インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生死の境は2分間 東日本大震災の避難状況調査
東日本大震災の避難状況調査が行われ、その結果「生死の境は2分間」であったことが明らかになった。

気象情報会社「ウェザーニューズ」の調査により判明したのだが、この調査結果は後日に活かされるべきデータとなっているので是非とも一読することをお勧めします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生死の境は2分間 避難状況調査で判明

 東日本大震災の発生後、避難を始めるまでの時間が生存者の場合は平均19分で、死亡者は平均21分かかっていたことが10日、気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)の津波調査で明らかになった。生死の境を分けたのはわずか2分間で、地震発生から20分以内に避難を始めれば生き残っていた可能性が高いことを裏付ける結果となった。

 調査には携帯電話やインターネットサイトを通して今年5~6月、被災した北海道、青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉の1道6県の5296人が回答。このうち自身の状況について答えたのは3298人、地震当時近くにいた家族や知人が死亡した状況については1998人が回答した。

 避難開始までの時間について「避難しなかった」や「分からない」などと答えた人を除いて平均時間を算出したところ、生存者の平均は19分、死亡者は平均21分だった。年齢別にみると、20歳未満は避難開始が最も遅く、生存者は22分、死亡者は32分。最も早かった60代と比べると、生存者で8分、死亡者では14分も遅かった。

 また死亡者の60%が、「家族を捜しに行く」などの理由で一次避難先から再び危険地帯へ移動していたことが判明。避難先に向かう途中に交通渋滞やがけ崩れなどの障害に巻き込まれた死亡者は、全体の18%を占めた。

 一方、生存者が避難した建物の高さは平均2.9階で、死亡者は平均1.7階だった。

 調査結果について、東北大災害制御研究センター長の今村文彦教授(津波工学)は「生存者と死亡者との違いが初めて示された調査結果であり、参考になる。生死を分ける避難行動の難しさが明らかになったとも言えるが、津波から生き残る重要な対応の一つだと改めて認識する必要がある」としている
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年9月10日 産経新聞

大事なポイントは太字にしておいたが、下記にまとめておきます。

・20分以内に避難を始めれば生き残っていた可能性が高い

・避難開始までの時間 :生存者の平均は19分、死亡者は平均21分

・生存者が避難した建物の高さは平均2.9階で、死亡者は平均1.7階

・死亡者の60%が、「家族を捜しに行く」などの理由で一次避難先から再び危険地帯へ移動していたことが判明

最期に記した部分は、多くの人々の優しさ、思いやりの気持ちと勇気が仇になってしまった結果で非常に悲しい調査結果ですが、この結果を後日にも役立てるのが生きている我々の使命でもあります。 それによって亡くなった方々を活(生)かすことになると思います。
20歳未満が最も避難が遅かったともあるので、身近な若い人にも伝えてあげて下さい。

津波に関する防災術は既に綴っていますが、「地震が落ち着いたら早急に、頑丈な建物の3階以上に至急避難」が基本です。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑ 
ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

今回の経験から新しい災害マニュアルができ、よく目にします。今回の地震で想定外の災害が起きると学んだはず。思い込みに縛られず、危険を察知した人達が生き残りました。こういう記事を読む度、本当に人間は馬鹿なんだな、と思い知らされます。
[2011/09/14 09:08] URL | さちこ #- [ 編集 ]

コメント感謝
はじめまして。

馬鹿というより簡単に忘れるから失敗を繰り返すということなのだと思います。

[2011/09/14 12:53] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1784-ad042d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。