インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識を疑い、勘と感の重視も悪くない
ジャカルタSohoに滞在中だが、母国である日本のことを気にかけていないわけではない。

23日にはあまりいい傾向とは受け取れない地域での地震が多発している。
太陽黒点が100を超える日が1週間以上も続き、大規模なXフレア及び中規模のMフレアも発生している。
今後もフレアの発生は活発と予想されている。

ある意味では地震が発生ないし多発する条件が整っているのだが、前回は黒点100越え及びXフレアの2度発生でも事なきを得た。
その時に地震の分布図をライブで見ていた限りでは、世界中に被害が出ない中規模でうまく散ったようにもとれた。
太陽、宇宙、地球に関しては、現代科学では不明なことの方がはるかに多く、現在の理論では予測不能なことが多いので当然の結果でもある。

現代は「常識を疑う」「自身の勘や感も素直に受け止めてみる」という時代になってきているのではないだろうか?
フト、そんなことが最近特に頭に浮かぶ。

例えば9月23日付けのニュースでは「名古屋大などの国際研究グループが、物質を構成する素粒子の一種であるニュートリノが、光の速度より速く飛んでいるとする観測結果を発表」したことが報道されている。
更なる別の研究団体からの検証から結果が導き出されるとはいえ、仮にその観測結果が正しいことが完全に証明されると、天才アインシュタインの特殊相対性理論が崩壊することになる。
要するに現代物理学の基礎となってきた理論が誤っていたという話になる。

基礎が間違っていた!?
要するにその後にそれをもとに研究発表され、これまで証明=真実と考えられてきた科学・学問にも様々な過ちが含まれている可能性が大いにあるということでもある。

一般の人も含め、科学者や官僚=勉強し過ぎて頭が固く、仕事柄執着心が強くなってしまっている人には特に多いと思うが、証明されていることは信じるが、証明できていないことは信用するに値しないという人は多い。
しかしながら、人生で様々な経験や挑戦を享受しようとする者達が時に、また必然的に持つ「常識を疑う」という姿勢は、今後も非常に重要であるということを忘れてはいけない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ

 名古屋大などの国際研究グループは23日、物質を構成する素粒子の一種であるニュートリノが、光の速度より速く飛んでいるとする観測結果を発表した。

 現代物理学の基礎であるアインシュタインの特殊相対性理論では、宇宙で最も速いのは光だとしている。今回の結果は同理論と矛盾しており、観測結果が事実なら物理学を根底から揺るがす可能性がある。

 この観測結果が得られたのは、スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)の「OPERA実験」。ニュートリノ(ミュー型)を加速器という装置で打ち出し、約730キロ・メートル離れたイタリアのグランサッソー地下研究所へ地中を通して飛ばした。

 光はこの距離を0.0024秒で飛ぶが、今回の観測によって、ニュートリノは光より1億分の6秒早く到達していることが分かった。これは、光の速度より0.0025%だけ速く飛んだことを示している。

 ニュートリノの飛行速度を巡っては、2007年に米国の研究チームが論文を発表している。しかし、この時は誤差と区別がつかなかったため、「光速と差がない」と結論づけられた。今回は原子時計を備えた全地球測位システム(GPS)と光学測量を組み合わせ、3年間かけて約1万5000個分の飛行速度を精緻に測定した。その結果、誤差を考慮しても、光速を超えていることが判明した。

 この観測結果は現代物理学では説明できない。観測に参加した名古屋大の中村光廣准教授は「物理学全体への影響が大きいため、解釈は加えないと研究グループ内で合意している」と述べ、他グループの実験による検証を求めるために発表に踏み切ったとしている。

 ◆ニュートリノ=電気的に中性で、物質を透過する。「電子型」「ミュー型」「タウ型」の3種類があり、飛行中にそれぞれ別の種類に変化するニュートリノ振動という現象を起こす。以前は質量がゼロと考えられていたが、故・戸塚洋二東京大特別栄誉教授らによる観測で、質量があることが明らかになった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年9月23日 読売新聞

人間には鋭い機能が備わっていて、日本語で言えば「虫の知らせ」という言葉もあるように、勘や感(過去に勘と綴らずに感を使用したブログタイトルがあったが、あれはわざと感じて何かを予測するという意味で、あえて誤字である感の方を使用しました)は人々に与えられた天分、機能である。
ある意味、動物には直線的に備わっており、現代に生きる我々には鈍くなっている本能の可能性も高い。
動物的な行動は理性が伴わない行動がほとんどのような錯覚も起きるが、古代人、特に日本人には非常によく理解されていた当たり前の感覚だった可能性さえも否定は出来ないと最近の私は考えている。

心理学でいうユングが提唱した「集合的無意識」、すなわち「人間の無意識の深層に存在する個人の経験を超えた先天的な領域」=コンプレックスの概念発見から、集団・人類の心に普遍的に存在する先天的な元型の作用力の存在は、自然だけでなく人間そのものもおかしな人の増加が顕著な現代、改めて多大なるヒントを与えるような感覚をさえも甦る。
自己の元型は心=魂全体の中心にあると考えられている。

宗教的な云々は無視しても、古代から連綿と続く霊的な仕掛けさえも行ってきた日本においてさえ、人々が見えない、科学的に証明出来ない世界は信用できないという状況は、カオス的状況において更なる混乱=複雑化を招く事態さえも発生させている気がしている。

真理とは実に単純である可能性さえも否定できない。
事実、秘めたいことは誰にでも分かるように示し過ぎることで隠すことも可能。

過去に綴ったように、私は死ぬまで無宗教の有神論者でいると思う。
それは科学では証明できないが、真理と思える事象や物事を神や天と綴らざるを得ない部分が発生するからだけではない。
私は古代遺跡、特にピラミッドやマヤ遺跡など、幸運にもこれまでに見学で来た「怪しい」と形容詞が付く遺跡が大好きである。 それらは大いなるものが介在したとしか言えない叡智を圧倒的な存在感とともに示しているようにもとれるからである。

無宗教者が綴ると違和感があるかもしれないが、キリストに関して。
これは私の妄想と思って下さい。
イエス・キリストや、また仏陀のような聖者と言われる人々は、その悟ったと伝えられる教え=教義を、団体化・組織化しろと言ったと記述は見当たりません。 私が知らないだけかもしれませんが。
バチカンのある欧州よりも、何故かキリストが人類に示したかった心は、むしろ現代において遠い日本に存在していると思えることしばしばです。

さてイエス・キリストの聖遺物の存在は色々と言及されていますが、果たして本物はどこにあるのでしょうか?
古代ユダヤ人が神から授かったという三種の神器しかり。
キリスト同然に全ての私を捨て公と民の平安を思い、祈り=神事を続ける日本の天皇家と神道にその秘密が隠されているというのが、旅好きで見て感じるだけしか出来ない、私の妄想=勘と感が導き出した結論です。

今回はこれまで以上に支離滅裂に話しが飛びまくりました。

この日記の趣旨は「常識を疑え」「勘と感を活用しよう」ということです。
それは集合的無意識上、それらを悪い方向で活用してしまったり、良くないものを引き寄せるのは避けたいという希望です。

深層心理で来るとネガティブに多くの人が感じ想像すると、私は経験があるだけに悪い事象はどうも簡単に実現化する可能性が高まると考える。 事前に最悪を想定して楽観的に行動するという方向性に多くの人が実行できれば、それで最悪の事態が起きても多くの命が助かる可能性があると私的に判断しています。

私が自然災害に関してのニュースや防災術を綴っているのは、誰かを不安にする意図は全くなく、そういう理由です。
不安のある人達が友人達と飲み屋で語り合う時に、お互いの深層心理上の不安解消として、こんな防災術もあるから対処可能という心の平安も生み出して欲しいと願うからです。
もちろん男は惚れている女に「俺が守ってやるから心配するな」という単純だが愛のある台詞で、女性の不安を取り除いてあげることでも十分でしょう。 悪用するかしないかは個々の良心次第。
怖がる、怖がらせるのではなく、集合的無意識が悪くない結果を導く良い方向に持っていきたいですね。

地震の話から相当逸れました。

太陽黒点およびフレアの発生や地震発生のリアルタイムは下記のWebで確認可能です。
時系列に見ていると、当たらなくても気持ちを引き締められ、また勘と感も働くようになると思います。

http://quakes.globalincidentmap.com/Ring of Fireを意識していると、ざっくりとはいえ、かなり読みやすいです。

http://swc.nict.go.jp/sunspot/
黒点100越え及び大規模フレア発生に注視。

http://swc.nict.go.jp/contents/index.php
最初はピンと来なくても見慣れるとなんとなく何故か理解できます。

勘と感はもちろん外れます。
私を含め多くの人が眠らせてきてしまった能力という可能性があるので、まずは覚ますことが肝要です。

太陽活動の活発化は今後も継続することが予想されています。
よって地震発生の条件が揃う事象は今後も継続されるので、覚悟を決めて、淡々と生活することが賢明です。

ただ少しでも意識で来たお蔭で用心が出来ている気持ちの在り方が、自身の未来を変え、仮に最悪の事態に出くわしても自身と周りに良い影響を与える可能性もあると思っています。

地震はいつどこで発生するか分かりません。
とりあえず今現在はその発生条件下にあるので、この週末は警戒・意識しておくのがベストでしょう。

以上、酔っぱらいの妄言です。

ニュートン10月号は「太陽 地球 コネクション」という非常に興味ある内容になっています。
消化出来て、納得いった内容は紹介したいと考えています。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1799-8990486a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。