インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉牛輸出再開合意 インドネシアと豪州
食肉処理場の牛の殺し方が「残酷」との批判が豪州で高まり、オーストラリアはインドネシア向けの生きた牛の輸出を停止した問題。

インドネシアはイスラム法に則ったハラル処置を行っていただけなのだが、宗教的文化の違いでオーストラリアには受け入れられなかったのだが、8日、2国間で無事に輸出再開を合意。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
豪州、肉牛輸出再開でインドネシアと合意

 ラッド豪外相は同日、ジャカルタでインドネシアのハッタ経済調整相と会談後、記者団に「国際的な動物保護基準を順守することで合意した」と述べ、扱いが改善されることを示唆した。

 国民の9割がイスラム教徒のインドネシアでは、「加工方法はイスラム教の戒律にのっとっている」との反発があったが、ハッタ経済調整相は「業界が戒律に沿った形で、動物保護基準の改善を議論することを歓迎する」と述べた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年7月8日 読売新聞 

「業界が戒律に沿った形で、動物保護基準の改善を」という部分が「どのような方法になるのか」私にはピンとこない。

戒律を守ろうとする以上、食肉処理段階で大きな作業変化は難しく(睡眠状態にでもして作業を行うのだろうか)、外交上、うまく取りまとめただけのような気がしないでもない。

ともかく大事に至らずやれやれのニュース。
オーストラリアには日本の文化としての捕鯨やイルカ漁に関しても同様の理解をしていただきたいところだが、宗教はあっても「人は他の生物の命を奪わないと生きていけない」という真理が完全に腑に落ちない限りは、まあ不可能なんでしょうね。

肉牛輸出再開合意 インドネシアと豪州



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1674-0dcb720c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。