インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る
馬鹿ネタは以前より綴っているのだが、本当の実話よりも、一番最近の日記(実話に合わせたアホな写真が一体となって醸し出すハーモニー)は拍手がやたら多かった。

私はお調子者と言えど、即また似たようなネタを綴ろうと思うほど、アルコールで頭はまだやられていないと思う。

緊張したり、人によっては怖かったり、ストレスを感じてしまう話題後に、そんな馬鹿ネタを率先して披露して、少しでも笑ってもらいたいと考えている。 例えクダラナイと思う人がほとんどでも、1割でも笑えればそれでいい。

今人類はかなりの岐路と危機に直面している。
最悪を想定しておくことは非常に重要だ。
しかしながら危機的局面が本当に数秒の直前でない限り、最悪を想定し、楽観的に行動することが非常に大事だと考えている。 同様に気を向ける意味がある時期だと勝手に思っている。

心理学者であったユングは「集合的無意識」から夢の分析を重視したようだが、シンクロニシティ(共時性)に関しては、まだまだ解明されていないようで底が深い。

私は個々が、恐怖やストレスの状態、最悪の事態の想定だけの場合は、自身の経験からも、更なる「負」の要素を引き寄せる力が強いと判断している。
反面、ポジティブな心理状態だけでは、近年とこれからは何も起こらないでしょう。 下手をすればこちらも没落のみ。
しかしながら「少しでも明るい気持ちを維持しながら、未来の事象を懸念したり、真摯な危機意識を持ちながら前向きに思考・行動してみたり、巨大な生命体と考えられる地球に感謝することは、集合的無意識がシンクロニシティをおこし、そして良い方向に転換し、大難を小難にすることもある」のではとも考えている。

もちろん私の馬鹿ネタは、特に写真が行き過ぎている感もあり、例えばかなり若い人たちには決して良い影響を与えるものではないかもしれない。 しかしながら、今の日本では金さえあればもっと刺激が強いモノを購入できるし、行為そのものも購入可能。
お金も必要とせずそれらを入手する若者も相当存在するだろう。 それでも反作用として、中庸の立場の若者には、このブログを読んでこんな大人になってはいけないと感じる人も少なくないと思う。

楽観(ポジティブ思考)だけでは乗り越えられない時代であり、更に悲観(ネガティブ)だけでもいけない時代の谷間に現代の私たちは生きている気がしている。 本来は三次元とはそんな世界なのかもしれない。

さて、だからそこ、しばし馬鹿ネタ封印と考えていたのに、性根の腐った頭の悪い奴が次々と本性=正体を現す時代にもなってきており、そんなニュースもテンコ盛り。

私がせっかくナメ猫ならず「ナメ女」の写真を副業で売ろうと考えていた矢先に、リアルな世界で先行して、逮捕される奴が出てくるので、個人的にはたまったものじゃない。

ほとんどのマスコミも原発関連は本当のことを全く綴らない(これも天意で意味があると思っているのだが、今回は関係ないので筆を抑える)くせに、こういうネタだけは「鬼の首」でもとったかのごとく、仕事が早い。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホステスに「なめろ」と迫り殴る カラオケボックス個室で 会社社長の男逮捕

ホステスの女性にわいせつな行為をしたうえ、けがをさせたとして、警視庁愛宕署は、強制わいせつ致傷の疑いで、住所不詳、コンサルティング会社「サルべイションアクト」(本社・名古屋市)社長を容疑者(56)として逮捕した。同署によると、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、7月5日午前3時ごろ、東京都港区のカラオケボックス個室内で、ホステスの女性(34)にいきなり抱きついたうえ、下半身を出して「なめろ」などと迫り、逃げようとした女性の顔などを殴ったとなどしている。女性は顔に軽傷を負った。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 2
写真は記事とは関係がありません。

 同署によると、容疑者は直前まで東京・銀座のクラブで飲酒し、接客していた女性を誘ってカラオケボックスに入ったという。

 同社のホームページなどによると、同社は相続対策や企業財務のコンサルティングなどを行い、野村容疑者には著作もあったという。産経新聞の取材に対し、同社の担当者は「事実を確認中で、お話しすることはできない」としている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年7月20日 産経新聞

会社名が「サルべイションアクト」 語呂が良すぎて大笑い。
サルがマスターベーション行動と省略したネーミングなのかと思ってしまったよ。
死ぬまで営業続けそう(笑)。

女、殴っちゃ駄目だろう。
築き上げた人生が「ナメロ、殴る」でジ・エンドって、余程、人を傷つけてのし上がってきたのだろうか?

私が副業で売ろうとしていた写真を台無しにしやがって、その気にさせて殴られた女より、俺が法的手段に訴えたいくらいだ。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 3

世界中に奉仕をしてくれるねーちゃんはいくらでもいるのに、男も女も同罪だ。
男は好みで情動にながされ権力行使。 女は女で金を持っていれば悪くない客になるので、ホイホイと付いていって殴られたというだけの話。

そりゃ、舐められるのを嫌いな男はいないだろう。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 16

ドナルドのようににこやかかつ平然と構えていられる男は中々のものだ。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 4

超人ハルクだって我慢するのに雄叫びを上げてしまう事態もある。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 5

大体、女は舐めるより奉仕される方が好きだと思う。
ヤギが我慢できないのはしょうがない。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 12

サンタだって女性に強要することなく、我慢している局面があるのに・・・。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 6

大体、ホステスのねーちゃんには大いなる野望と思惑があっただろうから、店を出る前から1回寝る覚悟ぐらいはしておくのが普通だろう。
そうでないなら、店を出る前にシビアな反応を見せておくべきだった。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 7

大体、無理やり強要された女の顔は美しさがない。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 8

酔っていたのかもしれないが、一分ほどでも愛があれば、積極性と表情にもこれぐらいの差がある。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 9

男はそれなりの年齢が来ていても、瞬間情動に陥るケースもある。

自覚がある男性は「海」を見に行こう。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 10

青い空と海を見れば煩悩は吹っ飛ぶかもしれない。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 11

海が駄目なら山がある。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 13

山も駄目なら、もう一度海に戻って自身のモノの露出がなければ、これぐらいの砂遊びは誰もが許容するだろう。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 14

日本は寛容さが美しい国でもある。

しかし良く考えると、日本はお金さえ払えば、ありとあらゆる風俗が楽しめる国でもある。
もちろん少しでも心を通わせての精神と肉体の攻防が楽しい親父もいるのだろうが、「なめろ、殴り」の一発で人生終わらすのは損失が大きすぎる。

この不景気に銀座で飲めていたぐらいだから、お金には全く困っていなかったのだろうが、人生の損得勘定が出来な過ぎでお笑いである。

これからますますこんなケースや病気で人生終わる人は増加するのでお楽しみに!と何故か宣言してこう。

若いと衝動的な性も強い。
人生取り返しのつかない過ちをおかしそうな男性のために、お守りを貼って起きます。

ホステスに「なめろ」と迫り殴る 15

挫けそうな時に思い出し、これを見ればあなたは絶対に大丈夫です。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

おはようございます。

自分を守るのは、自分ですからね。
何事も必要以上に抱え込むこと、
欲張りは、ほどほどにしましょう、というわけですな(笑)。


[2011/07/21 10:29] URL | そんけっと #5Q1fTanw [ 編集 ]

コメント感謝です
こんにちは。

この文章は多角的に取れるように意識したものなので、個々にどんな感じ方、捉え方でも良いと思っています。
思いっきり怪しい話とエロが全面だと、拍手が少ないのは想像通りでした(泣)。

実は自分でも変な文を綴ったなあと思っていましたが、何か起きそうだという予感通り、そんな日の翌日は驚ける幸運が舞い込んで来ましたね(笑)。

お気遣い頂いたコメント、誠にありがとうございました。

[2011/07/21 23:27] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1690-f756d2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。