インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本での今年の旅の締めくくり
この土・日のどちらかで念願の皆神山を観てこようと考えています。
皆神山は怪しい説では日本のピラミッドと呼ばれている山です。

可能であれば戸隠まで足を伸ばす予定。

数年ぶりに電話をすると「会いたいねえ」と、血は繋がっていないのだが、その昔可愛がられお世話になった、もう今は爺様で隠居している方に言われてしまったので別所温泉にも寄る予定。

先日の京都は大事な仕事から発した旅でしたが、単なる数年ぶりの休息で場所はご先祖の土地とは異なるとはいえ、その後の新潟、そして長野。
単なる偶然なのですが、全てご先祖様と私の過去に縁のある土地ばかりです。

私は仕事上インドネシアに縁があるのでインドネシアを第二の故郷と思う方も多いのですが、第二の故郷は京都と長野で、インドネシアは第三の故郷だと思っています。

長野の別所温泉にある旅館。 臨泉楼・柏谷別荘は、分家なので帰る田舎が無くなっていた父母が、夏休みになると田舎代わりに毎年のように連れて行ってくれていたところです。
今思うと贅沢なことですが、子供の頃に何日も同じ場所に泊まっていたので、当時はまたあそこかと失礼なことを思っていたことを記憶の中で蘇らせるとともに、裏にある沼で釣りをしたり泳いだり、低いとはいえ山に登ったりで、冒険心を満たす遊びを随分満喫していたことも思い出します。

大学に入り、土方バイトばかりも少々飽きたので、夏休みと冬休みに別所温泉の柏谷別荘で住み込みバイトをしていたこともあります。

最初にバイトにいった時は住み込み部屋が空いていなくて、誰だったかな、確か川端康成が作品を書いたと言われる4階(当時から現在にかけても消防法で使用不可だと思う)のやたら広い部屋に一人で寝泊まりしており、慣れないうちは酒でも入れないと怖くて中々寝つけないなんて経験もした。

あまりにも広すぎる部屋だったので、初めの頃は部屋の片隅6畳ほどの使用のみだった。
最初の頃は夜の闇が怖くて隣に繋がる襖をあけるのにも勇気が必要だった。 別に開ける必要もないのだが、「男だったらビビるんじゃねーよ」と思いつつ、襖をあけて様子を窺う何て馬鹿なことを夜中に何度もしていました(笑)。
明治43年の創業の木造建築なので、3日ほどして慣れるまではリアルに闇と襖で閉じられていた隣の部屋が怖かった。

またそんな時に限って、子供の頃、近くの山に夜カブトムシを取りに行って、火の玉をみかけ損なったり(途中から合流しようとしていた人が、道を進む我々よりも少し先の方に青白い火の玉が出てきているのを別の角度から見発見し、驚いてパ二クリながら飛んできたので進むことを止めた)したことまで思い出してしまったりで。
別にその部屋で怖い思いはしなかったし、大体これまでも霊的な恐ろしいことなど経験したことも見たこともない。

今思うと文豪が執筆で宿泊していた部屋に泊まれたのも万人に一人の貴重な体験だ。
それ故に駄文ではない文章が綴れば良いのだが、インドネシア情報局は相変わらずの駄文製造機と化しているような。

今回その旅館は満室で泊まれませんが、北向観音で父が寄進した柱でも確認してこようと思っています。

大惨事に襲われいまだ様々な影響のある2011年の日本列島。

全て偶然だと思っていますが、昨年、今年と大事な人とのお別かれもありながら、縁という意味では、来年を目前にして、何か括り直しをさせられたような気がしています。 必要な場所に行かされ、必要な人達に会された感じ。

北向観音の建立は「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」という観音の誓願によるものといわれています。

「北斗七星が俺を呼んでいるぜ!」とう訳で、来年はこれまで以上にケンシロウの様に堂々と前進できることを思いつつ、日本での今年のお笑い旅の締めくくりをしてきます。

土・日ともにブログのアップは行えるようにしてありますので、引き続きお楽しみ下さい。



テーマ:日本の旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1879-4caeb457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。