インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北西25キロに高放射線量地域 米エネルギー省
原発事故が発生後、日米間の情報に大きなギャップが見られた。
避難区域も日本側の半径20キロに対し、米国は80キロに設定したことでも、そのギャップは見受けられた。

米国は日本に原子爆弾を落とした当事者であり、日本の敗戦後、様々な観測を行っていただけでなく、更には核実験などを通し、その脅威を一番良く理解している。 それ故に彼らが所有するデータは日本の比ではない筈である。

米国は明らかに日本の情報収集能力に不信感を抱いている。
というよりも、当初からあてにさえしていないだろう。
それは、空中測定システム(AMS)の導入や、空軍無人偵察機グローバル・ホークと高度偵察機U2を投入して原発内部の解析にあたっていることからも判断可能。

微量とは言え、放射線物質は遠いアイスランドでも観測されている。

福島原発の事故は、世界中をパニックに陥れ、海外での報道は神経質過ぎるという向きもあるようだが、現在のような事態の時は、海外報道や海外情報をアテにするのも危機回避方法の一つです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
北西25キロに高放射線量地域 米エネルギー省発表

米エネルギー省は22日、福島第1原発事故で放出された放射性物質により、放射線量が高い帯状の地域が北西方向に約25キロ広がっているとの観測結果を発表した。

 日本に派遣された同省の観測チームは、地上から1メートルの範囲の放射線量を計測できる装置を航空機に取り付け、17日から19日にかけて原発から半径約45キロ以内の状況を調べた。

 その結果、北西方向に約25キロにわたり、1時間当たり125マイクロシーベルト以上の地域が広がっていた。この線量は、8時間で一般人の年間被曝線量限度千マイクロシーベルトになる高い数値。毎時300マイクロシーベルトを超えた地域はなかったという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年3月23日 共同

北西方向に約25キロにわたり、8時間で一般人の年間被曝線量限度千マイクロシーベルトになる高い放射線量数値を検出。

読んでいると若干虚しくなるものがあります。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:日常生活:日本 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1442-068bb12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。