インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実を知ろう! 武田邦彦教授の映像とWeb
休みの人が多い土・日がやってきました。

いまだに原発事故は終息の兆しを全く見せません。
必死の戦いを続けてくれている東電の下請け協力企業やレスキュー隊、その他現場に関わっている全ての人々。
私には何も出来ないので「感謝」の気持ちを捧げる時間を取る位のことはしようと考えています。

前回は私が著書のファンでもある広瀬隆氏の映像紹介でした。

今回は中部大学教授の武田邦彦氏の紹介です。
私も最近知ったのですが、武田邦彦氏のWebと下記の映像は、素直に日本の原発問題や現状で人々が不安に感じていることへの疑問に答えてくれています。

http://takedanet.com/
中部大学 武田邦彦教授のWeb

「赤ちゃんをお風呂に入れても大丈夫?」というタイトルもありますので、子供さんをもつ主婦の方にもお勧めです。

上記のWeb上に存在しますが、「法を破った国と専門家・・自衛しよう!」は是非とも読んでおいて頂きたい文章です。

金で政府や官僚と繋がってしまっている御用学者より、心ある専門家もまだまだ日本には存在しています。

少しでも今起きている事態や原発問題を真剣に知りたいと思う方は、下記の武田邦彦教授映像もお勧めです。










東電幹部の夜の遊びっぷりと品の無さは、高級クラブ関係のおねーちゃん達がネットで漏らし、祭り上げられています。

原発問題に関しては、日本の深い闇の一つで政官財の暗部。
原発問題を追い過ぎると、その記者が消えるなんて噂がありますが、日本にも仕事として殺人を請け負ったり、手榴弾を投げ込む連中は本当に存在するので、噂だけではないでしょう。
マスコミも政官財枠に取り込まれていますし、そんな事件を公にすると、今度は自身が標的になるので、書くことが不可能です。 下手な正義感は命を落としかねないと上層部の判断もあるのでしょう。


政治家が一体となって危機を乗り越えるべき問題ですが、原発問題に関しては、自民党はヤブヘビになるので無理な話です。



「中越沖の時のみたいになるので、やりたくないんですけど、・・・幹部からの指示で・・・」

何でコイツ、こんな事態なのに笑っていられたのだろうかと、こちらも一部で祭り上げられています。

武田教授が指摘する「誰にも責任がいかないシステム」が認識できます。

闇の深すぎる原発問題ですが、今回は海外マスコミの追及もあるので、暗部にメスを入れられる大きなチャンスを迎えています。




 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1453-c0207732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。