な史跡である。

人間の偉業にただただ圧巻なのだが、更に驚きがあった。

佐渡金山 道遊の割戸 5

道遊の割戸の近くには機械工場跡が博物館の様になっており、採掘機械類など様々な機械や設備が見学できるようになっている。

佐渡金山 道遊の割戸 6

その中に資料の一つとして佐渡金山の鉱区全てが記載された地図がある。

佐渡金山 道遊の割戸 8

そのエリアの係員のような女性の方の説明では、「今回見学出来た鉱区はほんの一部であり、佐渡金山の坑道の総延長は約400キロに及んでいます。 そしてそれは海底にまで続いているんです」とのことだった。

佐渡金山の坑道は
東西に3,000m。
南北に600m。
深さ800mに分布しており、総延長が約400キロで、海底にまで達している。

もちろん1601年から膨大な時間を費やしてきたとはいえ、坑道の総延長が約400キロで、海底まで達しているとは言葉を失った。
それは湧き出る水との戦いでもあったようだ。
現在はかなりの部分が、水や土砂で埋もれてしまっていることが想像に易い。

佐渡金山 道遊の割戸 7

「見学された坑道は完全に安全が確保できているところだけなんですよ」

恐れ入りましたという台詞しか思い浮かばない。

佐渡金山 道遊の割戸 9

人間のパワーとはかくも凄いものなのだということを佐渡金山と道遊の割戸はひっそりと、そして力強く伝えている史跡なのだ。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日本の旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1890-51118e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。