インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメの値段の上昇
以前より近年食糧・食料インフレが世界を襲うことを指摘しておいてが、インドネシアもやや深刻な兆候が見えていないこともない。

今回の出張で非常に気になっているのは「コメの値段の上昇」です。

中国の工賃が上昇し、中国一国依存からの脱却を図るため、また中国では価格が合わなくなってきたこともあり、様々な企業の目が向いているインドネシアは今熱い。
しかしながら、世界経済がリンクしている現在、インドネシアだけがこのまま好調さを保つとは思えない。

インドネシアは慢性的にインフレ傾向なので、毎年、様々な商品の価格が上昇する。
それゆえにメーカーとの交渉も毎回、価格アップに焦点があたる。
毎年のことなので、ほぼこちらの想像通りにアップするのだが、工賃アップには比較的鈍かったバリ島(田舎で都市部ではない)でも、「厳しいので価格をアップさせて欲しい」と言われた。

「今年25キロ、160,000ルピアだったコメの値段が210,000ルピアになった」

もちろんコメ以外の原材料の価格もアップしているのだが、田舎の様な場所だとコメの値段が商品価格=材料費+工賃+利益(こんな単純ではないが、ここではわざと簡単に綴る)に影響するとは目から鱗だった。 しかしながら「コメの値段が価格上昇の一つの指標になるのなら、それはそれで非常に分かりやすい」

「コメの値段が上昇し過ぎ。 政府は何を考えているんだか・・・」
溜息のような台詞が、私が大好きなメーカーの親分の口から出ていた。

雨季の時に雨が多すぎ、太陽が顔を出す日が少なかったこともあり、不作であった唐辛子の価格が急上昇し、多くの庶民の食卓を襲った。
乾季の時期は雨が少なさすぎて、これまた例年より不作という話もある。
コメの収穫量にも大きな影響を与えているようだ。

ジョグジャカルタでも商品価格はアップ。
お客さんは弊社を通し円・ルピア決済にしているため、円高為替で商品価格がアップした分は吸えそうなのだが、早速コメの価格を聞いてみた。

「キロ、6,000ルピアだったのが、10,000ルピアにこの数ヶ月で急上昇」
少しの差はあるとはいえ、バリ島とあまり大差ない上昇を見せている。

コメの値段上昇はご飯が主食の国、インドネシアの貧困層に重くのしかかる。
いますぐ何か、デモなどが発生するとは考えていないが、今後もコメの値段の上昇と食糧物価には引き続き警戒が必要だとつくづく思った。

ご存知の通り、コメどころの国、タイが洪水で被害を受けました。

今は日系メーカーや目先の危機的状況や経済への影響のみに目が向かいがちですが、今後タイの米が不作になる影響もじわじわと表面化してくると思います。 特にタイからコメを輸入していた国。

本日夕刻にジャカルタに向かう予定でしたが、現在農作物の問い合わせが入っている。

本来はスケジュール通りで出直そうと考えていたのだが、飛行機代や時間を考慮するとこのままジョグジャカルタに残り、以前綴った友人のアグンが進めている農地を見学したいと思った。
閃いたのでアグンに電話すると「今晩、ジョグジャカルタに別件で向かいます」と回答を得、ラッキーな自分にほくそ笑む。

彼とは日曜日の夕刻からアポを取り、農作物に関して少しでも理解が深まればというレベルで視察してきます。 本当は緑の中をトレッキングしたいだけとも言えるのだが(笑)。
天候次第ですが、休みの日の土・日の日中はガイドを雇い2ヵ所の洞窟探検が出来ればと考えています。

本日のスケジュールは完全にブランクになった。
私のスケジュールを見事に狂わせてくれた困ったちゃんお客さんの案件ケアーのため、OEM工場として使用している別の町の家具工場とミーティングをすることにしました。

私がそこまでする必要は全くなく、時間とコストを消耗する結果になることも見えているのですが、サービスなくしては仕事の取るのが難しい時代ですし、私の性分なので致し方ありません。 仮に尽くしたその会社からは何も戻ってこなくても、全く違う場所からラッキーなことが必ず舞い込んでくるので、淡々と楽しみながら仕事をすればいいだけです。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1844-11c090f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。