インドネシア情報局
インドネシアでの日々の出来事、生活情報、旅行情報、面白ニュース、お店等の最新情報を綴っています。またインドネシアを中心にアジアの様々なメーカー商品や商材を紹介していきます。 ビジネスに対する御質問もお受けしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア向け 酒の輸出と販売
インドネシア向けの酒の輸出と販売に関する問い合わせが少なくない。

インドネシアに駐在している酒好きな人々やお客さん接待のある企業が、皆一応に苦しんでいる現状がある。
日本酒の美味さに惚れ込んだ富豪の華人達も増加している。
そんな状況下なので、インドネシア向けの酒の輸出と販売をビジネスにならないか考える人が多いということだろう。

気持ちは分かるのだが、私のビジネスには関係ないので、その都度メールを出したりするのも面倒になってきた。現状の説明が長くなり、ボランティア作業に膨大な文字数のメール作成する時間が惜しい。
時間があれば口頭で説明するので電話して欲しい旨を伝えるメールが、送信エラーになるケースもあった。

そんな訳でその様な質問を終息させるため、インドネシア向けの酒の輸出と販売に関してまとめておく。

ただしこまかい状況や裏事情は今回説明しない。
バラバラとした記事内容で理解しにくいところもあるかもしれないが、インドネシア向けの酒の輸出と販売に関連することは、既にブログで綴ってあり、すべての分を咀嚼しながら読んで頂ければ、ほとんど質問も出てこないと考えるからである。

最初に結論を述べておく。

馬鹿にならない輸出コスト&関税
 → インドネシアに輸入できても一般人には価格が高すぎて売り物にならない

国家医薬品食品監督庁( BPON )から外国製医薬品食品に関する登録番号(ML)取得に時間がかかりすぎる
 → 3ヶ月~半年以上 ? コネや裏金が必要となることもある。

この2点を円滑に解決できるか、それが出来る現地ビジネス・パートナーがいれば、インドネシア向けの酒の輸出と販売は成功するでしょう。

関税が安くなるか、撤廃にならないと厳しい。
乙仲の価格もほぼ一律まで下がっているので、輸出コストの軽減はほぼ無理。
更にBPONからML番号の取得が円滑に行える状態にならないと厳しいでしょう。

酒の輸入販売ではなく、あくまでも個人でそこそこ入れたい時の裏ワザ
(常時適用出来るものではなく、自身がコネを持っているか、作れないと意味がない方法)

ガルーダの機長等、日本を頻繁に行き来しているインドネシア政府筋の人に頼む(余程親密でないと頼めない)
 → 検査なしで荷物が入るし、検査で問題あっても少額で済むでしょう。

税関高官・幹部に知りあい
 → 通関時に大目に見てもらえる。

インドネシア向けの酒の輸出と販売は、華僑でも二の足を踏んでいるのが現状。
利に聡く、大きなビジネスになるなら、リスクがあっても取りに行く彼らが現在、積極的に動かないビジネス。

先日、インドネシア商務部の部長と貿易振興庁の所長と会談したが「酒類に関しては、インドネシアに輸入できても価格が高すぎて一般人には売り物にならない(実際のところ華人の金持ちは1本2~4万円くらいの日本酒に金を出す人は少なくない)し、リスクがあるからやめておいた方がいい」と、私の頭の中にあったことと同じ台詞しか出てこなかった。

インドネシア向けの酒の輸出と販売のビジネスアイディアは悪くはないが、華僑さえ手を付けない難しさと下手を打つと多大なる損失リスクがあるということに気付くべきでしょう。

単なる疑問解消の質問なら分かるが、新たな本気のビジネスとしてアイディアを考える時点で、安易に私に質問してくる人は、自身での努力や勉強、調査が全く不足していると思うし、そんな濡れ手に粟のようなビジネスがあれば、商社や私がすでに手を出しています(笑)。

しかし百聞は一見にしかずなので、実験を行うとよいとも思う。
正式な方法で1000円の酒をインドネシアに送りつけたら、現地で幾らになるのか試すのが早いです。
闇販売でないのなら、それから正式販売可能かどうか、販売許可書は何が必要かBPOMへご相談。

酒類の奢侈税が撤廃
酒・焼酎の入手困難なインドネシア・ライフ
インドネシア 焼酎の関税 350%?
密輸に支えられているインドネシアの日本食品

インドネシア向けの酒の輸出と販売に関しては、上記を参考として下さい。



 にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ   くつろぐ投稿 ブログ王

ご一読、感謝しております。

上記を ↑        ↑          ↑          ↑          ↑
ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッ、 ポチッと、
よろしければ、お願いします。


テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://infoindonesia.blog17.fc2.com/tb.php/1390-2d7ebf91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MASAKI

Author:MASAKI
インドネシア在住12年。
09年からインドネシアと日本を
半々の生活。
インドネシアと近隣アジア諸国の
商品・商材を、日本を含めた世界へ
紹介・輸出しています。
インドネシア情報満載のブログです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



フリーエリア



フリーエリア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。