インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏、減っていません?
8日は新宿の紀伊国屋で本の物色。

街を歩く人々を見ながらぶらついたのだが、マスクをつけている人は非常に少なかった。
そういう私もつけていないのだが、子供がマスクをつけていないと気になってしまう。
新宿の放射線量は高層ビルが吹き溜まりを作るせいか、かなり高いことがあちこちで指摘されている。

ネットでは鼻血を突然出す人が語られているが、先日は先輩と表参道で食事をし、その後、渋谷まで歩きバアで飲み。 またご馳走になってしまいやした。
本日は新宿をぶらつくも、鼻血を突然出している人は全く見かけなかった。

余震が減ったせいか、人々の生活もかなり普段通りとなってきているようで、少し活気を取り戻しているが、その分、街場は「気」が悪くなってきているように感じた。

人が多い電車に乗るのも面倒だし、運動代わりに歩いて帰ろうと思い、まずは新宿中央公園を突き抜けた。

少々気になったのは、烏を全く見かけなかったこと。

大型連休の最終日は近場でノンビリと考えた人が多かったせいか、公園に人が多かった。
そのせいだろうか?
あるいは霊獣と呼ばれる烏は、放射性物質にも反応し、どこかへ移動しているのだろうか?

明治神宮の森は烏が非常に多く、そこを観察すれば一番分かりやすいのだろうが、そこまでする気にはなれず、それでも気になったので代々木八幡の方へ向かった。 それでも帰宅するには相当遠回りなのだが、子供の頃遊んだ代々木八幡神社なら、普段は烏が多いので疑問を解消できると思ったのだ。

都会の中で森と自然を一生懸命に守っているような代々木八幡神社は「気」が良さそうで好きである。 子供の頃、この辺で毎週末遊んでいたので気軽さもある。
かなり樹齢のありそうな木々は、私の子供の頃の悪戯を黙って見守ってくれていたという親近感もある。

ただ8日は神社内でイベント(大空個展?)があったようで、神社内も人が多く、烏の姿と鳴き声は全く見聞き出来ず。

8日は新宿から代々木八幡に向かう途中で、烏を合計で三羽しか見かけず。
いつもなら夕方になると結構聞こえる近所の烏の鳴き声も聞こえず。

放射性物質に反応しているのかもしれないが、大地がパワーを溜めこんでおり、烏が反応しているのではないかと少々心配してしまう。
7日は結構冷えたのに、8日の温度は25度を超えていたようで、そんな温度差は地震の原因になるという見方もある。

これまで何ら影響を与えなかったような惑星直列だが、小規模惑星直列が12日にある。
惑星直列は地球の重力に影響を与えるという説もある(これまでは何か影響があったとは思えない)ので、とりあえず12日前後は目先警戒しておこうと思った次第です。

購入した本は防災関連が多い。
内容を消化出来たら紹介していく予定です。

ただ真っ先に読んだのは「日月神示の緊急未来予測」。
面白くてあっという間に読み終えてしまった。

日月神示の緊急未来予測

日月神示の緊急未来予測 ヒカルランド刊
高島康司 X 中矢伸一 X 大石憲旺 著

高島康司氏は私が好きなブログ「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」の著者である。
簡単に言うとコンピューター予言なんて呼ばれ方をするウェブボットの第一人者。

その「日月神示の緊急未来予測」の第二章から聞き手の方が登場する。
税理士で香川経済同友会のメンバー、里坊昌俊氏。
高島氏の友人として登場。

これには驚いた。
里坊氏は、2001年にシンクタンク藤原事務所が開催したシアトル・ワシントン大学のベティン博士によるリーダーシップ・アドバンス・コースでご一緒だった。

そのアドバンス・コースはワシントン大学を使用せず、米国では有名な会議が行われる場所で開催。 シアトルのイミグレで多くの参加者が「お前らそこで何のミーティングに参加するんだ?」と聞かれるほどの、知る人ぞ知る著名人がミーティングを開催する場所だった。 講義ではスタバの女性取締役の話も聞け、楽しい日々だった。

会議室(講義室)以外は、芝生の中に一軒ずつコテージの様な宿泊所があるといった作り。
その私のコテージのすぐ近くが里坊氏のコテージで、休憩時間に私が表で一服していると、本を読んでおり、結構会話をした。

「君は面白い場所に目をつけているから、いつかインドネシアと日本を繋ぐパイオニアになるかもしれないね」なんて言ってくれたのを覚えている。
私がそんな素晴らしい人間にはほど遠く、お金を稼ぐのも苦労している今の現実には苦笑してしまうけど。

面白いのは、本の中には里坊氏の略歴が綴られており、「青山学院大学大学院修士」を終了していることを今回初めて知った。
先日ご馳走してくれていた私の大事な先輩は、私と知り合った会社退職後、青山学院大学でMBAを取得した人で、そんなこともあり青山のイタリアンレストランで夕食をとっていた。

その翌日に「日月神示の緊急未来予測」を購入し、里坊氏に本で再び出会うのも「縁」だと思うが、それぐらいの偶然は結構ありそうだ。
しかしながら、その本は船井幸雄氏に推薦されている。
実は私が先日インドネシアに戻れるきっかけ仕事をくれた方は、以前船井氏との共著のある方。
このインドネシア情報局を読んで、おもろい奴と思ってくれたらしく、連絡を頂き数回お会した後、先日短期の仕事をくれた。 仕事は船井氏とは全く関係ありません。

私的にはこんなことは多くはなくとも結構起きるのだが、久しぶりのことだったので「縁の面白さ」を再認識した次第です。 まあ何にせよ、知っている方がご活躍しているのは嬉しいものです。

で、都内の方、烏、減っていません?



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

初めまして。
確かに鳥減ってる気がします@横浜

今日見たのはハト一羽だけです。少なっ(笑)

地震そのものより、その後の津波や原発事故が怖いです。これからも更新楽しみにしています。
[2011/05/09 17:27] URL | 月うさぎ #rulyQTQQ [ 編集 ]

コメント感謝です
初めまして。
コメントありがとうございました。

私の方は東京@渋谷区、と言っても比較的新宿が近い場所です。
新宿が近いので、烏が多い地域です。

う~ん、自身のエリアのカラスだけで判断するのはどうなのかもしれませんが、状況良くないと思っています。
本日は鳴き声、姿を全く見かけず。 特に夕方の時間にはとっても珍しいことです。

あちこちで不思議な虹は観測されているは、地震雲のようなものの報告も増えているし、泉が枯れたところも出てきていますね。

台湾(自称予言者)とイタリア(亡くなっている地震学者)では5.11に地震を予言した人がいるようで、ちょっとした騒ぎとニュースになっています。
これは良くない傾向です。 特に台湾。 あそこは日本同様に地震に注意の場所なので、不安を拡大させるのではなく、淡々と防災意識を高めておくことが大事な国なのですが・・・。
恐怖感や不安は悪いものを呼び寄せるなんていいますので、どうぞご注意下さい。

[2011/05/09 18:08] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]

少ないかも
自宅は江東区、勤務先は千代田区。
ごみ収集日にごみ捨て場にはカラスを見かけていましたが。最近、見ない気がしています。カラスは存在感ありますから。気づかないことはないので。
あまり余震がないのも大丈夫かなって思っちゃうし。台湾やイタリアも気にかかりますね。

いつもブログ楽しみに読ませて頂いてます♪
[2011/05/10 22:03] URL | ゆうあやママ #JUGsyThY [ 編集 ]

Re: 少ないかも
初めまして。
コメントありがとうございました。

カラスは自然の気配の変化や電磁場・磁気にはとっても敏感な動物だと思います。
日本の古代史から不思議な語られ方をしていますが、不吉な動物とされたのは、それはひょっとすると祭祀を司る人々の意思があったのではと考えています。
縁起が悪かったら(八咫)烏を日本サッカー代表達のエンブレムにはしません。
地震予知に関しては、ナマズ同等に地震に関しては馬鹿にならないと思います。

今年はまだ大丈夫かもしれませんが、台湾、イタリアは、今後日本同様に地震被害の確立の高い場所です。
2、3年内、米国、とりあずカルフォルニア州と中国もしかりで、あちこちが地震と天災(竜巻)でやられる可能性は高いです。 太陽が極大期に近づくにつれ、このコメントが注目されたりして(笑)。

太陽の極大期までは本当に世界中が荒れる可能性が高そうです。
ちなみに八咫烏は太陽の化身と言われており、日本の国旗が何から来ているか気が付いていますよね?

と、怪しい話はここまでにしておきます。

江東区。
私の東京Sohoは渋谷区の中でも火災多発地域と想定されています。

日本のあちこちの温泉で、湯量の枯れてしまった場所と豊富に出過ぎるようになった場所が、極端に増えています。 それだけ人の目で確認できない場所で、地殻変動が起きているということです。

脅かすつもりはないですが、お互いくれぐれも注意していきましょう。

ハンドルネームにママとあったので、子供を守る立場の人には守って頂かなければならないので、悪いけど厳しい最悪の未来の方を綴らせて頂きました。

[2011/05/11 00:09] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1579-783ecfb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。