インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米軍との共同作戦 福島原発
米軍と海上自衛隊の共同作戦が実地されます。

冷却に必要な真水を補給するため、米軍から真水を積載できるバージ船(はしけ)2隻を使用する作戦です。

パージ船は横須賀基地にありますので、米軍と海上自衛隊の共同作戦は28日から本格的な作戦開始となりそうです。

北沢防衛相では「米側は非常に懸念を持っていて、強い要請があった」と記者会見で述べていますが、私には非常に違和感のある発言にとれました。

現在日本の原発事故に関して、世界は状況を固唾をのんで見守っており、更にまき散らかしている放射能物質で世界中に迷惑をかけ始めているという自覚が感じられません。
私のところにもテレビを観てパニックを起こし、インドネシアから国際電話をかけて来てくれた元女性スタッフもいたほどです。

米側はとうとう痺れを切らしたのでしょう。

ここに我が師、経済アナリストの藤原直哉氏のTwitterの発言を添付します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3、4号機の使用済み燃料プールは米軍が持つ特殊な冷却材を入れて冷やすことになった模様。一番最初から米軍が使ったらと言ったのに、政府は7時間議論をたらいまわしにした挙句断ったと。しかし結局お手上げで頼むことになったと。2日ぐらいで作業はできるとか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本政府の全ての意思決定は後手後手で、無駄に時間を費やしているだけのような状況です。

打てる手は全て打つ意思決定があれば、パージ船の到着も早く、少しでも早く作戦が開始できた可能性があることは否定できません。

原発現場で戦っている人々、被災地で悲しみを乗り越え前向きに生きようとする人々、ボランティアの方々など、多くの庶民が懸命な姿を見せている一方で、金と権力にまみれ胡坐をかいてきた上層階級連中の責任を取らない姿勢が見事に炙り出されています。

3月11日以前にはもう戻れないにも関わらず、時代の変革に全く気が付いていないようです。

仮に神という存在があると仮定した場合、神は天災を利用して、人間の良心と堕落した部分を表面化させる作業を行っているのが今と思えてしまいます。
そしてこの動きは世界に拡がるので、世界中で同様の事象が、誰の目で見ても明らかな程、はっきりと見えてくると思っています。

早くから「海水放水による塩害」をも指摘していた広瀬隆氏の発言ですが、今回米国からの指摘もあり、今になって「真水」を再検討という重大な落ち度も見受けられます。
政府やマスコミも御用学者ばかりかかえていると、いざという時に「誤魔化しながら火消し作業(重大事に至らなければラッキー)」をするだけで、問題解決の何の役にも立っていないということがここでもはっきりしています。

冷却水タンクを満たすには、約3500トンの真水が必要。
パージ船は1隻あたり約1100トンの積載量。
2隻の量では足りないため、海上自衛隊の補給艦から随時水を補給していく作戦です。
冷却水タンクに穴が開いていなければ良いのですが。

作戦前の2日間のうちで事態が更に悪化する可能性もありますが、当面はこの米軍との共同作戦の遂行と結果に期待するしかないようです。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/03/26 13:29] | # [ 編集 ]

コメント感謝です
こんにちは。

今回はまだ希望をもちつつも、残念ながらもう遅かったという可能性も出てきているようです。
希望の理由は最悪の事態になっていると仮定した場合より、現在の放射能汚染度が低いと思えるところぐらいかな。

おっしゃることは良く理解出来るし、私も同意です。
しかし、そんな社会の体制・体質を容認してきてしまった40代以上の男性としては、奴らだけの否でなく、私のように勝手気ままに生きている人にも責任がないわけではないと思っています。 僅かだけどね。

その点、武田教授は「原発は戦艦大和」「腹切る責任」「サラリーマンでは駄目」「原子力という巨大技術には人の心が必要」と、見事なほど現代社会の問題点を指摘しています。
それらは現在少なくとも、零細中小企業オーナー社長には、結構残っている気概です。 だから腹切る=自殺が減りません。 景気が悪すぎて、良心や精神が腐り始めてしまった人も増加中だけど。

これからはどんな仕事や局面でも、そんな部分が問われる事態が増加するでしょう。
他国と比較した場合、まだはるかにマシなような気もしますが、日本にも真の男が減り、私を含めただらしのない男性が増加したためと考えたりもします。

別のコメント欄で「守るべきものがある人の方が、最終的に守るべきものがない人より強い」と発言しましたが、いつのまにか「守るべきもの=子供、女、弱者、お年寄りなど 政府が守るべきもの=国民」が「守るべきもの=金、権力、地位など 政府が守るべきもの=全てを含んだ巨大な利権」にとって代わっていたということです。

こういう問題がかなり炙り出される事態は今後も続いて、徐々に社会が目覚め、変革を起こす時代が来たのかもしれません。

今は経済の話どころでありませんが、本日何人かと話をして感じたところでは、今年5月頃から震災の悪影響が各企業で表面化し、多くの倒産劇がスタートします。 小さな旅行社は6月位までしか、余裕のあるキャッシュフローを持っていないところも多くありそうです。

多くの日本男性(女性もしかり)にサバイバルが必要となる局面がこれまで以上に訪れるので、今は関係ない人にも、自然と「腹を決める」「腹をくくり方」を学ばされる時期がもうすぐ目の前です。

視点を変えれば、今生きている世界の皆が歴史の証人なので、あきらめるのではなく「なすがままに=惟神の視点=英語で言えばLet it be」の感覚も個々に保つことも大事な時代かもしれません。

老害都知事のように今回の天災を「天罰」とは言いませんが、厳しく見える状況下では、多くの似通ったよき縁と良心を結び付けて、そちらからも別のアプローチで、良い意味での社会的変革を生み出すのかもしれませんね。

[2011/03/27 01:47] URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1454-fbca768b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。