インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御岳山のトレッキングと武蔵御嶽神社
御岳山をトレッキングしてきましたが、東京も青梅をこえると、まだまだ自然に恵まれていることを実感しました。

現在は事情により不可能だが、仕事のミーティングや飲み会で帰宅できない時のホテル代を捻出出来るなら、自然が豊かな場所にSohoを移してしまうのも悪くはないなあと思いました。

御岳山は「御岳」という駅で降りるのだが、東京中心部から近いせいか、結構人が多かった。
山の入り口、ケーブルカー乗り場に向かうバスは大行列。
人の少ない自然に触れるのに、のっけから大行列は本末転倒だろうということで、駅から徒歩です。

御岳山は「関東の霊山」と呼ばれており、その霊山という言葉に惹かれるものがありました。
山の上にある武蔵御嶽神社までは、途中人家もあるせいか、舗装されていました。
駅から歩いて4.5キロぐらい。 ずっと登りの坂道です。

御岳山 武蔵御嶽神社 1

御嶽神社へ向かうのにやけに犬を連れている人が多い。

社伝では、創建は第十代崇神天皇7年。
非常に古く、山の頂上に存在するにもかかわらず格式ある立派な社からは、信仰の深さを感じることが出来る。

御岳山 武蔵御嶽神社 2

御岳山の頂上は929メートルの武蔵御嶽神社の社殿のある場所が、頂上ということになるようだ。
いくつか岳が連なっているので、山を散策したい場合は、いくつかのルートで楽しめます。

武蔵御嶽神社
『武尊深山跋渉之図』  鰭崎 英朋(ひれさき えいほう)作

「日本武尊が東征の際、この御岳山から西北に進もうとされたとき、深山の邪神が大きな白鹿と化して道を塞いだ。尊は山蒜(やまびる)で大鹿を退治したが、そのとき山谷鳴動して雲霧が発生し、道に迷われてしまう。
そこへ、忽然と白狼・黒狼が現れ、西北へ尊の軍を導いた。
尊は白狼・黒狼に、大口真神としてこの御岳山に留まり、すべての魔物を退治せよと仰せられた。」

命より御嶽神社の御使物として世の人々を救うようにと仰せられたことにより大口真神様として鎮まり、これまで火難盗難・緒災退除のご守護として多くの人々の信仰を集めているようだ。

御岳山 武蔵御嶽神社 9

古代の神話においては狼(大神)だったのが、お犬様として祭られているようだ。
事実、この武蔵御嶽神社は誰の目でも分かる狛犬とは異なる「犬」である。

御岳山 武蔵御嶽神社 7

病魔・盗難・火難除け等の諸災除けの神として以外に、道中での難を救う神として、登山や旅行安全の神、そしてお犬=おいぬ=老いぬということで、健康・長寿の神、戌は安産・多産な事から、安産・子授けの神として多くの信仰を集めている。

御岳山 武蔵御嶽神社 5

そんな理由で犬を連れている参拝者が多かった。

御岳山 武蔵御嶽神社 6

神話は神武天皇を熊野から大和へ導いた太陽に住むとされる3本足の烏、八咫烏の話に似ており、関東では狼になっている部分が非常に興味深い。

御岳山 武蔵御嶽神社 3

そして武蔵御嶽神社は、徳川家康が関東に移った際、社殿を改築している。
徳川は「葵」を家紋とするが、裏で天皇の神事・祭事を取り仕切る賀茂氏も「葵」。
徳川家は賀茂氏で日本にやって来た古代ユダヤの血筋だった可能性が高い。

御岳山 武蔵御嶽神社 4
天照太御神を祭る神明社

参拝を終えた後、舗装道路にはこりごりだったので、その後、本格的な御岳山トレッキングの開始です。
御岳山は山伏の修行の場としても有名なので、いくつか山道をほっつき歩くルートがある。

御岳山 武蔵御嶽神社 8

とりあえずは奥の院へ向かうことに。
ようやく山道で、再び登りが続きます。
奥の院へ向かう途中。

御岳山 武蔵御嶽神社 10

これは古代日本の祭祀場の磐座跡ではないかと思う。

実は武蔵御嶽神社の祭の中で最も格式が高く厳粛に行われる『日の出祭』がある。
山伏たちの入峰の儀式がその発祥とされ、かつて旧暦2月8日の日の出とともに行われたことが、祭りの名の由来とされ、現在は毎年5月8日に斎行されています。

やはり古代からあったと考えられる太陽信仰が見受けられる。

御岳山 トレッキング 1

余談になるが、御嶽神社には太占祭場があり、儀式が1月3日早朝、非公開にて行われる。
占いを司る当社主祭神「櫛麻智命」に因むもの。
中央の炉で鹿の骨を灼き作物の豊凶を占う我が国最古の占い形式で、現在では群馬県貫前神社と武蔵御嶽神社だけに伝わる。

奥の院の前で昼食。
ケーブルカーを利用し訪問した人々は、ほとんどがハイキングコースを選択しているようで、山の中ではほとんど人とすれ違わない。

「相変わらずハードな路線にこだわるから、おねーちゃんに全く会わねーなあ」などと言いながら食べたおにぎりは美味かった。
山の中で稀に出会うのは、山好きそうな私よりはるかに年配のおじさんとおばさん達ばかりで「若い連中は一体何やって遊んでいるんだ?」などと言いながら、食べたマーブルチョコケーキは体に甘さが染み込むようだった。

奥の院からぐるりとまわり、一度神社の方へ戻る。
そこから山の中を通り、今度は奥多摩の温泉へ向かう。

御岳山 トレッキング 3

山の中だが、平坦な道も多く、緑と風、時々花の香りで甘くなる空気、川のせせらぎを楽しみながら、歩を進める。 半袖で丁度いい気温も幸いした。

御岳山 トレッキング 4

もの凄く危険な道はないが、山の中ということを忘れてはいけない。

晴れて気温も悪くない土曜日でしたが、2時間以上の行程の中で出会った人は10人もいません。

御岳山 トレッキング 5

滑ると大怪我、滑落して人に気付かれないと死んでしまうような場所も相当あるので、山の中を散策する人は、一人よりも仲間で訪れることを勧めます。

特に女性は何が起きるかわからないので、一人で行くことを勧めません。

御岳山 トレッキング 2

コケの緑もとても美しい。

女性の体の部位で言えば私は「腰のくびれフェチ」フェラーリの曲美線も女の腰のクビレには微塵も及ばない って当たり前か だが、最近オッサン化が本格的になっている私は山の中では「コケフェチ」である。 あのコケにわびさびを深く感じてしまう。

御嶽神社から2時間半ぐらい歩くと奥多摩霊園に抜けた。

そこから温泉のある「もえぎの湯」へ。
もえぎの湯は結構混んでおり、20分程待たされた。

ここの温泉は浸かったとたんに肌がニュルニュルした感じになる湯。
その後、肌がすべすべ、ツルツルになる。
お尻もすべすべ、ツルツル。

「もえぎの湯 前戯なしでも あえぎの湯」
「もえぎの湯 前戯なしでも 円滑挿入」などとクダラナイ句も出来上がる。

もてぎの湯

こんな感じのツルツル尻になるので、女性はともかく男性は、湯上り後、ホモにケツを狙われないよう注意が必要だ。

入浴後、綺麗になった体で奥多摩駅から吉祥寺へ。
20キロ以上は歩いたので、心地よい疲れです。
居酒屋で飲み会の始まりです。

良く考えたら、10時に御岳駅着。 その後、温泉到着が16時半。
それまでの間、昼食時間を入れても休憩時間は合計で40分程しかとっておらず、それ以外はずっと歩き続けていたことが居酒屋で判明。

「これじゃ、メンバーにおねーちゃんが加わっても絶対についてこれねーぞ!」

「大体、ついてこれる女がいたら逞し過ぎて、女としては興味が湧かねーな」

「たまにハイキングコースで見かけたねーちゃん達は、足腰がしっかりしている子が多く、スレンダー系が好きな俺の好みは少ないことが本日判明致しました」
「山ではお前の好みが見つかる可能性は限りなく低いだろ!」
「そんじゃー、次はどこに行きます?」

思いついたことをのたまい、突っ込み、突っ込まれ、ビール2杯、3人で焼酎のボトル1本を空にし、飲み足りないので泡盛のロック追加で大満足。

自宅に着いて、もう一度シャワーを浴び、芋焼酎のロックを一杯のみ、喉が渇いたのでサワー缶を空にし、深い眠りにおちました。

今回は3人での行動だったのだが、参加メンバーの一人にはカミさんがいる。
私は一緒に旅をしたこともあるので理解をしてくれているのだと思っているのだが、彼の参加率が高すぎるのがチト心配です(笑)。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1617-5d9a6a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。